内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 バルボア太平洋到達500年
2013-09-25 Wed 10:22
 スペインの探検家、バスコ・ヌーニェス・デ・バルボア(以下、バルボア)が1513年9月25日に西洋人として初めて太平洋に到達してから、ちょうど500年になりました。というわけで、こんな切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

       パナマ・バルボア

 これは、いまから100年前の1913年にパナマで発行された「“南の海”発見400周年」の記念切手です。

 バルボアは、1475年、スペイン南部ヘレス・デ・ロス・カバリェロス生まれ。1500年にイスパニョラ島へ開拓者として移住した後、1510年、カリブ海に面したヨーロッパ人最初の植民都市サンタ・マリア・ラ・アンティグア(現コロンビアとパナマの国境付近)に移住しました。現地では新植民都市ダリエンの建設を指揮し、完成後はその総督に任命されています。

 当初、バルボアはダリエン周辺の集落を襲撃し、酋長を捕えて原住民の虐殺を行うなどの征服活動を行っていましたが、次第に、現地の開拓と黄金郷の探索のためには先住民との協力関係を築いた方が得策と考え、「スペインは同盟者には友好的である」として服属してきた部族に対しては穏健な対応を取るようになりました。その成果として、酋長の一人、コマグレと親交を結び、彼の長男から、「山の向こうに“南の海”があり、その付近には黄金が大量にある」との情報を得ます。

 これを受けて、1513年8月末、バルボア率いる190人のスペイン人とコマグレの息子に率いられたインディオ部隊は合流しジャングルに突入。抵抗する部族を武力で制圧しながら行軍を続け、9月25日、広大な湾を見下ろす丘に到達しました。これが“南の海(Mar del Sur)”の発見といわれる出来事で、今回ご紹介の切手は、その場面を描いたもので、足元には彼の愛犬レオンチコも描かれています。

 9月29日、バルボアは湾に降り立ち、そこを“サンミゲル湾”と命名。剣と楯を手に海に入り、スペイン国王の名においてこの地の領有を宣言しました。

 その後、バルボアはサンミゲル湾周辺の部族を服属させていきますが、その際、先に降伏した先住民を使者として「スペイン人を敵として戦えば大きな犠牲を覚悟しなければならないが、同盟を結んで黄金を渡せば、攻撃はせず、鉄の斧を与えてくれる」と説得させ、大量の財宝を獲得。“南の海”発見の快挙とともに、バルボアは、いちやく、国民的英雄となりました。

 ところが、その声望を妬んだ者の讒言により“国家反逆罪”に問われ、1519年1月、かつての部下であったフランシスコ・ピサロに捕らえられて獄につながれ、処刑されてしまいました。享年44。

 なお、 あらためて言うまでもないことですが、現在の太平洋の名前は、1520-21年に探検家のフェルディナンド・マゼランが世界一周航海をしていた際、マゼラン海峡を抜けて太平洋に入った時に、荒れ狂う大西洋と比べたその穏やかさに、この海のことを“El Mare Pacificum(平和な海)”と表現したのが由来になっています。そういえば、そうした由来を知ってか知らずか、日本海を“平和の海”に改称しようとかいっていた輩がおりましたな。いつの間にか立ち消えになった話ではありますが、連中の“東海”問題にも困ったものです。


 ★★★ 内藤陽介の最新作 『蘭印戦跡紀行』 好評発売中! ★★★

 『蘭印戦跡紀行』広告

 日本の兵隊さん、本当にいい仕事をしてくれたよ。
 彼女はしわくちゃの手で、給水塔の脚をペチャペチャ叩きながら、そんな風に説明してくれた。(本文より)

 南方占領時代の郵便資料から、蘭印の戦跡が残る都市をめぐる異色の紀行。
 日本との深いつながりを紹介しながら、意外な「日本」を見つける旅。

 * 出版元特設ページはこちらをご覧ください。

 ★★★ 予算1日2000円のソウル歴史散歩 ★★★   

 毎月1回、よみうりカルチャー(読売・日本テレビ文化センター)荻窪で予算1日2000円のソウル歴史散歩と題する一般向けの教養講座を担当しています。次回開催は10月1日(原則第1火曜日)で、以後、11月5日、12月3日、1月7日、2月4日、3月4日に開催の予定です。時間は各回とも13:00~14:30です。講座は途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | パナマ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 朝日新聞AJWフォーラム | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  ドイツ自民党、議席喪失>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/