内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 コロンブス出航の日
2014-08-03 Sun 07:32
 今日(3日)は、1492年にクリストファー・コロンブスがスペインから1回目の西方への航海に出発した日です。というわけで、今日はこんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      バハマ・コロンブス450年

 これは、1942年にカリブ海の島国(当時は英領)バハマで発行されたコロンブス上陸450年の記念切手です。加刷の台切手に描かれているのは当時のバハマの国章で、コロンブス船団のサンタ・マリア号が大きく取り上げられています。

 バハマは、米国フロリダ半島対岸のグランド・バハマ島から最南端のイナグア島までの間の約700の島々と2400の岩礁からなるバハマ諸島を領土とする島国で、首都ナッソーのあるニュー・プロビデンス島を含めて、人間が住んでいる島はそのうちの30ほどしかありません。

 1492年8月3日、インドを目指してスペインのパロス港を出航したクリストファー・コロンブスの艦隊は、10月12日、バハマ諸島の東端、先住民のルカヤン族が“グアナハニ島”と呼んでいた島に上陸。これが、一般に“コロンブスの新大陸発見”と呼ばれている出来事にあたります。このことから、バハマは“コロンブスが最初に上陸した国”として、国章にサンタ・マリア号を取り上げることになったわけです。

 コロンブスは上陸に感謝して、この島を“サン・サルヴァドル(=聖なる救世主)”と命名しましたが、同時に、周辺の海域の水深が浅いことから、この地域一帯をスペイン語で“浅い海”を意味する“バハ・マル”と呼びました。これが、“バハマ”の語源となりました。

 コロンブスがサン・サルヴァドルに上陸した際、島では約4万人のルカヤン族が平和に暮らしていましたが、大人しい彼らは、すぐに、侵略者たちによって奴隷狩りのターゲットとなり、疫病の流行もあって、25年ほどで死に絶えてしまいます。以後、スペイン人たちはアフリカから黒人奴隷を連れてきて、バハマ諸島で働かせることになりました。ちなみに、後に英領となるバハマですが、英国人として最初にバハマ諸島にやってきたのは、1649年、エルーセラ島に上陸したピューリタンたちでした。

 さて、1日からスタートした全日本切手展(と併催のカリブ切手展)ですが、早いもので、本日3日が最終日となりました。英領ギアナのコットン・リールをはじめ名品が目白押しのカリブ切手展や力作ぞろいの競争展示など、ぜひ、お見逃しなきよう、会場でお運びいただけると幸いです。

 *昨日の拙著『朝鮮戦争』の刊行記念トークイベントは無事、盛況のうちに終了いたしました。ご参加いただきました皆様には、この場をお借りして、あらためてお礼申し上げます。なお、会場内にて早々に完売してしまい、ご迷惑をおかけした『朝鮮戦争』ですが、昨日夕方、補充の在庫が入荷し、会場内のスタンペディア・ブースにて販売しておりますので、よろしかったら、ぜひ、実物をお手に取ってご覧いただけると幸いです。

        
 ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★ 

 お待たせしました。約1年ぶりの新作です!

 『朝鮮戦争:ポスタルメディアから読み解く現代コリア史の原点』

        朝鮮戦争・表紙 本体2000円+税

 【出版元より】
 「韓国/北朝鮮」の出発点を正しく知る!
 日本からの解放と、それに連なる朝鮮戦争の苦難の道のりを知らずして、隣国との関係改善はあり得ない。ハングルに訳された韓国現代史の著作もある著者が、日本の敗戦と朝鮮戦争の勃発から休戦までの経緯をポスタルメディア(郵便資料)という独自の切り口から詳細に解説。解放後も日本統治時代の切手や葉書が使われた郵便事情の実態、軍事郵便、北朝鮮のトホホ切手、記念切手発行の裏事情などがむしろ雄弁に歴史を物語る。退屈な通史より面白く、わかりやすい内容でありながら、朝鮮戦争の基本図書ともなりうる充実の内容。

 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | バハマ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< <全日本切手展2014>開催御礼 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  綿商会館の後はぜひ…>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/