内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 アフガン ISAF 任務終了
2014-12-29 Mon 13:15
 アフガニスタンの治安維持のため、13年間にわたって駐留してきた国際治安支援部隊(ISAF)の戦闘任務が今年末で終了することを受け、きのう(28日)、現地で式典が開かれました。というわけで、きょうはこんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      ドイツ・ISAFカバー

 これは、ISAF派遣のドイツ軍の野戦局からドイツ宛に差し出されたカバーで、アフガニスタンの地図を背景に、ISAFの幕とドイツ・アフガニスタン両国の国旗を描いた角型のカシェおよびISAFおよび現地語での組織名を白抜きにした円形のカシェが押されています。

 ISAFは2001年に米軍などの攻撃でイスラム原理主義勢力タリバンの政権が崩壊した後、同年12月5日のボン合意に基づき、12月20日の国連安保理決議1386により設立されました。当初は有志国の集まりからなる多国籍軍により構成されていましたが、その後、北大西洋条約機構(NATO)が統括していました。作戦本部の所在地はアフガニスタンのカーブルに、司令本部はオランダのNATOブルンスム統合軍司令部です。

 最盛期には、NATO加盟国を中心に約50ヵ国約14万人が駐留していましたが、そのうち、最大の人員を派遣したのは米国で3万4800人、今回ご紹介のドイツはそれに次ぐ4365人を派遣しました。なお、これまでに現地で亡くなったISAF要員の数は約3500人(うち米兵の犠牲が2200人)にも上っています。

 今回の任務終了に伴い、ISAFは治安権限をアフガン治安部隊に完全に移譲して撤収し、約1万3千人が引き続きアフガン治安部隊への“確固たる支援任務”に当たることになっています。ただ、式典前日の27日にはカブールでタリバンによるテロ行為が起きるなど、アフガニスタンの情勢は不安定なままで、治安改善の見通しは全く立っていません。2011年末に米軍が完全撤収したイラクでは、その後、治安が悪化し、現在ではイスラム国が台頭して米軍は掃討作戦を実施せざるを得なくなっており、アフガニスタンがイラクの二の舞とならぬよう願うばかりです。

 * 2005年6月からスタートしたこのブログですが、毎日1回ずつ更新していたら、今日の記事でちょうど3500回目になりました。日頃、このブログを応援していただいている皆様には、あらためて、この場をお借りしてお礼申し上げます。


 ★★★ インターネット放送出演のご案内 ★★★

      チャンネルくらら写真

 毎週水曜日、インターネット放送・チャンネルくららにて、内藤がレギュラー出演する番組「切手で辿る韓国現代史」が配信されています。青字をクリックし、番組を選択していただくとYoutube にて無料でご覧になれますので、よろしかったら、ぜひ、ご覧ください。(画像は収録風景で、右側に座っているのが主宰者の倉山満さんです)

 
 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 毎月1回(原則第1火曜日:1月6日、2月3日、3月3日、3月31日)、よみうりカルチャー(読売・日本テレビ文化センター)荻窪で下記の一般向けの教養講座を担当します。

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 次回開催は1月6日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『朝鮮戦争』好評発売中! ★★★ 

        朝鮮戦争表紙(実物からスキャン) 本体2000円+税

 【出版元より】
 「韓国/北朝鮮」の出発点を正しく知る!
 日本からの解放と、それに連なる朝鮮戦争の苦難の道のりを知らずして、隣国との関係改善はあり得ない。ハングルに訳された韓国現代史の著作もある著者が、日本の敗戦と朝鮮戦争の勃発から休戦までの経緯をポスタルメディア(郵便資料)という独自の切り口から詳細に解説。解放後も日本統治時代の切手や葉書が使われた郵便事情の実態、軍事郵便、北朝鮮のトホホ切手、記念切手発行の裏事情などがむしろ雄弁に歴史を物語る。退屈な通史より面白く、わかりやすい内容でありながら、朝鮮戦争の基本図書ともなりうる充実の内容。

 本書のご注文は版元ドットコムへ。同サイトでは、アマゾン他、各電子書店での注文ページにリンクしています。また、主要書店の店頭在庫も確認できます。

 *8月24日付『讀賣新聞』、韓国メディア『週刊京郷』8月26日号、8月31日付『夕刊フジ』、『郵趣』10月号、『サンデー毎日』10月5日号で拙著『朝鮮戦争』が紹介されました!


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | ドイツ:統一以後 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<< 世界の国々:ギニア | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  クランタン州などで大洪水>>
この記事のコメント
こちらのブログに出会って、切手そのもののデザインの秀麗さや、奥深さ、歴史の一ページを凝縮した機能美などに惹かれ、私も切手を収集するようになりました。
こちらで紹介されているような希少なものはなかなか手が出ませんが、切手一枚に馳せる思いという楽しさを満喫している次第です。
これからも楽しみにしていますので、そして色々と教えていただければ嬉しいです。
5000回、10000回目指して頑張ってください。
2014-12-29 Mon 20:53 | URL | ゆた #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
・ゆた様
 いつもこのブログをご愛読いただき、ありがとうございます。まずは、およそ1年半後の4000回を目指して頑張ろうと思っておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。
2014-12-31 Wed 23:35 | URL | 内藤陽介 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/