FC2ブログ
内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 四川省でバス放火事件
2014-05-13 Tue 15:19
 きのう(12日)、中国・四川省宜賓市で漢族の男による放火で路線バスが爆発し、1人が死亡、77人が負傷する事件がありました。というわけで、今日は“四川省”に絡んでこの1枚です。(画像はクリックで拡大されます)

       限四川貼用

 これは、1933年に発行された“限四川貼用”の加刷切手です。

 辛亥革命後の中国は、各地に軍閥が割拠し四分五裂状態になっており、通貨も各地の軍閥が独自に発行していました。このため、各地の通貨間には為替差が存在しましたが、なかでも、新疆東北、雲南、四川などでは北京や上海、南京など都市部との為替差が大きかったため、為替差損・差益を防ぐため、使用地域を限定した加刷切手が発行されています。ちなみに、今回ご紹介の切手は四川省でのみ有効という意味で“限四川貼用”との加刷がなされたものです。切手が発行された翌年の1934年、四川省では官営の四川省銀行が設立され、当時の中国国民政府の1銀元を1.6元とする四川省銀行券が発行されています。

 切手が発行された1933年当時の四川省の領域は、現在の中華人民共和国四川省の領域から、カンゼ・チベット族自治州を除いた領域に相当していました。カンゼ・チベット族自治州は、1933年の時点では、国民政府の支配は県城と主要街道にしか及ばず、大半はチベットのカム諸侯が実効支配する川辺特別地区でした。その後、いわゆる日中戦争の勃発にともない、国民政府は国内の戦時統制を強化する必要から、川辺特別地区の領域を“西康省(“康”はカムのことです)”に再編したものの、その実効支配はディチュ河東岸に限られていました。しかし、1950年、西康省はこの地に侵攻した人民解放軍によって占領され、東部地域が西康省蔵族自治区として分割された後、さらに、カンゼ・チベット族自治州に格下げされ、1955年、四川省に吸収合併されて消滅。現在の四川省ができあがりました。

 さて、中国では、近年、社会に対する不満や絶望感から無差別に一般市民を殺傷する事件が多発しています。今回の事件に関しては、犯行の動機は明らかになっていませんが、そうした傾向と結びつけて考える向きが多いようです。報道によれば、中国全土では毎日500件以上もの暴動や大規模デモが発生しているとのことで、なにやら、王朝末期を思わせるような状況ですな。


 ★★★ 切手が語る台湾の歴史 ★★★

 5月15日13:00から、よみうりカルチャー北千住にて、よみうりカルチャーと台湾文化部の共催による“台湾文化を学ぶ講座”の一コマとして、「切手が語る台湾の歴史」という講演をやります。

 切手と郵便はその地域の実効支配者を示すシンボルでした。この点において、台湾は非常に興味深い対象です。それは、最初に近代郵便制度が導入された清末から現在に至るまで、台湾では一貫して、中国本土とは別の切手が用いられてきたからです。今回の講演では、こうした視点から、“中国”の外に置かれてきた台湾(史)の視点について、切手や郵便物を題材にお話しする予定です。

 参加費は無料ですが、事前に、北千住センター(03-3870-2061)まで、電話でのご予約が必要となります。よろしかったら、ぜひ、1人でも多くの方にご来駕いただけると幸いです。


 ★★★ 講座「世界紀行~月一回の諸国漫郵」のご案内 ★★★ 

亀戸講座(2014前期)・広告

 東京・江東区亀戸文化センターで、5月から毎月1回、世界旅行の気分で楽しく受講できる紀行講座がスタートします。美しい風景写真とともに、郵便資料や切手から歴史・政治背景を簡単に解説します。受講のお楽しみに、毎回、おすすめの写真からお好きなものを絵葉書にしてプレゼントします!

 詳細は、こちらをご覧ください。


 ★★★ 内藤陽介の最新作 『蘭印戦跡紀行』 好評発売中! ★★★

 『蘭印戦跡紀行』広告

 日本の兵隊さん、本当にいい仕事をしてくれたよ。
 彼女はしわくちゃの手で、給水塔の脚をペチャペチャ叩きながら、そんな風に説明してくれた。(本文より)

 南方占領時代の郵便資料から、蘭印の戦跡が残る都市をめぐる異色の紀行。
 日本との深いつながりを紹介しながら、意外な「日本」を見つける旅。

 出版元特設ページはこちらです。また、10月17日、東京・新宿の紀伊國屋書店新宿南店で行われた『蘭印戦跡紀行』の刊行記念トークの模様が、YouTubeにアップされました。よろしかったら、こちらをクリックしてご覧ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | 中華民国:1912~1949 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< サンタ・マリア号の残骸? | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  在日ヴェトナム人、都内でデモ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/