内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 切手の帝国:フォークランド
2013-06-18 Tue 18:19
 大修館書店の雑誌『英語教育』2013年7月号が発売になりました。僕の連載「切手の帝国:ブリタニアは世界を駆けめぐる」は、今回はフォークランドを取り上げました。その記事の中から、きょうはこんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

       フォークランド・解放カバー

 これは、フォークランド紛争に英国が勝利し、アルゼンチン軍が撤退した後に発行された“LIBERATION ISSUE”の航空書簡の使用例です。
 
 アルゼンチン・パタゴニア沖400kmの南大西洋に浮かぶフォークランド諸島は、1600年以降、英国、フランス、スペインが相次いで入植・撤退を繰り返していました。

 1816年、スペインから独立したアルゼンチンはフォークランド諸島を“マルヴィナス諸島”として領有を宣言。その後、1829年に米軍が上陸しフォークランド諸島の中立を宣言しましたが、最終的に、英国が1833年に再占領して領有を宣言。ただし、アルゼンチンは、その後も領有権を主張し続けています。

 いわゆるフォークランド紛争は、1982年3月19日、アルゼンチン海軍の艦艇が、英領フォークランドの一小島サウス・ジョージア島へ英国に無断で民間人を上陸させたのが発端です。

 英国が不法入国者に強制退去を命じ、原子力潜水艦の派遣を決定すると、4月2日、アルゼンチン正規陸軍は本格的な侵攻作戦を開始し、同日中に首府スタンレーを含む英領フォークランドの全域を制圧しました。

 これに対して、英軍は4月25日にサウス・ジョージア島に逆上陸して本格的な反攻を開始。当初、アルゼンチンは航空攻撃で英軍艦船を撃沈するなど戦況を有利に進めたが、米国やNATOの支援を得た英軍が次第にアルゼンチン側を圧倒していくことになります。そして、6月14日、英陸軍部隊がポート・スタンレーを包囲し、アルゼンチン軍を降伏させたことで、紛争は終結しました。

 ところで、アルゼンチンの占領下のフォークランドでは、英領としての切手は使用が停止され、アルゼンチン側が用意したマルヴィナス諸島名の切手が使用されていましたが、紛争の終結に伴い、アルゼンチン占領下で発行された切手は使用禁止となり、英領フォークランド切手が復活します。

 今回ご紹介の航空書簡は、紛争終結から半年後の1982年12月、ポート・スタンレーからイングランド南西部のデヴォン宛に差し出された航空書簡で、左側には“LIBERATION ISSUE(解放後の発行)”の文言がしっかりと印刷されています。

 また、印面が額面表示の“14ペンス”のみとなっている点にも注目したいところです。紛争以前のフォークランドの航空書簡の印面部分は英領を意味する王冠ないしは女王(のシルエット)を含む切手状のデザインでしたが、おそらく、今回ご紹介の航空書簡に関しては、そうしたデザインを作成する間も惜しんで、“英領”としての印面を一刻も早く復活させたかったということなのでしょう。

 さて、今回の記事では、このほかにもフォークランド紛争により送達不能となったカバーなどもご紹介しつつ、郵便という視点からフォークランド紛争についてまとめてみました。機会がありましたら、ぜひご覧いただけると幸いです。


 ★★★ 内藤陽介の最新作 ★★★

       マリ近現代史
         『マリ近現代史』

 北アフリカ・マリ共和国の知られざる歴史から混迷の現在まで、
 切手・絵葉書等で色鮮やかに再現したオールカラーの本格的通史!
 
 amazone-honhontoネットストアHonya ClubJBOOK7ネット・ショッピング紀伊國屋書店版元ドットコムブックサービス文教堂丸善&ジュンク堂書店楽天ブックスなどで好評発売中!


 ★★★ 予算1日2000円のソウル歴史散歩 ★★★   

 毎月1回、よみうりカルチャー(読売・日本テレビ文化センター)荻窪で予算1日2000円のソウル歴史散歩と題する一般向けの教養講座を担当しています。開催日は7月2日、7月30日、9月3日(原則第一火曜日)で、時間は各回とも13:00~14:30です。講座は途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | フォークランド | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 『御堂関白記』、記憶遺産に | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  G8サミット、きょう開幕>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/