FC2ブログ
内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 富士山、世界遺産に登録
2013-06-23 Sun 14:27
 カンボジアの首都プノンペンで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)第37回世界遺産委員会は、きのう(22日)、日本政府が推薦した“富士山”を世界文化遺産に登録することを決定しました。というわけで、きょうは富士山を描いた切手の中からこの1枚です。(画像はクリックで拡大されます)

       マリ・ジャンボリー(1971)

 これは、1971年の8月2日から10日まで、富士山麓の朝霧高原で開催されや第13回世界ジャンボリーに際してマリが発行した記念切手で、世界各国のスカウトの背景に富士山が描かれています。

 ボーイスカウトの活動の中でも最大のキャンプ大会であるジャンボリーは、各地のボーイスカウトが一堂に集い、キャンプ生活をとおして日頃のスカウト活動を実践し、相互の友情を深め、自発的活動を促すために行われるものです。

 その世界規模の国際大会としての世界ジャンボリーは、1920年8月に英国のオリンピアで第1回大会が開催されて以来、途中、第2次大戦による中断はあったものの、4年に1度、各国持ち回りで開催されています。1971年の大会は、1967年に米国シアトルで開催された大会で、日本での開催が決定されました。

 大会には“、For Understanding”(相互理解)”のスローガンの下、富士山麓の朝霧高原に87ヵ国から2万3758名(うち日本人は7783名)のボーイスカウトが集まりましたが、これは、参加人員では、東京オリンピックの9200名の2倍以上、参加国数でも大阪万博の74ヵ国をはるかにしのぐもので、当時としては空前の巨大イベントだったと言えます。

 ちなみに、今回ご紹介の切手の発行国であるマリでは、仏領スーダン時代の1947年にスカウト活動が始まりましたが、独立後まもない1960年代には中断してしまい、再開されたのは1994年のことでした。したがって、今回ご紹介の切手のジャンボリーには、マリの代表は参加していません。

 1994年までマリにおいてスカウト活動が中断していたのは、主として、ムーサ・トラオレによる軍事独裁体制下で国民の社会活動が大きく制限されていたことによるものですが、そのあたりの事情については、拙著『マリ近現代史』でも詳しくご説明しておりますので、機会がありましたら、ぜひご覧いただけると幸いです。


 ★★★ ラジオ出演のご案内 ★★★

 6月25日 24:00-24:45(正確には、26日00:00-00:45)
 
 TBSラジオ/AM 954kHz  荻上チキ・Session-22

 上記番組に生放送出演して、切手から見る国際関係や歴史といった類の話をすることになりました。番組そのものは25日22:00スタートですが、僕自身は日付変更線をまたいでからの登場予定です。

 聴取可能な地域の方は、ぜひ、お聞きください。

 
 ★★★ 内藤陽介の最新作 ★★★

       マリ近現代史
         『マリ近現代史』

 北アフリカ・マリ共和国の知られざる歴史から混迷の現在まで、
 切手・絵葉書等で色鮮やかに再現したオールカラーの本格的通史!
 
 amazone-honhontoネットストアHonya ClubJBOOK7ネット・ショッピング紀伊國屋書店版元ドットコムブックサービス文教堂丸善&ジュンク堂書店楽天ブックスなどで好評発売中!


 ★★★ 予算1日2000円のソウル歴史散歩 ★★★   

 毎月1回、よみうりカルチャー(読売・日本テレビ文化センター)荻窪で予算1日2000円のソウル歴史散歩と題する一般向けの教養講座を担当しています。開催日は7月2日、7月30日、9月3日(原則第一火曜日)で、時間は各回とも13:00~14:30です。講座は途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | マリ共和国 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< <Brasiliana 2013>出品決定 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  シンガポールで深刻な煙害>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/