内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 勤労感謝の日
2014-11-23 Sun 22:56
 今日(23日)は勤労感謝の日です。というわけで、農家の方々に感謝して、収穫の場面を取り上げた切手に絡んでこんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      北朝鮮・土地改革カバー(紫)

 これは、1949年5月11日、北朝鮮・咸鏡北道の羅南から咸鏡南道北青郡宛のカバーで、1946年2-3月に行われた“土地改革”を記念して発行された1ウォン切手が貼られています。この切手には、刷色や用紙などの様々なバラエティがありますが、今回ご紹介のモノは、茶紙に紫色で印刷されたもので、日本時代の櫛形印の印顆を活用した消印が押されています。

 日本敗戦時の北朝鮮では、全農家の4パーセントの地主が総耕作地の58・2パーセントを所有していました。このため、北朝鮮を占領したソ連は、北朝鮮社会のソヴィエト体制化の手始めとして、農地解放に着手。まず、解放直後の1945年秋、小作料を収穫の7割とする政策が採用され、反対する地主との間に闘争が展開されました。

 1946年2月8日、北朝鮮臨時人民委員会の発足に伴い、委員長に選出された金日成は、同年3月、土地改革法令を公布し、本格的に土地改革を開始します。

 北朝鮮の土地改革は、日本人や親日派の所有地と、5町歩以上の朝鮮人地主の所有地、さらに全ての継続小作地を完全に無償で没収し、土地なき農民に無償で分配するかたちで行われました。この結果、全耕作地面積195万2000町歩のうち、半数を超える100万3025町歩が没収されたうえ、99万922町歩が小作農に対して分配され、50万戸以上の農家(当時の北朝鮮の農家総数は100万4600戸)が地主への隷属から解放されたといわれています。一連の土地改革は、1946年3月5日の「土地改革法令」発表によって電撃的に進められ、反対する者は容赦なく収容所送りにするという強権的な行政的手法により、わずか20日あまりで完了しました。

 土地所有者となった農民に対しては、改革から3ヶ月後の1946年6月27日、現物税制の実施が決定され、農民は23-27パーセントの現物税を国家に納めることになりました。

 なお、土地改革法令はその第4条で「朝鮮の自由と独立のための反日本侵略闘争に功労のあった者およびその家族の所有地、朝鮮民族文化の発展に特別の功労のあった者およびその家族の所有地は、人民委員会の特別の決定によって割譲を免れる」との例外規定を設けており、「親日」と「反日」の判定が、客観的な基準によるのではなく、行政側の裁量にゆだねられていたことがうかがえます。

 また、財産を没収された元地主は、北朝鮮内で農業を続けるためには他郡に移住しなければならず(土地改革法令第6条には、自力で耕作しようとする地主は他郷において土地を与えられるとの規定がある)、これが後の行政的移住政策のルーツとなったと考えられています。実際、この規定により9622町歩が旧地主に与えられたとの報告があり、約3200戸の地主が移住させられたものと推測されています。

 土地改革によって多くの小作農が土地を所有するようになったことで、北朝鮮のソヴィエト体制化の基盤が築かれたとされていますが、公式発表によれば、1947年には農民によって耕作面積が30万町歩も拡大されたほか、1948年度には穀物生産高が解放前の最高水準だった1939=昭和14年度に比して110.3パーセント増加したとされています。ただし、そうした公式統計の数字が正確なものであったとしても、一般国民の実質的な生活水準は決して向上しませんでした。

 なお、このあたりの事情については、拙著『朝鮮戦争』でもいろいろとご説明しておりますので、機会がありましたら、ぜひお手に取ってご覧いただけると幸いです。


 ★★★ インターネット放送出演のご案内 ★★★

      チャンネルくらら写真

 毎週水曜日、インターネット放送・チャンネルくららにて、内藤がレギュラー出演する番組「切手で辿る韓国現代史」が配信されています。青字をクリックし、番組を選択していただくとYoutube にて無料でご覧になれますので、よろしかったら、ぜひ、ご覧ください。(画像は収録風景で、右側に座っているのが主宰者の倉山満さんです)

 
 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 毎月1回(原則第1火曜日:1月6日、2月3日、3月3日、3月31日)、よみうりカルチャー(読売・日本テレビ文化センター)荻窪で下記の一般向けの教養講座を担当します。

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 次回開催は1月6日(12月は都合によりお休みです)で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『朝鮮戦争』好評発売中! ★★★ 

 お待たせしました。約1年ぶりの新作です!

        朝鮮戦争表紙(実物からスキャン) 本体2000円+税

 【出版元より】
 「韓国/北朝鮮」の出発点を正しく知る!
 日本からの解放と、それに連なる朝鮮戦争の苦難の道のりを知らずして、隣国との関係改善はあり得ない。ハングルに訳された韓国現代史の著作もある著者が、日本の敗戦と朝鮮戦争の勃発から休戦までの経緯をポスタルメディア(郵便資料)という独自の切り口から詳細に解説。解放後も日本統治時代の切手や葉書が使われた郵便事情の実態、軍事郵便、北朝鮮のトホホ切手、記念切手発行の裏事情などがむしろ雄弁に歴史を物語る。退屈な通史より面白く、わかりやすい内容でありながら、朝鮮戦争の基本図書ともなりうる充実の内容。

 本書のご注文は版元ドットコムへ。同サイトでは、アマゾン他、各電子書店での注文ページにリンクしています。また、主要書店の店頭在庫も確認できます。

 *8月24日付『讀賣新聞』、韓国メディア『週刊京郷』8月26日号、8月31日付『夕刊フジ』、『郵趣』10月号、『サンデー毎日』10月5日号で拙著『朝鮮戦争』が紹介されました!


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | 北朝鮮:ソ連軍政時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 岩のドームの郵便学(23) | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  二の酉>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/