内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 切手で訪ねるふるさとの旅:兵庫県
2013-09-06 Fri 18:24
 ご報告が遅くなりましたが、『(郵便局を旅する地域活性マガジン)散歩人』第23号(2013年9月号)ができあがりました。僕の連載「切手で訪ねるふるさとの旅」は、今回は兵庫県の特集です。そのなかから、きょうはこの切手をご紹介します。(画像はクリックで拡大されます)

       原不動滝

 これは、1969年8月20日に発行された「氷ノ山・後山・那岐山国定公園」の切手で、原不動滝が描かれています。

 宍粟市波賀町原、竹呂山を源流とする引原川支流の八丈川流域にある原不動滝は、落差88mを3段に分かれて落下する男滝と、男滝の最下段部の滝壺で合流する女滝で構成されています。滝の名前は駐車場から滝までの遊歩道途中にある不動堂が由来です。滝の周囲は原生林で紅葉の名所としても知られているが、今回ご紹介の切手では、夏の青葉の風景が取り上げられています。まぁ、雑誌の刊行時期としては、こちらの方がピッタリなので、助かりましたが…。

 さて、『散歩人』の記事では、地図をバックに、今回ご紹介の切手のほか、明石天文科学館、童謡『赤とんぼ』ゆかりの揖西郡龍野町(現・たつの市)、豊岡市のコウノトリ、富士製鉄広畑製鉄所、宝塚歌劇団、鉄斎美術館をご紹介しています。掲載誌の『散歩人』は各地の郵便局などで入手が可能ですので、御近所でお見かけになりましたら、ぜひお手にとってご覧いただけると幸いです。


 ★★★ イベントのご案内 ★★★

 ・9月7日(土) 10:15- 切手市場
 於 東京・池袋 東京セミナー学院4階5階

 詳細は主催者HPをご覧ください。新作の『蘭印戦跡紀行』を中心に、拙著を担いで行商に行きます。 会場ならではの特典もご用意しております。ぜひ遊びに来てください。

 
 ★★★ 内藤陽介の最新作 『蘭印戦跡紀行』 好評発売中! ★★★

 『蘭印戦跡紀行』広告

 日本の兵隊さん、本当にいい仕事をしてくれたよ。
 彼女はしわくちゃの手で、給水塔の脚をペチャペチャ叩きながら、そんな風に説明してくれた。(本文より)

 南方占領時代の郵便資料から、蘭印の戦跡が残る都市をめぐる異色の紀行。
 日本との深いつながりを紹介しながら、意外な「日本」を見つける旅。

 * 出版元特設ページはこちらをご覧ください。

 ★★★ 予算1日2000円のソウル歴史散歩 ★★★   

 毎月1回、よみうりカルチャー(読売・日本テレビ文化センター)荻窪で予算1日2000円のソウル歴史散歩と題する一般向けの教養講座を担当しています。次回開催は9月3日(原則第1火曜日)で、10月以降は、10月1日、11月5日、12月3日、1月7日、2月4日、3月4日に開催の予定です。時間は各回とも13:00~14:30です。講座は途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | 日本:公園 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< IOC総会はじまる | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  サンクトペテルブルクとレニングラード>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/