内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 安倍首相、カリコム首脳と会合
2014-07-29 Tue 11:24
 中南米5か国を歴訪中の安倍首相は、きのう(28日)、トリニダード・トバゴの首都ポートオブスペインで、カリブ海の14か国・1地域で構成する“カリブ共同体(以下、カリコム)”加盟国との首脳会合を行いました。日本とカリコム加盟各国による首脳会合は初めてです。というわけで、きょうはカリコムがらみでこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      トリニダード・カリコム10年

 これは、1983年にトリニダード・トバゴで発行されたカリコム10周年の記念切手で、カリコム加盟諸国の地図を背景に、同国の国営航空 BWIA の機体が描かれています。BWIAは、英領時代の1939年に設立された西インド航空(West Indies Airlines)をその前身とし、2006年に現在のカリビアン航空となりました。

 さて、今回、安倍首相と加盟各国の首脳会談が行われたカリコムは、1958年に創設された西インド連邦が短期間で崩壊した後、あらためて、1968年に域内貿易の自由化等を目的とし設立されたカリブ自由貿易連盟(CARIFTA)がその母体になっています。

 その後、CARIFTAを発展させ、経済統合・外交政策の調整・保健医療・教育等に関する協力促進などを目的に“カリブ共同体”を設立する構想が浮上。1973年7月、バルバドスガイアナジャマイカトリニダード・トバゴの4国によりチャガラマス条約が署名され、同条約が発効した8月1日をもって、カリコムが正式に発足しました。現在の加盟国は、アンティグア・バーブーダバハマ、バルバドス、ベリーズドミニカ国グレナダ、ガイアナ、ハイチ、ジャマイカ、セントクリストファー・ネーヴィスセントルシアセントヴィンセントおよびグレナディーン諸島スリナム、トリニダード・トバゴ、英領モンセラトの14か国1地域で、英領のアンギラ、バーミューダ諸島、ヴァージン諸島、ケイマン諸島、タークス・カイコス諸島が準加盟国(地域)となっています。

 現在の本部事務局は、ガイアナのジョージタウン(先日、手数料込9億円超で落札されて話題となった英領ギアナの1セントゆかりの地ですな)で、事務局長はドミニカ出身のアーウィン・ラロック氏です。

 カリコムの究極の目標である単一市場・経済に向けた動きとしては、2006年1月、まずバルバドス、ベリーズ、ガイアナ、ジャマイカ、スリナム、トリニダード・トバゴの6カ国でカリコム単一市場(CSM)がスタートし、これに、翌7月、OECS(東カリブ諸国気候に加盟するアンティグア・バーブーダ、ドミニカ国、グレナダ、セントクリストファー・ネーヴィス、セントルシア、セントビンセントおよびグレナディーン諸島が参加しています。この結果、カリコムの正規メンバーのうち、CSMに参加していないのは、バハマ、ハイチ、英領モントセラトのみとなりました。なお、カリコム単一経済(CSE)については、2015年中の実施が目標とされています。

 さて、ことし(2014年)は、そうしたカリブ共同体とわが国の事務レベル協議開始後20年が経過した年であるとともに、ジャマイカならびにトリニダード・トバゴとの国交樹立50周年にもあたることから、“日・カリブ交流年”とされています。

 8月1-3日、東京・墨田区で開催の<全日本切手展2014>でも、これにちなみ、外務省の認定を受けた“日・カリブ交流年”の行事として“カリブ切手展”を併催します。今後も、同展の事前プロモーションを兼ね、機会を見つけてカリブ共同体加盟諸国・地域の切手をご紹介していきたいと考えておりますので、よろしくお付き合いください。
 
       
 ★★★ トークイベントのご案内 ★★★ 

 8月2日(土) 14:00より、東京・錦糸町のすみだ産業会館で開催の全日本切手展(全日展)会場内で、新著『朝鮮戦争』の刊行を記念して、トークイベントを開催することになりました。(画像は表紙のイメージ。細かい部分で、若干の変更があるかもしれません)

      朝鮮戦争・表紙

 トークそのものの参加費は無料ですが、全日展への入場料として、3日間有効のチケット(500円)が必要となります。あしからずご了承ください。皆様のお越しを心よりお待ち申しております。
 

 ★★★ 『外国切手に描かれた日本』 電子書籍で復活! ★★★

      1枚の切手には 思いがけない 真実とドラマがある

    外国切手に描かれた日本(表紙)     外国切手に描かれた日本(ポップ) 
    光文社新書 本体720円~

 アマゾン紀伊国屋書店ウェブストアなどで、6月20日から配信が開始されました。よろしくお願いします。(右側の画像は「WEB本の雑誌」で作っていただいた本書のポップです)


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | トリニダード・トバゴ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 44年ぶりの大阪出身大関 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  第一次世界大戦開戦100年>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/