内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 パリーグはソフトバンクが優勝
2014-10-03 Fri 17:46
 プロ野球のパリーグはソフトバンクがリーグ優勝しました。というわけで、セリーグの巨人優勝の時の先例に倣って、“タカ”にまつわる韓国ネタということで、この1枚です。(画像はクリックで拡大されます) 

      韓国・ハヤブサ

 これは、1999年6月5日に韓国が発行した“絶滅の恐れがある種の保護”の切手のうち、韓国語でいう“매(メー)”を取り上げた1枚です。

 一般に、韓国語の辞書等では、“매”の語には日本語で“タカ(鷹)”の訳語が付けられているので、僕もこの切手については、単純に鷹が描かれているものとばかり思っていたのですが、念のため、ラテン語の学名表記“Falco peregrinus”を確認してみたところ、これは日本語では“ハヤブサ”を意味する語となっていました。まぁ、日本同様、韓国でも“鷹狩”が行われていますし、日本でも、“鷹狩”にハヤブサが用いられることもありますので、“メー”は鷹狩に使う鳥だと割り切って考えてしまえば良いということなのかもしれません。

 鷹狩に使う“メー”は、年齢によって呼び名が異なっており、生まれて1年目はカルチゲ、2年目はチョジに、3年目はサンジニと呼ばれます。このうち、サンジニになってしまうと動作が鈍くなるので、狩りにはチョジニが最適だそうです。また、巣立ったばかりの1年に満たない雛をつかまえて、鷹狩用に育てたものはポラメと呼ばれて区別されます。

 また、ソウルにある鷹峯の地名は、朝鮮王朝時代、国王がそこで鷹を使って雉狩りをしていたことにちなんだものですが、このことなどは、「鷹馬弓妓」と総称される男たちの道楽のうち、鷹狩が最も格の高い遊びとされていたことの名残と言えましょう。

 なお、「鷹は飢えても穀物を食べない」「鷹は死肉を食べず、身ごもっている動物は捕えない」とされるところから、かつての朝鮮半島では、人格の高潔な人を鷹になぞらえることもあったそうです。また、漢字の“鷹”と“英”の発音が同じことから、雄の鷹を1羽描くことで“英雄”を意味するというのが、伝統絵画の作法とされています。

 そういえば、以前の記事で、旧大韓帝国時代の切手をご紹介した際に、「切手に描かれている鳥は、以前は鷹と考えられていましたが、近年、韓国では鷲とするのが一般的なようです」と書いたことがあります。その当時は、韓国空軍や延世大学のシンボルも鷹ではなく鷲とされていることから、切手に描かれた鳥が鷹から鷲に変わるのも無理からぬことかとも思っていたのですが、もしかすると、そうした変化の背景には、鷹に込められていた“高潔さ”や“英雄”といった意味が韓国社会では忘れられてしまったという事情があるのかもしれません。


 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 10月から、毎月1回(原則第1火曜日:10月7日、11月4日、1月6日、2月3日、3月3日、3月31日)、よみうりカルチャー(読売・日本テレビ文化センター)荻窪で下記の一般向けの教養講座を担当します。(詳細はそれぞれ講座名をクリックしてください)

 ・現代コリア事情 時間は13:00-14:30です。

 ・イスラム世界を知る 時間は15:50-17:00です。

 初回開催は4月1日で、講座は途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『朝鮮戦争』好評発売中! ★★★ 

 お待たせしました。約1年ぶりの新作です!

        朝鮮戦争表紙(実物からスキャン) 本体2000円+税

 【出版元より】
 「韓国/北朝鮮」の出発点を正しく知る!
 日本からの解放と、それに連なる朝鮮戦争の苦難の道のりを知らずして、隣国との関係改善はあり得ない。ハングルに訳された韓国現代史の著作もある著者が、日本の敗戦と朝鮮戦争の勃発から休戦までの経緯をポスタルメディア(郵便資料)という独自の切り口から詳細に解説。解放後も日本統治時代の切手や葉書が使われた郵便事情の実態、軍事郵便、北朝鮮のトホホ切手、記念切手発行の裏事情などがむしろ雄弁に歴史を物語る。退屈な通史より面白く、わかりやすい内容でありながら、朝鮮戦争の基本図書ともなりうる充実の内容。

 本書のご注文は版元ドットコムへ。同サイトでは、アマゾン他、各電子書店での注文ページにリンクしています。また、主要書店の店頭在庫も確認できます。

 *8月24日付『讀賣新聞』、韓国メディア『週刊京郷』8月26日号、8月31日付『夕刊フジ』、『郵趣』10月号、『サンデー毎日』10月5日号で拙著『朝鮮戦争』が紹介されました!


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | 韓国:金大中時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 香港島・金鐘で大規模集会 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  世界の国々:メキシコ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/