内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 きちんと学ぼう!ユダヤと世界史(新番組)
2015-04-02 Thu 12:39
 インターネット放送・チャンネルくららにて、きのう(1日)から、内藤がレギュラー出演する新番組「きちんと学ぼう!ユダヤと世界史:ユダヤ陰謀論を叱る」がスタートしました。というわけで、きょうは、新番組スタートのご挨拶を兼ねて、この切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます。昨日配信分はこちらをクリックしてご覧ください)

        セルビア・反メイソン博覧会

 これは、1942年1月1日、セルビアで発行された“反フリーメイソン博覧会”の記念切手の1種で、“ユダヤと結託したフリーメイソン”を打倒するとして、民族服姿のセルビア人がダヴィデの星を踏みつけながら、フリーメイソンを象徴する柱を打ち破っている絵が描かれています。ちなみに、“反フリーメイソン博覧会”は1941年10月22日から開催されたイベントで、切手の寄附金は反フリーメイソン宣伝の資金として使われました。

 さて、ユダヤ人が世界征服を企んでいるとする“ユダヤ陰謀論”のルーツは、1903年、『シオン賢者の議定書』が世に出たことで人口に膾炙することになりました。その後、同書は帝政ロシアの秘密警察が、皇帝に対する民衆の不満をそらすために作った偽書で、内容についても全く根拠のない捏造であることが確認されています。しかし、『シオン賢者の議定書』は偽書であるという事実を突き付けられたヒトラーが「偽書かも知れないが、内容は本当だ」と擁護し、反ユダヤ主義を撤回することがなかったのと同様に、いったん定着してしまった”ユダヤの陰謀”のイメージを払拭するのはなかなか容易ではないようです。

 一方、フリーメイソンは、ロータリークラブなどのモデルになったともいわれる友愛団体で、組織としては特定の宗教を奉じるわけではなく、宗教や国家の枠を超え、商業や文化のネットワークを介して、理性や自由博愛の思想を掲げて交流する互助組織だったわけですが、近代以前の世界では、そうした主義主張や活動は“危険思想”とみなされており、実際に生命の危険もあったため、秘密結社の形態をとらざるを得なかったという側面があります。なお、フリーメイソンは、会員資格として何らかの信仰を持っていることを要求しており、その結果として、ユダヤ教徒の会員もいるでしょうが、上述のように、ユダヤ(教)の組織ということはありえません。

 ただし、秘密結社であったことに加え、メンバーの中にフランス革命時に革命派が少なからずいたこと、さらに、社会的な地位の高い人たちの集まり(=体制を変革する能力があると見られる人たち)であったことなどから、フリーメイソンに否定的な人たちは“体制転覆をたくらむ陰謀組織”というイメージで彼らのことを語り、それが、一般にもある程度浸透してしまったというのが実情です。

 このように、ユダヤ陰謀論とフリーメイソン陰謀論は、もともとは全く別のモノでしたが、いつしか“陰謀”というくくりで関連性のあるものとして語られるようになり、ユダヤ人迫害政策を推進したヒトラー政権も、フリーメイソンをユダヤの関連団体とみなして弾圧しました。第二次大戦中、枢軸陣営の一角としてナチス・ドイツと同盟関係にあったセルビアも、ナチスのフリーメイソン=ユダヤ説に同調し、今回ご紹介したような切手を発行してしまったというわけです。

 さて、今回スタートした新番組「きちんと学ぼう!ユダヤと世界史」は、“ユダヤ陰謀論を叱る”との副題がついているように、何でもかんでもユダヤの陰謀と言いたがる人たちに対して、ユダヤ人ないしはユダヤ教徒の歴史をきちんとおさらいすることで、世界史に対する理解と教養を深めようというのが目的です。巨大なテーマゆえ、いささか、僕の手には余るような気がしますし、いろいろと至らぬ点も多いかもしれませんが、いわゆる“放射脳”や安易な“在日認定”などが蔓延する中、安易な陰謀論がどれだけ社会にとってダメージを与えるのかということを考えるきっかけにしていただければ幸いです。

 なお、配信は毎週水曜日の18:00を予定しておりますので、来週以降もご贔屓のほど、よろしくお願いいたします。


 ★★★ イベントのご案内 ★★★

 ・4月4日(土) 09:30- 切手市場
 於 東京・日本橋富沢町8番地 綿商会館
 詳細は主催者HPをご覧ください。新作の『日の本切手 美女かるた』を中心に、拙著を担いで行商に行きます。 会場ならではの特典もご用意しております。ぜひ遊びに来てください。

 ・4月25日(土) 11:00-12:00 スタンプショウ
 於 東京都立産業貿易センター台東館(浅草) 特設会場
 出版記念のトークを行います。入場は完全に無料ですので、ぜひ、遊びに来てください。スタンプショウについての詳細はこちらをご覧ください。

 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 毎月1回(原則第1火曜日:4月7日、6月2日、7月7日、8月4日、9月1日)、よみうりカルチャー(読売・日本テレビ文化センター)荻窪で下記の一般向けの教養講座を担当します。(下の青い文字をクリックしていただくと、よみうりカルチャーのサイトに飛びます)

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 次回開催は4月7日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』 3月25日発売! ★★★ 

         日の本切手 美女かるた・表紙 税込2160円

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | セルビア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< ケニアの大学で銃乱射事件 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  世界の国々:モルディヴ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/