FC2ブログ
内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 ポート・ロイヤル大地震の日
2014-06-07 Sat 14:24
 今日(7日)は、1692年に、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』の舞台として知られるポート・ロイヤル(ジャマイカ)で巨大地震が発生し、一瞬にして都市が壊滅した日です。というわけで、こんな切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      ジャマイカk・ポートロイヤル地震300年

 これは、1992年にジャマイカで発行された「ポート・ロイヤル大震災300年」の切手で、地震で建物が崩壊し、地割れに人々が落ちていく様子が描かれています。震災を題材とした切手は多々ありますが、ここまで赤裸々に震災の被害を表現したものは少ないのではないかと思います。

 さて、ジャマイカの現在の首都はキングストンですが、かつては、島の南部のスパニッシュ・タウンに首都がおかれていました。ポート・ロイヤルはその防衛のための要塞 “フォート・チャールズ”を中心に発展した街で、1690年の時点では人口8000人を超えていました。奴隷貿易の中心として発展し、この地に上陸した黒人奴隷が各地のプランテーションに送られる一方で、芸術や特殊技能を持ったアフリカ系の移民たちはプランテーションに送られることなく、この地に定着したため、当時のジャマイカの文化的な中心地としても繁栄しました。

 こうしたことから、海賊からジャマイカの代理総督に転じたヘンリー・モーガンは、ポート・ロイヤルを“世界一裕福な場所”と称しましたが、1692年6月7日の大地震により、都市は崩壊して多くの人命が失われ、モーガンの墓所を含め市街地の一部は現在なお海に沈んだままとなっています。ちなみに、この大地震でポート・ロイヤルが壊滅したことにより、同年7月22日、近郊の海に面した農地が避難民の避難場所として転用されることになったのが、現在の首都であるキングストンのルーツとなりました。

 さて、ことし(2014年)は、わが国とカリブ共同体(旧英領を中心にカリブの14か国1地域が加盟。ジャマイカも加盟国です)の事務レベル協議開始後20年が経過した年であるとともに、ジャマイカならびにトリニダード・トバゴとの国交樹立50周年にもあたることから、“日・カリブ交流年”とされています。

 8月1-3日、東京・墨田区で開催が予定されている<全日本切手展2014>でも、これにちなみ、外務省の認定を受けた“日・カリブ交流年”の行事として“カリブ切手展”を併催の予定です。今後も、同展の事前プロモーションを兼ね、機会を見つけてカリブ共同体加盟諸国・地域の切手をご紹介していきたいと考えておりますので、よろしくお付き合いください。


 ★★ 講座「切手を通して学ぶ世界史:第一次世界大戦から100年 」のご案内 ★★ 

       中日・講座チラシ    中日・講座記事

 7月18日・8月29日・9月19日の3回、愛知県名古屋市の栄中日文化センターで、第一次大戦100年の企画として、「切手を通して学ぶ世界史」と題する講座を行います。

 講座では、ヨーロッパ、中東、日本とアジアの3つの地域に分けて、切手や絵葉書という具体的なモノの手触りを感じながら、フツーとはちょっと違った視点で第一次世界大戦の歴史とその現代における意味を読み解きます。

 詳細は、こちらをご覧ください。

 * 左の画像は講座のポスター、右は講座の内容を紹介した5月20日付『中日新聞』夕刊の記事です。どちらもクリックで拡大されますので、よろしかったらご覧ください。
 

 ★★★ 内藤陽介の最新作 『蘭印戦跡紀行』 好評発売中! ★★★

 『蘭印戦跡紀行』広告

 日本の兵隊さん、本当にいい仕事をしてくれたよ。
 彼女はしわくちゃの手で、給水塔の脚をペチャペチャ叩きながら、そんな風に説明してくれた。(本文より)

 南方占領時代の郵便資料から、蘭印の戦跡が残る都市をめぐる異色の紀行。
 日本との深いつながりを紹介しながら、意外な「日本」を見つける旅。

 出版元特設ページはこちらです。また、10月17日、東京・新宿の紀伊國屋書店新宿南店で行われた『蘭印戦跡紀行』の刊行記念トークの模様が、YouTubeにアップされました。よろしかったら、こちらをクリックしてご覧ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | ジャマイカ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< パキスタンで民放TV放送停止 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  岩のドームの郵便学(18) >>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/