内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 無事、帰国しました
2012-11-27 Tue 23:04
         コミッショナー・メダル授与(シャルジャー)

 本日(27日)夕方、無事、アラブ首長国連邦(UAE)から帰国いたしました。アジア国際切手展<SHARJAHA 2012>の会期中、現地では、日本人出品者の和田文明さんをはじめ、多くの方々にいろいろとお世話になりました。この場をお借りして、あらためてお礼申し上げます。(冒頭の写真は、関係者の慰労を兼ねたエクスカーションの際、FIAPコーディネーターのマイケル・ホー氏から、コミッショナーとしての参加証とメダルを頂戴している場面です。僭越ながら、“日本代表”のポロシャツを着ています。)

 さて、今回の切手展はUAEの郵政丸抱えによる開催ではなかったようで、切手展の記念切手は発行されませんでしたが、代わりに、現地で最新の記念切手として購入してきたのが下の切手です。

         UAEヘビ切手

 これは、今年11月1日に発行された“(UAEの)砂漠の蛇”の小型シート形式の切手で、UAE領内の砂漠地域に生息するヘビを取り上げた5種が取り上げられています。通常のシート切手では、それぞれの切手に額面が入っていますが(上段左から1UAEディルハム、150フィルス=1.5UAEディルハム、3UAEディルハム、下段左から4UAEディルハム、550フィルス=5.5ディルハム)、小型シートでは“切手”部分には額面は入っておらず、シート全体で25UAEディルハムという額面表示になっています。不覚にも、この点については現地では気が付かず、帰国途中の飛行機の中で切手を眺めていてようやく気が付きました。ちなみに、現地から日本宛の郵便料金は、航空便の基本料金が6UAEディルハム、書留が11.5UAEディルハムでした。

 さて、今回の<SHARJAH 2012>で2012年の主要な郵趣イベントは事実上終了したわけですが、その最後の切手展の会場で売られていた最新の切手が、来年の干支のヘビの切手というのも、偶然とはいえ、なかなか面白いですな。

 なお、来年は5月にメルボルン、8月にバンコク、11月にリオデジャネイロで、それぞれ、世界展が予定されています。僕自身は、5月のメルボルン展はお休みを頂戴し、次回は夏のバンコク展への参加を予定しております。今後とも、皆様にはいろいろとお世話になることがあるかと思われますが、よろしくお願いいたします。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | アラブ首長国連邦 | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
<< 切手に描かれたソウル:北岳山 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  <SHARJAH 2012>終了>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
-
管理人の承認後に表示されます…
2012-11-28 Wed 15:39 | ∧top | under∨
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/