FC2ブログ
内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 プエルト・リコがデフォルト宣言
2015-06-30 Tue 15:36
 米自治領プエルト・リコは、29日(現地時間)、「700億ドル(約8兆6000億円)に上る負債を返済できない」として、事実上のデフォルト(債務不履行)宣言をしました。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      プエルトリコ・コロンブス400年

 これは、1893年、スペイン領時代のプエルト・リコで発行された“コロンブス上陸400年”の記念切手、コロンブスの上陸場面が描かれています。切手は、発行日の1893年11月19日に差し立ての国内便のみに有効という特異なものですので、フィラテリックではない(まともな)実逓便を探すのは、ほぼ絶望的でしょうな。

 さて、現在プエルト・リコ島は、ヨーロッパ人の到来以前は先住民のタイノ族の言葉でボリケン またはボリンケンと呼ばれていました。1493年11月19日、ここに上陸したコロンブスはサン・ファン(現在の首府)に入港した際、その美しさに感銘を受けて、この島をスペイン語で“豊かな、または美しい港”という意味の“プエルト・リコ”と」命名したとされています。

 切手や郵便に関しては、1856年以降、“スペイン領アンティル諸島”の切手(スペイン領キューバと同プエルトリコの共通切手)が用いられていましたが、1873年以降、プエルト・リコとして独自の切手が使用されるようになりました。しかし、1898年、米西戦争が勃発するとプエルト・リコは米軍に占領され、戦後は米領となります。これに伴い、1899年3月15日以降、米本土の切手に当初は“PORTO RICO”、後に“PUERTO RICO”と加刷した切手が発行されましたが、1900年7月、プエルトリコ民政府の設立(これにより、1898年の自治政府は解体)とその自治内容を定めたフォラカー法が成立すると、独自の加刷切手発行は停止され、米本国切手がそのまま無加刷で使われるようになりました。

 さて、今回のプエルト・リコのデフォルトは、2008年のリーマン・ショック以降、プエルト・リコ経済立て直しが進まず、負債を返済するためにさらに借金を重ねるという悪循環が行きついた結果なのですが、その“プエルト・リコ債”は、高金利の金融商品として米国の投資信託などが数多く保有しています。このため、プエルト・リコ債が償還されないという事態になれば、国際金融市場にも深刻な影響が生じるおそれがあるわけで、ギリシャ問題ともども、今後の推移が大いに気がかりです。

 * 昨日、カウンターが153万PVを超えました。いつも閲覧していただいている皆様には、この場をお借りして、お礼申し上げます。


 ★★★ 全日本切手展+韓国切手展のご案内 ★★★ 

 7月17-19日(金ー日) 東京・錦糸町のすみだ産業会館で全日本切手展(全日展)ならびに日韓国交正常化50周年記念・韓国切手展が開催されます。詳細は、主催団体の一つである日本郵趣連合のサイト(左側の“公式ブログ”をクリックしてください)のほか、フェイスブックのイベントページ(全日展はこちら、韓国切手展はこちら)にて、随時、情報をアップしていきますので、よろしくお願いいたします。

      全日展チラシ  全日展チラシ(裏)

 *画像は全日展実行委員会が制作したチラシです。

 
 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | プエルト・リコ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 世界の国々:マダガスカル | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  ギリシャ国立銀行最大の資産>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/