内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 フランス大統領のマリ訪問
2013-02-02 Sat 15:04
 マリに軍事介入したフランス軍が、きのう(1日)までに、イスラム武装勢力の拠点だった北部の要衝キダルをほぼ制圧したことを受けて、きょう(2日)、フランスのオランダ大統領がファビウス外相とルドリアン国防相都ともにマリを訪問し、情勢を視察するほか、マリのトラオレ暫定大統領らと会談し、今後の情勢について協議するそうです。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

         ジスカールデスタン・マリ訪問

 これは、1977年にマリで発行されたジスカールデスタン・フランス大統領のマリ訪問の記念切手で、トンブクトゥの大モスクを背景に大統領の肖像が描かれています。

 1960年の独立以来、マリでは、1968年11月まで、スーダン同盟の総裁だったモディボ・ケイタ大統領の下、社会主義政策がとられてきました。しかし、経済失政もあって、1968年11月19日、ムーサ・トラオレによるクーデターが発生。ケイタは逮捕され、“国民解放軍事委員会(CMLN)”による暫定政府(軍事政権)が組織されました。

 トラオレ率いるCMLNは経済再建を最優先課題としていましたが、1970―74年の大旱魃により経済状況はさらに悪化。このため、CMLNは諸外国からの支援を得るため民政復帰を目指すことを宣言。1974年6月、民政復帰のための新憲法案についての国民投票が実施されます。この時の憲法案は一党制・大統領制を規定したもので、CMLNは賛成票は99%に達したと発表しましたが、実際にはCMLNの独裁体制に対する批判も根強く、政府批判のリーフレットなどが大量に配布されたこともあり、軍事政権は今後5年間は政権にとどまると宣言。民主化勢力を牽制しました。

 その後、1976年9月、政府は民政復帰の第1歩として“マリ人民民主同盟(UDPM)”を創設することを発表。翌1977年にはUDPM地方支部を設置を約束したほか、軍事委員会メンバーによる全国遊説などを行い、政治活動を緩和する姿勢を示しています。

 今回ご紹介の切手の題材となっているジスカールデスタンのマリ訪問は、こうした状況の下、1977年2月13日から15日まで行われたもので、CMLNの唱える“民主化”に対して、旧宗主国のフランスがお墨付きを与えたことの証左として大々的に宣伝されました。ちなみに、実際にUDPMの創立大会が開かれたのは、それからさらに2年後の1979年3月のことで、民政以降のための大統領・国会議員選挙が行われたのは同年6月のことです。

 さて、今回、マリを訪問するオランド大統領は、首都バマコでトラオレ暫定大統領と会談後、フランス軍主導の部隊が奪還したばかりのトンブクトゥを訪れる予定だそうです。1977年のジスカールデスタン大統領のトンブクトゥ訪問は(こう言っては失礼かもしれませんが)一種の物見遊山という雰囲気だったのでしょうが、今回は、まぁそういうわけにもいかないでしょうねぇ。いずれ、オランド大統領のマリ訪問を題材とした切手は出るのかもしれませんが。


 【世界切手展BRASILIANA 2013・出品募集中】

 今年11月、ブラジル・リオデジャネイロで世界切手展 <BRASILIANA 2013> が開催される予定です。現在(国内での受付期間は14日まで)、僕が日本コミッショナーとして、その出品作品を募集しております。詳細はこちらをご覧ください。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | マリ共和国 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 半世紀前の節分 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  国庫の残金217ドル>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/