内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 飛べない鳥
2006-03-05 Sun 22:52
 以前からこのブログでもご案内しておりました『日曜喫茶室』(NHK-FM)の放送は無事に終わりました。お聞きいただいた皆様には、この場を借りて改めてお礼申し上げます。

 さて、今回の番組はラジオなので、基本的に画像無しでも通じるような内容のお話をしてきたつもりなのですが、この切手に関しては、やはり画像をお見せしたほうがわかりやすかったかもしれません。

愛鳥週間

 この切手は、1971年5月、第25回愛鳥週間を記念して発行されたもので、収集家の間では間違い図案の切手として割と有名な存在です。

 じつは、切手に描かれている中央の親鳥の左右の翼のうち、右の翼(切手では手前)の羽の重なり方が逆になっていて、このままでは、シジュウカラはたちまちキリもみ状態になって墜落することは必至です。正しくは、この初列風切羽(しょれつかざきりば)と次列風切羽の重なり方は、第一羽が第二羽の下へ、第二羽が第三羽の下へと順次重なっていないといけないわけですが、切手では、確かに翼の表面から見た右翼が同じ重なり方をしているように描かれています。(詳しくは画像をクリックして拡大画面でご覧ください)

 この図案のミスについては、発行後まもなく春日井市のタカ匠が指摘し、日本野鳥の会名古屋支部の例会でもそれが確認されて、新聞でも大きく取り上げられました。

 今回の番組では、僕の登場早々、共演者のパラダイス山元さんが「そういえば、子供の頃、“飛べないシジュウカラ”って切手がありましたよね」と話をふってくださったので(もちろん、事前の打ち合わせはなし)、上に書いたようなことをご説明しました。

 実は、現在、4月半ばに<解説・戦後記念切手>シリーズの第4巻『一億総切手狂の時代:昭和元禄切手絵巻 1966-1971』を刊行すべく準備をしていて、この切手についての原稿を書いたばかりだったので、たまたま、そうしたエピソードを覚えていただけなのですが、そうした事情を知るわけもない皆さんに僕のことを“専門家”っぽく見せる演出としては効果があったみたいです。まぁ、普段はできの悪い学生が、試験のヤマがドンピシャで当ってしまって難関校に合格したのと同じことかもしれません。(ちょっとズルっぽかったですかね)

 で、この切手についての詳しい説明については、4月半ばに日本郵趣出版から刊行予定の上記『一億総切手狂の時代:昭和元禄切手絵巻 1966-1971』をご覧いただくとして、まずは、今週発売の『これが戦争だ! 切手で読み解く』(ちくま新書)を是非お手に取っていただきたいというのが僕の正直な気持ちです。
スポンサーサイト

別窓 | 日本:昭和・1966~1971 | コメント:9 | トラックバック:0 | top↑
<< 3匹のヘビ | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  明日の「日曜喫茶室」>>
この記事のコメント
#94
 郵趣誌4月号の連載記事原稿を打ち込みつつFM放送をリアルタイムに拝聴させていただきました。すげえ面白かったです。切手エージェントの話まで出てきたのでちょっぴり驚きました。1980年代における「切手ネクラ説」の偏見氷河期時代のことや、昨今のプチかわいい切手ムーブメントのことなど、そのひとつひとつが印象的でした。
2006-03-05 Sun 23:42 | URL | すぎやま #mQop/nM.[ 内容変更] | ∧top | under∨
 すぎやま様
 ご無沙汰しております。お楽しみいただけたみたいで、とっても嬉しいです。
 今後とも、よろしくお付き合いください。
 まずはお礼のみにて
2006-03-06 Mon 00:07 | URL | 内藤陽介 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
#97
こんばんは。日曜喫茶室聞かせていただきました。
家内は「もっとお金持ちになっているはずです」に妙に反応して「生活に困っているんじゃないの?」と失礼なことを言っておりました。
番組中、発行者にとっては切手が「債務」に過ぎないのは、手前も最近会計の勉強をした成果で、よく分かりました。ただ、公社の財務諸表を見ても「前受郵便料」がそれにあたるような気がしますが、期首に全額営業収益に組み込んでしまっているとの注釈がありました。なんじゃそりゃ。
2006-03-07 Tue 00:57 | URL | 志賀 格 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
#98 たしかに・・・
事前のフリはなかったです。
知識のキャパシティに感動、
さすが!!と思いました。
今後ともよろしくお願いいたしマンボ。
2006-03-07 Tue 10:35 | URL | パラダイス山元 #sqP2p4pA[ 内容変更] | ∧top | under∨
 皆様、コメントありがとうございます。

 ・志賀格さま
 ご無沙汰しております。
 >>「生活に困っているんじゃないの?」
 その通りでございます。家のローンに娘の学費、しがない自営のオヤジなんて、そんなもんでございます。割のいい仕事があったら紹介してください(笑)
 と、冗談はさておき、切手の売上をどう会計処理してきたか(しているか)は、郵政問題のブラックボックスです。どうするんでしょうねぇ。ホントに。万一、切手は無効にするなんてことになったら、責任者は私財没収ということにでもしてもらわないと、法的にはともかく、国民感情としては納得できませんよね。
 
 ・パラダイス山元様
 先日は本当にお世話になりました。おかげさまで、すごく楽しい時間を過ごすことができました。
 生で聞いた「アーッ」「ウーッ」のお声がいまも耳に残って離れません。確定申告が終わって落ち着いたら、CDを探しに行きます。
 今後とも、よろしくお付き合いください。 
2006-03-07 Tue 11:18 | URL | 内藤陽介 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
#132 バードウィークの起源
現在発売中の「考える人」でバードウィークの起源について論説があります。ツグミ等のカスミ網猟に反対するための政治運動がもたらしていたんですねえ。
2006-04-19 Wed 08:00 | URL | 岡本 哲 #mQop/nM.[ 内容変更] | ∧top | under∨
 岡本哲様
 いつもコメントありがとうございます。そういえば、国土緑化のルーツは外国人観光客の招致と絡んだ運動として展開されたということを読んだことがあります。なんだか暢気そうなイベントにも、結構、我々の知らない裏の話があるんですねぇ。
2006-04-25 Tue 00:14 | URL | 内藤陽介 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
#1411 シジュウカラの風切羽根
はじめまして、突然で失礼いたします。
北海道帯広の博物館で学芸員をしているものです。
表題の件について、私もついさっきまで、あの絵は間違い、あり得ない状態だと思い込んでいたものです。しかし、日本野鳥の会札幌支部のエッセイのコーナーにそれはあり得るとの記述を見つけ、驚いているところです(自分はこの支部の会員です)。
http://homepage3.nifty.com/sapporo-wbsj/essay/essay0804.html
シジュウカラ 切手 初列 で検索をかけると、偶然内藤さんのプログと札幌支部のアドレスが並んで表示されるのです。
ヒヨドリを写した写真で、実際に羽の重なり方が図案と同じものがあったとのことです(残念ながらその画像はありません)。鳥たちは人間の想像を超えた細やかさで翼のコントロールをしているようです。

では、失礼します。
2009-03-15 Sun 21:47 | URL | 池田亨嘉 #wVD8R/qs[ 内容変更] | ∧top | under∨
 池田亨嘉様

 情報ありがとうございます。専門の方のお話は、やはり勉強になりますね。今後ともよろしくご指導ください。
2009-03-22 Sun 23:41 | URL | 内藤陽介 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/