内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 バハマの独立記念日
2014-07-10 Thu 08:46
 きょう(10日)は、カリブ海の島国・バハマが、1973年7月10日に英連邦の一国として独立したことにちなみ、同国の独立記念日になっています。というわけで、この切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      バハマ(1860)

 これは、1860年に発行されたバハマの1セント切手です。デザイン的には、前年(1859年)に発行された最初の切手と同じですが、最初の切手が無目打なのに対して、1860年発行のモノからは目打が入っています。

 バハマは、1492年10月12日、クリストファー・コロンブスがアメリカで最初に上陸したとされるサン・サルバドル島を含む島国で、1647年以降、英国によって植民地化され、1783年、正式に英領となりました。現在のように英連邦を構成する独立国となったのは1973年7月10日のことでした。

 郵便に関しては、1760年代から英本国との往来があり、地元の新聞社“ザ・バハマ・ガゼット”が新聞を配達する必要から、事実上の郵便局として機能していました。バハマ政庁として正規の郵便局が設置されたのは1788年のことです。1804年には "BAHAMAS"と1行で記した印が使われるようになりました。1841年には英本国との定期便がスタート。1858年には英本国の切手が持ち込まれ、首府のナッソーで"A05"の抹消印が使われましたが、翌1859年からは、バハマ独自の切手の切手が使われています。

 1859年の切手は、ヴィクトリア女王の肖像の左下にパイナップルを、右下に巻貝を描いたデザインです。パイナップルは当時のバハマの代表的な農産物で、巻貝は、バハマ諸島の様々な海の生命を代表するものとして、独立後も国章に描かれています。

 さて、ことし(2014年)は、わが国とカリブ共同体(旧英領を中心にカリブの14か国1地域が加盟。バハマも加盟国です)の事務レベル協議開始後20年が経過した年であるとともに、ジャマイカならびにトリニダード・トバゴとの国交樹立50周年にもあたることから、“日・カリブ交流年”とされています。

 8月1-3日、東京・墨田区で開催が予定されている<全日本切手展2014>でも、これにちなみ、外務省の認定を受けた“日・カリブ交流年”の行事として“カリブ切手展”を併催の予定です。今後も、同展の事前プロモーションを兼ね、機会を見つけてカリブ共同体加盟諸国・地域の切手をご紹介していきたいと考えておりますので、よろしくお付き合いください。
 

 ★★ 講座「切手を通して学ぶ世界史:第一次世界大戦から100年 」のご案内 ★★ 

       中日・講座チラシ    中日・講座記事

 7月18日・8月29日・9月19日の3回、愛知県名古屋市の栄中日文化センターで、第一次大戦100年の企画として、「切手を通して学ぶ世界史」と題する講座を行います。

 講座では、ヨーロッパ、中東、日本とアジアの3つの地域に分けて、切手や絵葉書という具体的なモノの手触りを感じながら、フツーとはちょっと違った視点で第一次世界大戦の歴史とその現代における意味を読み解きます。

 詳細は、こちらをご覧ください。

 * 左の画像は講座のポスター、右は講座の内容を紹介した5月20日付『中日新聞』夕刊の記事です。どちらもクリックで拡大されますので、よろしかったらご覧ください。
 

 ★★★ 『外国切手に描かれた日本』 電子書籍で復活! ★★★

      1枚の切手には 思いがけない 真実とドラマがある

    外国切手に描かれた日本(表紙)     外国切手に描かれた日本(ポップ) 
    光文社新書 本体720円~

 アマゾン紀伊国屋書店ウェブストアなどで、6月20日から配信が開始されました。よろしくお願いします。(右側の画像は「WEB本の雑誌」で作っていただいた本書のポップです)


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | バハマ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< ニューギニアの戦没者を悼む | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  切手歳時記:夏の富士 >>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/