内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 一の酉
2014-11-10 Mon 17:59
 きょう(10日)は一の酉です。というわけで、例年同様、拙著『朝鮮戦争』の増刷を祈念して、同書で取り上げた“鳥”の切手の中から、こんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      韓国・独立1周年

 これは、1949年8月15日に韓国で発行された“独立1周年”の記念切手です。切手には鳳凰と太極旗が描かれています。単片の切手でも十分じゃないかと言われればそれまでですが、せっかくなので、ここは景気よく、銘版付の田型を持ってきました。

  鳳凰という語は、本来、伝説の神鳥の鳳(雄)と凰(雌)を区別したうえで雌雄一対であることを示すための語で、古典では、雌雄を区別しない場合には鳳の1字を用いました。ただし、現代語では、1羽であっても鳳凰と書くのが一般化していますので、僕のブログでも“鳳凰”で行きたいと思います。

 瑞祥の鳥としての鳳凰には、古来、さまざまな意味が付与されてきましたが、朝鮮半島では、朝鮮王朝時代の「鳳来儀」(伝説上の中国の皇帝・舜が天下泰平を成し遂げ、楽曲を作って演奏した際、鳳が飛来して舜とともに舞ったという故事に由来する宮中舞踊)にみられるように、天下泰平ないしは平和のシンボルとされていました。

 また、麒麟同様、聖天子が出現する時に現れるとされることに加え、仁を戴き、義を抱き、信を有する鳥として、理想の王と同じ性質を持つとされることから、王の胸背や王宮、御車、御輿などには鳳凰の文様がデザインされました。現在の大統領鳳凰標章のデザインも同様の発想によるものです。

 なお、銘版にあるソウルの高麗文化社は、当時、朝鮮書籍印刷株式会社とともに、独立後初期の韓国切手の製造を請け負っていた会社ですが、残念ながら、詳しいことは調べきれていませんので、いずれ、どこかできちんとご報告できれば…と考えております。

 
 ★★★ インターネット放送出演のご案内 ★★★

      チャンネルくらら写真

 毎週水曜日、インターネット放送・チャンネルくららにて、内藤がレギュラー出演する番組「切手で辿る韓国現代史」が配信されています。青字をクリックし、番組を選択していただくとYoutube にて無料でご覧になれますので、よろしかったら、ぜひ、ご覧ください。(画像は収録風景で、右側に座っているのが主宰者の倉山満さんです)

 
 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 毎月1回(原則第1火曜日:1月6日、2月3日、3月3日、3月31日)、よみうりカルチャー(読売・日本テレビ文化センター)荻窪で下記の一般向けの教養講座を担当します。

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 次回開催は1月6日(都合により、12月はお休みをいただきます)で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『朝鮮戦争』好評発売中! ★★★ 

        朝鮮戦争表紙(実物からスキャン) 本体2000円+税

 【出版元より】
 「韓国/北朝鮮」の出発点を正しく知る!
 日本からの解放と、それに連なる朝鮮戦争の苦難の道のりを知らずして、隣国との関係改善はあり得ない。ハングルに訳された韓国現代史の著作もある著者が、日本の敗戦と朝鮮戦争の勃発から休戦までの経緯をポスタルメディア(郵便資料)という独自の切り口から詳細に解説。解放後も日本統治時代の切手や葉書が使われた郵便事情の実態、軍事郵便、北朝鮮のトホホ切手、記念切手発行の裏事情などがむしろ雄弁に歴史を物語る。退屈な通史より面白く、わかりやすい内容でありながら、朝鮮戦争の基本図書ともなりうる充実の内容。

 本書のご注文は版元ドットコムへ。同サイトでは、アマゾン他、各電子書店での注文ページにリンクしています。また、主要書店の店頭在庫も確認できます。

 *8月24日付『讀賣新聞』、韓国メディア『週刊京郷』8月26日号、8月31日付『夕刊フジ』、『郵趣』10月号、『サンデー毎日』10月5日号で拙著『朝鮮戦争』が紹介されました!


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | 韓国:李承晩時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 68年ぶりの首脳会談 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  ベルリンの壁崩壊25周年>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/