FC2ブログ
内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 一億総切手狂の時代
2006-04-06 Thu 23:52
 以前からこのブログでもご案内の通り、4月20日付で、<解説・戦後記念切手>シリーズの第4作として、日本郵趣出版(切手関係の専門出版社です)から『一億総切手狂の時代:昭和元禄切手絵巻 1966-1971』を刊行します。本日(6日)、その現物ができあがってきましたので、ご挨拶申し上げます。(画像は表紙カバーです)

一億総切手狂の時代

 <解説・戦後記念切手>は、1946年以降に発行された記念・特殊切手(ただし公園・年賀切手を除く)について、切手発行の経緯やデザイン、当時の人々の評判などの情報を網羅的にまとめた“読む事典”です。2001年の刊行以来、昨年までに刊行した第1~3巻では、1946年12月の「郵便創始75年」から1966年4月の「切手趣味週間」(蝶)までを採録しましたが、今回の第4巻は、それを引き継ぎ、封書基本料金が15円だった時代に発行されたすべての記念切手についてまとめました。

 体裁としては個々の記念切手の解説を集めたものというかたちをとっていますが、それぞれの切手についての記述を通じて、1960年代後半から1970年代初頭にいたる“昭和元禄”と呼ばれた時代の諸相を浮かび上がらせるよう、精一杯の努力をしたつもりです。切手収集家の方はもちろん、戦後史に興味をお持ちの方にも関心を持っていただけるのではないかと考えております。

 奥付上の刊行日は4月20日ですので、一般書店の店頭に並ぶのはまだ暫く先のことになるかもしれませんが、一部切手商の店頭などでは、早ければ今週末には実物をご覧いただけると思います。実物をお見かけになりましたら、お手にとってご覧いただけると幸いです。

 なお、8日(土)の10:15~12:00、東京・目白のカルチャービルにて行われる切手市場会場内にて、本書ならびに3月10日刊行の『これが戦争だ!』(ちくま新書)の即売・サイン会を行います。切手市場ならではの特典もご用意しておりますので、是非、遊びに来てください。皆様のお越しを心よりお待ち申しております。

スポンサーサイト




別窓 | 内藤陽介の本 | コメント:4 | トラックバック:1 | top↑
<< 世界保健デー | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  中曽根切手>>
この記事のコメント
#119
刊行心待ちにしておりました。
オビの三波春男切手がいい味出してますね(笑)。
2006-04-07 Fri 07:48 | URL | 一愛読者 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
#123  ありがとうございます
 一愛読者様
 ありがとうございます。こういうコメントをいただくと、すごく嬉しいです。ご期待に沿うような内容になったかどうかはわかりませんが、これからも、精一杯頑張って本を作って行きたいので、よろしくお願いします。
2006-04-11 Tue 12:28 | URL | 内藤陽介 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
#128
本日(4月18日)、午後から仕事を休んで全日展の参観に行って参りました。所要で土日に行けなかったのですが、今年で最後?とか話題になっているようで、衝動的に休みをいただいて行ってしまいました。帰りに丸の内の丸善で最新刊「一億総切手狂の時代」を発見し購入させていただきました。まだ、熟読しておりませんが、休日にゆっくり読ませていただきます。それにしても古い資料をいろいろ調べられた大集成、本当に頭が下がります。私も触発されてオークションで「京都寸葉」のバックナンバーを入手したのですが、今もダンボールに入ったままです。ところで、丸善にはコレクションなどのコーナーに切手の本は並んでいるのですが、他の書店では趣味のコーナーに並んでいたりします。マージャンや手品の本と一緒に並んでいたりしますが、どうなんでしょうか。趣味は趣味でもそういうのとは違うと思うのですが。内藤先生の御著書は国際情勢の棚にあったりしますよね。
2006-04-18 Tue 22:44 | URL | えびす #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
#131  ありがとうございます
 えびす様
 いつもありがとうございます。
 全日展は、どうやら、来年もやるらしいという噂もありますね。僕としては、やっぱりイベントが減るのは寂しいので続けて欲しいんですが、さてさて、どうなんでしょう。案外、“閉店商法”の真似をしたら良いと考える策士が郵政にもいるのか知らん。
 
 『京都寸葉』は、面白いですよ。とにかく、基本的にはタブーなしで何でも書いてありますから。ただ、その分、嘘かホントか良くわからないネタも一杯ですが・・・。

 書店の棚といえば、その昔、『北朝鮮事典』という本を出したとき、しっかり辞書・辞典類のコーナーに置いていたお店がいくつかありました。こちらとしては、辞書・辞典類の棚は一般書に比べると返本になる確率が低いので営業面では良いかもしれないと思って、ああいうタイトルを付けたのですが、見事に思惑が当たったと言ったところでしょうか。でも、その割にはあんまり売れませんでしたけど…。

 今後とも、よろしくお願いします。
2006-04-19 Wed 00:28 | URL | 内藤陽介 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
 フリードマンルールで援用して終りでは内藤さんに申し訳ないのでご本人にかわり宣伝です。内藤さんの本日『一億総切手狂の時代』が発刊されました。ご本人のブログやmixiで関連ネタを拝見していますが非常に興味を魅かれました。世代的に妖怪人間ベムとかいってる人たちは …
2006-04-13 Thu 23:30 Economics Lovers Live | ∧top | under∨
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/