内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 プルリス
2015-05-25 Mon 23:58
 きのう(24日)、マレーシア北部、タイとの国境地帯に近いプルリス(ペルリスとも)州内で、人身売買の被害者とみられる数百人の遺体が30カ所の集団墓地に埋葬されているのが発見されていたことが明らかになりました。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

       英領マラヤ・プルリス

 これは、1951年、英領マラヤのプルリスで発行された5ドル切手です。プルリスでの独自の切手発行は、1948年に発行された国王銀婚式の記念切手(英領共通図案)が最初でしたが、プルリスとして独自の図案の切手は、今回ご紹介の切手を含む普通切手15種のセットが最初となります。

 プルリス州はマレーシア最北端に位置し、タイのサトゥーン県およびソンクラー県と国境を接しています。もともとはタイ領でしたが、1909年の英タイ条約により、英保護民の治外法権撤廃の代償として、クダクランタン、トレンガヌとともに英国保護領として割譲されました。現在の人口はおよそ20万人で、面積としてはマレーシア最小の州です。

 さて、切手に描かれているのはスルターン(地方君主)のサイイド・プトラです。

 プトラは、1920年生まれ。プルリスの第4代スルターン、サイイド・アルウィ・ビン・アルマルフム・サイイド・サフィ・ジャマールッラーリーには嗣子がなかったため、1943年に彼が亡くなると、日本軍の占領下で義弟のサイイド・ハムザが第5代スルターンとなりました。しかし、1945年9月、英国によるマラヤ支配が復活すると、サイイド・ハムザは廃位され、同年12月、第3代スルターン、サイイド・アルウィ・ビン・アルマルフム・サイイド・サフィ・ジャマールッラーリーの孫であったプトラが、第6代スルターンとして擁立されました。

 その後、プトラは1961-65年にはマラヤ連邦(1957年発足)のアゴンに就任。この間、1963-65年には、シンガポールがマラヤ連邦と合流して、マレーシア連邦が結成されていたため(シンガポールは1965年に連邦を離脱)、形式的には、シンガポールが国家元首として戴いた唯一のアゴンとなりました。その後、2000年に亡くなるまで、プルリスのスルターンとしてはその地位にとどまりました。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | 英領マライ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< ガラパゴス島の郵便 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  アイルランドで同性婚承認>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/