FC2ブログ
内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 <Brasiliana 2013>受賞速報
2013-11-24 Sun 05:45
       ブラジル・戦勝記念(栄光)     ブラジル展パルマレス

 今月19日(以下、現地時間)からブラジル・リオデジャネイロで開催中の世界切手展<Brasiliana 2013>ですが、現地時間23日20時からのパルマレス(受賞パーティー)に先立ち、正式な受賞結果が発表となりました。日本からの出品に対する賞の結果は、以下の通りです。(以下、リストは出品者名は日本語表記、作品名は英文でリスト記載のとおりです。カッコ内は点数ですが、速報値ゆえ、誤りなどがありましたらご容赦ください)

・児玉博昭 Japan: General Nogi 2sen issue 1937-1947 V(83)
・池田健三郎 Prompt Delivery in Japan as Nationwide services LV(85)
・伊藤純英 Foreign Mail in Nagasaki, Japan 1875-1905 LV(86)
・大場光博 The Opening of China 1745-1897 LV(87)
・西海隆夫 The History of Cartography-Mapping the World and Regions LV(89)
・大沼幸雄 L. v. Beethoven - His Life in a Historical Context and His Legacy LG(95)
・勝井明憲 History of the Telephone - Telegraph to digitalization G(90)
(以下文献)
・(公財)日本郵趣協会 『切手画家. 木村 勝の世界』 V(83)
・松本純一 『A History of the French post office of Yokohama』 G(92)+SP
・正田幸弘 『ブラジル郵便史概說』 V(83)
・山崎好是 『小判切手=事故印=』 V(80)
・山崎好是 『風景印2012』 LS(70)
・吉田敬 『Stampedia Philatelic Journal 2013』 LV(86)
・(株)日本郵趣出版 『戦前の小型記念スタンプ集』 LS(75)
・(公財)日本郵趣協会 『ビジュアル日本切手カタログVol.1記念切手編1894-2000』 LS(78)
・山崎好是 『国際返信切手券』 V(80)(エントリーとは別の本が到着したので、実際に到着した本に切り替えて審査) 
・山崎好是 『日本記号入切手カタログ』 V(82)

 * 文献部門への出品資格は、著者・編集者・出版社にありますので、必ずしも、出品者イコール著者ということではありません。

 あらためて、受賞された皆様には、心よりお祝いを申し上げます。なお、当初の予定では、内藤もKorea and the Cold war 1945-1953と題する作品を出品することになっていましたが、その後、審査員補(アプレンティス)として審査に関わることになったため、出品を撤回し、代わりに児玉さんの作品がエントリーすることになりました。

 冒頭に掲げた画像は、1945年5月、第二次大戦での連合国の勝利(ブラジルは、1941年12月に米国が参戦したことを受けて、1942年8月31日、連合国の一員として独伊両国に宣戦布告しています)を記念して発行された切手のうち、“栄光”と名づけられたデザインの1枚で、女神グロリアと更新する兵士が描かれています。受賞者の皆さんの栄誉・栄光をたたえるつもりで、取り上げました。また、右側は、日本人のテーマティク出品者としてFIPの世界切手展で初めて大金賞を受賞するという快挙を成し遂げた大沼さんが、パルマレスでメダルを受け取っている場面です。大沼さん、あらためておめでとうございました。


 ★★★  絵葉書と切手でたどる世界遺産歴史散歩  ★★★

 2014年1月11日・18日・2月8日のそれぞれ13:00-15:00、文京学院大学生涯学習センター(東京都文京区)で、「絵葉書と切手でたどる世界遺産歴史散歩」と題する講座をやります。(1月18日は、切手の博物館で開催のミニペックスの解説)

 新たに富士山が登録されて注目を集めるユネスコの世界遺産。 いずれも一度は訪れたい魅力的な場所ばかりですが、実際に旅するのは容易ではありません。そこで、「小さな外交官」とも呼ばれる切手や絵葉書に取り上げられた風景や文化遺産の100年前、50年前の姿と、講師自身が撮影した最近の様子を見比べながら、ちょっと変わった歴史散歩を楽しんでみませんか? 講座を受けるだけで、世界旅行の気分を満喫できることをお約束します。

 詳細はこちら。皆様の御参加を、心よりお待ちしております。


 ★★★ 予算1日2000円のソウル歴史散歩 ★★★   

 毎月1回、よみうりカルチャー(読売・日本テレビ文化センター)荻窪で予算1日2000円のソウル歴史散歩と題する一般向けの教養講座を担当しています。次回開催は12月3日(原則第1火曜日)で、以後、1月7日、2月4日、3月4日に開催の予定です。時間は各回とも13:00~14:30です。講座は途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新作 『蘭印戦跡紀行』 好評発売中! ★★★

 『蘭印戦跡紀行』広告

 日本の兵隊さん、本当にいい仕事をしてくれたよ。
 彼女はしわくちゃの手で、給水塔の脚をペチャペチャ叩きながら、そんな風に説明してくれた。(本文より)

 南方占領時代の郵便資料から、蘭印の戦跡が残る都市をめぐる異色の紀行。
 日本との深いつながりを紹介しながら、意外な「日本」を見つける旅。

 出版元特設ページはこちらです。また、10月17日、東京・新宿の紀伊國屋書店新宿南店で行われた『蘭印戦跡紀行』の刊行記念トークの模様が、YouTubeにアップされました。よろしかったら、こちらをクリックしてご覧ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト




別窓 | ブラジル:ヴァルガス時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 泰国郵便学(28) | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  勤労感謝の日>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/