内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 見返り美人の着物
2015-04-20 Mon 15:33
 今日(20日)は日本の郵便創業の記念日で、「切手趣味週間」の記念切手が発行される日です。というわけで、数ある趣味週間切手の中から、この切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

        見返り美人(1991)

 これは、1991年の切手趣味週間のうち、菱川師宣の「見返り美人」を取り上げた1枚です。「見返り美人」といえば、1948年に発行された切手が有名ですが、1948年の切手が単色刷なのに対して、今回ご紹介の切手はカラーでオリジナルの色をそのまま再現しています。

 浮世絵の祖と言われることもある菱川師宣ですが、彼はもともとは絵師ではなく、刺繍と金銀の箔で布地に装飾を施す“縫箔師”でした。その経験を生かして、彼が描いた江戸の女性は、榎本其角が編んだ俳諧集『虚栗』で服部嵐雪が「菱川やうの吾妻俤」と詠むほど持てはやされました。

 ところで、嵐雪の句は其角の発した「山城の吉弥結びに松もこそ」に応じたものですが、ここでいう吉弥結びは、延宝年間(1673-81)、女形の人気役者・初代上村吉が考案した帯の結び方です。1丈2尺の帯を後ろで片結びにするもので、結び目の両端を犬の耳のように垂らしたスタイルは、それまで6尺5寸の規格品しかなく、ただ横に結ぶだけだった女帯のスタイルに革命をもたらしました。

 今回ご紹介の切手に取り上げられた「見返り美人」では、この吉弥結びを中心に、娘の着物が細かく描かれている点が特に注目されます。

 すなわち、娘の振袖は、緋色に花の地文を織りだした綸子に、桜と菊の花丸模様を刺繍で表わしたものですが、大型の桜と菊の花丸模様は貞享年間(1684-87)に流行したものです。桜の花丸は、金糸による大桜を中心に浅葱と小桜を周囲に配し、菊の花丸は金糸縫いの菊花を巡らせた中央を鹿の子絞りで埋めており、まさに、縫箔師としてスタートした師宣ならではの緻密な描写といえましょう。

 なお、この絵は現在、「見返り美人」という題名が定着しているが、これは近代に入ってからの命名で、原題は不明です。
じっさい、着物に費やしたエネルギーに比べて、娘の顔の描き方は至極淡白で、師宣の意識では“美人”がこの絵の主役だったとは、僕には思えません。むしろ、着物を美しく見せるために、歩みの途中で後方に視線を送る姿を描いていることからも、やはり、この絵の主役は吉弥結びの振袖とみるべきではないかと思います。

 さて、拙著『日の本切手 美女かるた』では、「見返り美人」についても、作者・師宣の縫箔師としての側面にスポットを当てて、コラムを書いてみました。機会がありましたら、ぜひ、お手に取ってご覧いただけると幸いです。


 ★★★ イベントのご案内 ★★★

 ・4月25日(土) 11:00-12:00 スタンプショウ
 於 東京都立産業貿易センター台東館(浅草) 特設会場
 出版記念のトークを行います。入場は完全に無料ですので、ぜひ、遊びに来てください。スタンプショウについての詳細はこちらをご覧ください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』 発売! ★★★ 

         日の本切手 美女かるた・表紙 税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | 日本:平成 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< “ナチス最後の裁判”初公判 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  泰国郵便学(36)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/