内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 小さな世界のお菓子たち:ビスケットの切手
2014-12-21 Sun 14:46
 ご報告が遅くなりましたが、大手製菓メーカー(株)ロッテの季刊広報誌『Shall we Lotte(シャル ウィ ロッテ)』の第26号(2014年冬号)ができあがりました。僕の連載「小さな世界のお菓子たち」では、今回は、こんな切手を取り上げました。(画像はクリックで拡大されます)

      ラトヴィア・ピパルクーカ

 これは、2006年にラトビアで発行されたクリスマスツリー型のピパルクーカの切手です。

 英語圏でジンジャークッキーと呼ばれるクリスマス菓子は、14世紀頃、現在のベルギーとドイツの国境付近で作られるようになったレープクーヘンがルーツと考えられていますが、レープクーヘンはヨーロッパ全体へ広まっていく過程で、地域ごとの微妙な差が生まれました。

 バルト三国の中央に位置し、ロシアと国境を接するラトビアですが、食文化に関してはドイツの影響が強く、いまから150年ほど前から、レープクーヘンに相当するお菓子として、ピパルクーカと呼ばれるビスケットがクリスマス菓子の定番として作られています。

 ピパルクーカは、ラトビア語で“胡椒ケーキ”の意味で、おそらく、現地の人の味覚では胡椒が強く感じられるためこの名がついたのでしょう。ただし、実際に使われているスパイスは、胡椒だけではなく、クローブやナツメグ、コリアンダー、カルダモン、シナモンなどさまざまな種類のものがブレンドされています。生地のベースにはライ麦の粉を使っているため、独特のサクサクした食感が特徴となっています。

 今回ご紹介の切手はクリスマス・ツリー型のピパルクーカを取り上げたもので、右側にはラトビア語で「心のこもったクリスマスを!」との文言が印刷されています。ラトビアの首都リガの旧市街にある大聖堂広場のブラックヘッドギルド前の場所は、1510年、世界で初めて、飾り付けられたモミの木が“クリスマス・ツリー”として立てられたとされる場所ですから、ツリー型のピパルクーカは、ラトビアの人たちにとって特に思い入れのあるデザインなのではないかと思います。

 なお、実際のピパルクーカにはアイシングのないものも少なくないのですが、切手に取り上げられているモノはいずれも、砂糖の白いアイシングが施されています。それが、うっすらと雪化粧をしたクリスマス・シーズンのリガの街並みを連想させて、良い雰囲気ですね。


 ★★★ インターネット放送出演のご案内 ★★★

      チャンネルくらら写真

 毎週水曜日、インターネット放送・チャンネルくららにて、内藤がレギュラー出演する番組「切手で辿る韓国現代史」が配信されています。青字をクリックし、番組を選択していただくとYoutube にて無料でご覧になれますので、よろしかったら、ぜひ、ご覧ください。(画像は収録風景で、右側に座っているのが主宰者の倉山満さんです)

 
 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 毎月1回(原則第1火曜日:1月6日、2月3日、3月3日、3月31日)、よみうりカルチャー(読売・日本テレビ文化センター)荻窪で下記の一般向けの教養講座を担当します。

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 次回開催は1月6日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『朝鮮戦争』好評発売中! ★★★ 

        朝鮮戦争表紙(実物からスキャン) 本体2000円+税

 【出版元より】
 「韓国/北朝鮮」の出発点を正しく知る!
 日本からの解放と、それに連なる朝鮮戦争の苦難の道のりを知らずして、隣国との関係改善はあり得ない。ハングルに訳された韓国現代史の著作もある著者が、日本の敗戦と朝鮮戦争の勃発から休戦までの経緯をポスタルメディア(郵便資料)という独自の切り口から詳細に解説。解放後も日本統治時代の切手や葉書が使われた郵便事情の実態、軍事郵便、北朝鮮のトホホ切手、記念切手発行の裏事情などがむしろ雄弁に歴史を物語る。退屈な通史より面白く、わかりやすい内容でありながら、朝鮮戦争の基本図書ともなりうる充実の内容。

 本書のご注文は版元ドットコムへ。同サイトでは、アマゾン他、各電子書店での注文ページにリンクしています。また、主要書店の店頭在庫も確認できます。

 *8月24日付『讀賣新聞』、韓国メディア『週刊京郷』8月26日号、8月31日付『夕刊フジ』、『郵趣』10月号、『サンデー毎日』10月5日号で拙著『朝鮮戦争』が紹介されました!


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | ラトビア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 朔旦冬至 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  澳門特別行政区15年>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/