内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 小さな世界のお菓子たち:キャンディの切手
2014-04-09 Wed 10:32
 大手製菓メーカー(株)ロッテの季刊広報誌『Shall we Lotte(シャル ウィ ロッテ)』の第23号(2014年春号)ができあがりました。僕の連載「小さな世界のお菓子たち」では、今回は、こんな切手を取り上げました。(画像はクリックで拡大されます)

       エングルホファー

 これは、昨年(2013年)、エンゲルホファー社のポスターを取り上げたオーストリアの切手です。

 エングルホファー社は、1851年、ウィーンに次ぐオーストリア第2の都市、グラーツでフランツ・エングルホファーがコーヒー店として開業したのが始まりで、1909年には“エンゲルホファーキャンディ工房”をスタートさせ、本格的にキャンディの販売を開始しました。その製品は、オーストリアから南ドイツにかけての伝統的なスタイルのキャンディが中心です。

 切手に取り上げられたポスターは、この地域の伝統的な民族衣装のディアンドルを着た少女が同社のキャンディを両手に持って差し出している絵柄になっており、“創業1851年”の表示もあります。

 ディアンドルは、襟ぐりの深いブラウスの上に、前開きで襟ぐりの深い短い袖なしのボディスを着て、かかとまでのロングスカートにエプロンを着けた姿で、もともとはアルプスの農家の女性の日常着だったものが、都市部に出稼ぎにきたメイドさんたちを通じて、広まったものです。切手に描かれている感じだと、少女の着ているボディスとスカートの素材はベルベットなど厚手の素材のようですが、夏には薄手の木綿で仕立てられます。エプロンが青緑色で描かれているのは、伝統的なディアンドルの色彩を忠実に再現したものですが、結果的に、彼女の掌の上のキャンディの包み紙が同系色となりました。なお、少女はエプロンの腰ひもを自分の左側で結んでいますが、これは未婚者であることを示しており、既婚者は右側で結ぶ習慣になっています。

 ポスターの原画を書いたのは、1909年生まれの漫画家のテヤ・アイヒャーです。アイヒャーは1948年から1976年まで雑誌『ヴンダーヴェルト』を中心に活動し、「小人のブムスティ」、「ピフとパフ」、「ペリーとジラ」等のヒット作を生み出しました。当時の子供たちは、エンゲルホファーのキャンディを頬張りながら、そうした漫画を読みふけっていたのかもしれません。


 ★★★ ポスタル・メディアと朝鮮戦争 ★★★

 4月19日(土)14:00から、東京・水道橋の日本大学法学部三崎町キャンパス本館2階 第2会議室(以前ご案内していた会場から変更になりました)にて開催のメディア史研究会月例会にて、昨年(2013年)夏、バンコクで開催された世界切手展<Thailand 2013>に出品した“Korea and the Cold War 1945-1953”の内容を中心に、切手や郵便物などによって朝鮮戦争とその時代を再構成しようとする試みについてお話しします。

 なお、メディア史研究会はまったく自由な研究会で、会員以外の方でも気楽にご参加いただけますので(もちろん、無料)、よろしかったら、ぜひ、遊びに来てください。


 ★★★ 講座「世界紀行~月一回の諸国漫郵」のご案内 ★★★ 

亀戸講座(2014前期)・広告

 東京・江東区亀戸文化センターで、5月から毎月1回、世界旅行の気分で楽しく受講できる紀行講座がスタートします。美しい風景写真とともに、郵便資料や切手から歴史・政治背景を簡単に解説します。受講のお楽しみに、毎回、おすすめの写真からお好きなものを絵葉書にしてプレゼントします!

 詳細は、こちらをご覧ください。


 ★★★ 文京生涯カレッジ(第13期)のご案内 ★★★

 文京学院大学が一般向け(=どなたでも受講できます)にさまざまな講師を招いて行う通年の教養講座「文京生涯カレッジ」の第13期が4月15日から始まります。僕も、7月15・22日に「バスコ・ダ・ガマのインドを歩く」、9月9日に「ドバイ歴史紀行」のお題で登場します。詳細はこちらですので、よろしかったら、ぜひご覧ください。


 ★★★ 内藤陽介の最新作 『蘭印戦跡紀行』 好評発売中! ★★★

 『蘭印戦跡紀行』広告

 日本の兵隊さん、本当にいい仕事をしてくれたよ。
 彼女はしわくちゃの手で、給水塔の脚をペチャペチャ叩きながら、そんな風に説明してくれた。(本文より)

 南方占領時代の郵便資料から、蘭印の戦跡が残る都市をめぐる異色の紀行。
 日本との深いつながりを紹介しながら、意外な「日本」を見つける旅。

 出版元特設ページはこちらです。また、10月17日、東京・新宿の紀伊國屋書店新宿南店で行われた『蘭印戦跡紀行』の刊行記念トークの模様が、YouTubeにアップされました。よろしかったら、こちらをクリックしてご覧ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | オーストリア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< W杯トロフィーが日本に到着 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  花まつり>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/