内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 犯行現場の橋
2015-02-28 Sat 14:48
 ロシアの野党指導者で元第1副首相のボリス・ネムツォフが、昨夜(27日夜)、モスクワのクレムリン近くのボリショイ・カメンニ橋で銃撃され、射殺されました。というわけで、今日はこの切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

       ソ連・憲法(1978)

 これは、1978年にソ連が発行した1977年憲法(ブレジネフ憲法)1周年の小型シートで、切手部分に取り上げられているクレムリンの手前に架かっているのが、今回の凶行の現場となったボリショイ・カメンニ橋です。

 切手の題材となった1977年憲法は、1936年憲法(スターリン憲法)に代わるものとして、1977年10月7日、ソヴィエト連邦最高会議 第9回会議第7回特別セッションで決定されました。

 同憲法は前文で「プロレタリア独裁の目的は既に達成され、ソヴィエト国家は全人民の国家となった」と宣言。1936年憲法の規定に28以上の条項を追加しているほか、中央の連邦政府と各共和国政府の間の責任分担(共和国の司法権の範囲や行政部門の規制など)が規定されています。また、連邦を構成する各共和国に対して、連邦から脱退する権利を定めている点は1936年憲法と同様ですが、この条項は、後に、ソ連崩壊時の各共和国の独立の法的な根拠となりました。

 さて、今回、射殺されたネムツォフ元第1副首相は、1959年10月9日、2014年に五輪が開催されたソチ生まれ。ソ連末期の1990年、ロシア共和国人民代議員に当選し、政界入りし、1991年8月の保守派クーデターでは、エリツィン・ロシア大統領を支持しました。ソ連崩壊後は、エリツィンによって、ニジニ・ノヴゴロド州行政長官(のちに知事)に任命され、同州の地方行政で成果を上げ、注目されました。1997年、エリツィン政権下で連邦政府の第一副首相(住宅建設政策及び独占禁止政策担当)に登用され、燃料・エネルギー相を兼任しましたが、1998年のロシア金融危機の責任を取ってキリエンコ内閣が退陣すると、第一副首相を解任されました。

 その後、改革派、リベラル派を結集した右派連合(右派勢力同盟)の創設に参加。1999年12月の下院国家会議選挙に当選し、2000年1月、下院副議長に選出されました。

 しかし、プーチン政権発足後の2003年12月の下院国家会議選挙では、右派勢力同盟は惨敗。同盟の代表を辞任し、2004年2月には石油コンツェルン・ネフチノイの取締役に就任します。ただし、その後も、プーチン政権に対しては批判的な活動を続け、2008年11月25日にはサンクトペテルブルクで開いた集会でのプーチン批判を理由に官憲に拘束されています。また、同年の大統領選挙(メドヴェージェフが当選した選挙です)の野党側の有力候補の一人とされていましたが、野党勢力の統一候補擁立のため、自身の立候補は取り下げています。
 
 2011年12月の下院選挙では、プーチンの強権的な手法を激しく批判する国民自由党(パルナス)の指導者の一人でしたが、パルナスの政党登録が法務省によって拒まれ、さらに、選挙そのものでも不正が指摘されたことから、野党勢力による反政府デモが行われ、その過程でネムツォフじしんも何度か逮捕されていました。

 報道によると、ネムツォフは、今回ご紹介の切手にも取り上げられているボリショイ・カメンニ橋の上をウクライナ国籍の女性と歩いていたところ、通りかかった白い車から背中に4発の銃弾を受けて亡くなったとのこと。じつは、ネムツォフはウクライナのオレンジ革命ではヴィクトル・ユシチェンコを支持し、ユシチェンコ政権の大統領経済顧問を務めていた経歴もあり、ウクライナの親西欧派との関係が深い人物で、あす(1日)予定されている、ロシアによるウクライナへの軍事介入に反対する大規模なデモの主催者の一人でもあります。したがって、今回の凶行もウクライナ問題に絡んでのこととみるのが自然なわけですが、そうであればなおさら、真相は藪の中ということで幕引きが図られてしまう可能性も高そうです。まさに、おそロシア、ですな。

 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 毎月1回(原則第1火曜日:3月3日、3月31日、4月7日、6月2日、7月7日、8月4日、9月1日)、よみうりカルチャー(読売・日本テレビ文化センター)荻窪で下記の一般向けの教養講座を担当します。

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 次回開催は3月3日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』 3月25日発売! ★★★ 

         日の本切手 美女かるた・表紙 税込2160円

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 本書のご注文はこちら(出版元の予約受付サイトです)へ。内容のサンプルはこちらでご覧になれます。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | ソ連:ブレジネフ時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 切手に見るソウルと韓国:大関嶺羊牧場 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  泰国郵便学(35)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/