内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 カーネーション革命40年
2014-04-25 Fri 11:29
 1974年4月25日にポルトガルで“カーネーション革命(4月25日革命)”が起こってから、きょうでちょうど40年です。というわけで、今日はこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

       マカオ・カーネーション革命

 これは、1975年、当時はポルトガルの海外県だったマカオで発行された“4月25日革命1周年”の記念切手です。

 ポルトガルでは、1933年以来、アントニオ・サラザールによる“エスタード・ノヴォ”と呼ばれる独裁体制が敷かれていました。サラザールは1968年に病に倒れ、1970年に亡くなりますが、その後もエスタード・ノヴォは維持され、アンゴラモザンビークギニアビサウではソ連やキューバに支援された独立革命軍との泥沼の戦争が続いていました。

 このため、危機感を抱いたポルトガル軍の青年将校たちは、1974年4月25日、アントニオ・デ・スピノラ将軍を担いでリスボンで蹶起。市内の要所を占拠し、無血革命を起こしてカエターノ首相をトマス大統領を追放し、救国軍事評議会を結成しました。その際、革命の成功を知ったリスボン市民たちはカーネーションを手に兵士たちと交歓し、革命軍兵士たちは銃口にカーネーションの花を挿したことから、一連の革命は“カーネーション革命”と呼ばれるようになりました。
 
 さて、革命後の新政権は全てのポルトガル領植民地を放棄する方針を表明。すでに、海外県のマカオでは、1966年12月に発生した“一二三事件”(小学校建設をめぐる住民とマカオ政庁の対立から発生した暴動。中共系の住民を扇動した中国はマカオの武力解放を示唆し、マカオ政庁は賠償金の支払いなど中国の要求に全面的に屈した)の結果、ポルトガルは実質的に支配権を失っていましたが、新政権はマカオの主権が中国にあることを公式に認め、翌1975年にはポルトガル軍をマカオから撤退させます。さらに、1976年には、中国の強い影響下に立法會が開設され、マカオの地位もポルトガルの海外県から“特別領”に変更され、ポルトガルによるマカオ支配は事実上の終焉を迎えることになりました。

 なお、マカオの現代史については、拙著『マカオ紀行』でもいろいろとご説明しておりますので、機会がありましたら、ぜひご覧いただけると幸いです。


 ★★★ 切手が語る台湾の歴史 ★★★

 5月15日13:00から、よみうりカルチャー北千住にて、よみうりカルチャーと台湾文化部の共催による“台湾文化を学ぶ講座”の一コマとして、「切手が語る台湾の歴史」という講演をやります。

 切手と郵便はその地域の実効支配者を示すシンボルでした。この点において、台湾は非常に興味深い対象です。それは、最初に近代郵便制度が導入された清末から現在に至るまで、台湾では一貫して、中国本土とは別の切手が用いられてきたからです。今回の講演では、こうした視点から、“中国”の外に置かれてきた台湾(史)の視点について、切手や郵便物を題材にお話しする予定です。

 参加費は無料ですが、事前に、北千住センター(03-3870-2061)まで、電話でのご予約が必要となります。よろしかったら、ぜひ、1人でも多くの方にご来駕いただけると幸いです。


 ★★★ 講座「世界紀行~月一回の諸国漫郵」のご案内 ★★★ 

亀戸講座(2014前期)・広告

 東京・江東区亀戸文化センターで、5月から毎月1回、世界旅行の気分で楽しく受講できる紀行講座がスタートします。美しい風景写真とともに、郵便資料や切手から歴史・政治背景を簡単に解説します。受講のお楽しみに、毎回、おすすめの写真からお好きなものを絵葉書にしてプレゼントします!

 詳細は、こちらをご覧ください。


 ★★★ 内藤陽介の最新作 『蘭印戦跡紀行』 好評発売中! ★★★

 『蘭印戦跡紀行』広告

 日本の兵隊さん、本当にいい仕事をしてくれたよ。
 彼女はしわくちゃの手で、給水塔の脚をペチャペチャ叩きながら、そんな風に説明してくれた。(本文より)

 南方占領時代の郵便資料から、蘭印の戦跡が残る都市をめぐる異色の紀行。
 日本との深いつながりを紹介しながら、意外な「日本」を見つける旅。

 出版元特設ページはこちらです。また、10月17日、東京・新宿の紀伊國屋書店新宿南店で行われた『蘭印戦跡紀行』の刊行記念トークの模様が、YouTubeにアップされました。よろしかったら、こちらをクリックしてご覧ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | マカオ:葡海外県1951~76 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<< 泰国郵便学(30) | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  商船三井系の船>>
この記事のコメント
#2329 はじめまして
「事情のある国の切手ほど面白い」を今、読ませて頂いています。
博識ですね!

しかも「切手」を切り口にして、こんなにたくさんブログも書いていらっしゃるとは(◎_◎;)
御本は興味のある部分からつまみ読みしているのですが、カダフィ、フセインの報道されないイロイロが特によかったです。

ところで、坂本龍馬なのですが。
竜馬もおりょうも著作権は切れてると思うのですが、この切手は何が問題なのですか?

姿が売り物の芸能人などは肖像権が延々続いたりするそうですが、そうでない人の写真を所有するだけで、「所有権」を主張することなんてできるのでしょうか?

以前、写真家協会の方が「竜馬は著作権切れてるから使っていいです」と言ってらっしゃるのを聞いたことがあるのですが。

もし、お時間あったら、教えてくださいね。

では、またー。

2014-04-26 Sat 02:21 | URL | さくら #u2lyCPR2[ 内容変更] | ∧top | under∨
・さくら様
 コメントありがとうございます。
 お返事が遅くなりすみません。

 このたびは拙著をお読みいただき、ありがとうございます。楽しんでいただけたようで嬉しいです。

 さて、龍馬の件、具体的にどの部分が問題になったのかは明らかにされていないのですが、龍馬の写真のほかにも、近年撮影したと思われる寺田屋の写真なども含まれているので、あるいは、そちらの方の問題だったのかもしれません。

 とまれ、今後ともよろしくお付き合いいただけると幸いです。 
2014-05-08 Thu 10:13 | URL | 内藤陽介 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/