内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 世界の国々:ルワンダ
2015-05-20 Wed 10:36
 アシェット・コレクションズ・ジャパンの週刊『世界の切手コレクション』2015年5月20日号が、先週刊行されました。僕が担当しているメイン特集「世界の国々」のコーナーは、今回はルワンダの特集です。その記事の中から、この1点をご紹介します。(画像はクリックで拡大されます)

      ルワンダ・占領加刷葉書   ルワンダ・占領加刷葉書(裏)

 これは、ベルギー占領下のドイツ領東アフリカ・キガリ(ルワンダの首都)での閲兵風景を取り上げた官製絵葉書と、その裏面です。

 現在のルワンダ国家に相当する地域は、1350年頃に創建されたといわれるルワンダ王国が長らく支配していました。1897年、この地は、現在のブルンディタンガニーカ(タンザニアの大陸部)に相当する地域とともに“ドイツ領東アフリカ”に編入され、ルワンダ王室はドイツ支配下の在地領主となりました。

 第一次大戦が勃発すると、ドイツ領東アフリカのうち、現在のブルンディとルワンダに相当する部分は1916年にベルギー軍が占領し、戦後、“ルアンダ=ウルンディ”として正式にベルギー領になります。ただし、在地領主としてのルワンダ王室の地位は維持されました。

 今回ご紹介の葉書は、こうした状況の下で発行されたもので、印面はベルギー領コンゴに“ベルギー占領 ドイツ領東アフリカ”の文字が加刷されています。

 さて、ベルギー支配下のルワンダ王国では、人口の85%がフツ、14%がツチ、トゥワ(ピグミーとも)が人口の1%という構成になっていました。もともと、フツとツチは同じ言語を話し、フツが農耕を、ツチが遊牧を主たる生業としていた程度の違いしかなかったといわれていますが、ベルギーによる植民地支配下では、分割統治として王家と同じツチが優遇されていました。

 これに応えて、ルワンダ王のムタミ3世もカトリックに改宗するなど、親ベルギーの姿勢を鮮明にしていましたが、1959年7月25日、ムタミ3世がベルギー人医師によるワクチン接種を受けた直後に死亡。王位を継承したキゲリ5世は兄である先王の死は毒殺であるとしてベルギーを批難。ベルギー当局と激しく対立するようになります。

 一方、ルワンダでの独立運動は、少数派であるツチの支配からフツの解放を唱えるムボニュムトゥワやカイバンダらがパルメフツ(フツ解放運動)を組織して主導していましたが、キゲリ5世とベルギー当局の関係が悪化した機会をとらえて、1959年、パルメフツは“革命”を起こしました。

 これに対して、ベルギーはルワンダに軍政を施行するとともに、キゲリ5世を抑えるため、“革命”を支援。追い詰められたキゲリ5世は、事態の打開に向けて、1961年、国際連合事務総長ダグ・ハマーショルドとの会談のためにキンシャサへ外遊すると、その隙をついて、ムボニュムトゥワはベルギー政府の支援を受けてクーデターを敢行。王政を廃止し、“民主的主権国家ルワンダ共和国”の樹立を宣言するとともに、自ら暫定大統領に就任します。

 こうした経緯を経て、1962年に行われた大統領選挙では、フツ系のカイバンダが当選し、1962年7月1日、ルワンダ共和国は正式に独立しました。

 さて、『世界の切手コレクション』5月20日号の「世界の国々」では、ルワンダ近現代史の概論として、植民地時代と大虐殺の時代についてまとめているほか、主要産業のコーヒー、民族楽器、フランス人の建てたルワンダ最初の教会を描く切手などもご紹介しております。機会がありましたら、ぜひ、書店などで実物を手に取ってご覧いただけると幸いです。

 なお、本日発売の5月27日号では、「世界の国々」はバングラデシュを特集していますが、こちらについては、来週、このブログでもご紹介する予定です。
 
 
 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | ルワンダ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< パルミラ美人を守れ! | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  1400年前のワイン圧搾遺跡発見>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/