内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 テュニス・バルドー博物館
2015-03-19 Thu 12:24
 テュニジアの首都テュニス郊外の国立バルドー博物館で、きのう(18日)、数人の武装グループによる襲撃事件が発生し、日本人を含む外国人観光客ら少なくとも19人が死亡、多数の負傷者が出ました。亡くなられた方のご冥福をお祈りしつつ、今日はこの切手をご紹介します。(画像はクリックで拡大されます)

       テュニジア・バルドー博物館(1947)

 これは、1947年、フランス保護領時代のテュニジアで発行された5フラン切手で、今回の事件の舞台となったバルドー博物館所蔵のネプテューンのモザイク画が取り上げられています。

 バルドー博物館の建物は、もともと、13世紀にこの地を支配していたハフス朝の宮殿として建てられたもので、改修の後、19世紀にはテュニジアを統治していたベイの宮殿として用いられていました。

 その後、フランスによる保護領化の過程で、1882年にフランス当局によって接収され、1888年に博物館として開館しました。当初、博物館の正式名称は、当時のテュニジアのベイであったアリー3世にちなみアラウィー博物館でしたが、やがて、所在地にちなんでバルドー博物館の呼称が定着し(今回ご紹介の切手も“バルドー美術館”との表示が見えます)、1956年の独立を機に、バルドー美術館が正式名称となりました。

 博物館は3階建てで34の展示室があり、古代ローマ時代のモザイク(今回ご紹介の切手に取り上げられているのも1尾のうちの1点です)に関しては、世界的なコレクションを所蔵していることで知られており、内外から多くの参観者を集めています。今回の事件での犠牲者に、日本人のみならず、ポーランド、イタリア、ドイツ、スペイン人観光客が含まれているのもそうした事情によるものです。

 さて、テュニジアでは、2011年のベン・アリー政権崩壊後、民主化プロセスが進められ、昨年(2014年)末には、ベジ・カイドセブシ新大統領が就任しました。しかし、民主化の副作用として、軍・警察の力が制限されたことで、治安が悪化したほか、周辺諸国からイスラム過激派も流入しており、今回の事件に関しても、当局はイスラム過激派による犯行との見方を強めているようです。

 今回の事件の犯人グループは、博物館に隣接する国民議会議事堂を襲撃した後、博物館を襲撃し、逃げ遅れた観光客らを人質に立てこもっていました。数時間後、現地の治安部隊は実行犯のうち2人を射殺したものの、銃撃戦で、17人の外国人と、2人のチュニジア人が死亡し、50人程度が負傷、犯人グループの一部は現在なお逃走中とのことです。これ以上の犠牲を拡大させないためにも、一刻も早く、逃走犯が逮捕されることを願うばかりです。


 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 毎月1回(原則第1火曜日:3月31日、4月7日、6月2日、7月7日、8月4日、9月1日)、よみうりカルチャー(読売・日本テレビ文化センター)荻窪で下記の一般向けの教養講座を担当します。(下の青い文字をクリックしていただくと、よみうりカルチャーのサイトに飛びます)

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 次回開催は3月31日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』 3月25日発売! ★★★ 

         日の本切手 美女かるた・表紙 税込2160円

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 本書のご注文はこちら(出版元の予約受付サイトです)へ。内容のサンプルはこちらでご覧になれます。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | テュニジア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 日の本切手 美女かるた | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  世界の国々:コンゴ共和国>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/