内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 スレブレニツァ虐殺事件
2015-07-09 Thu 16:48
 1995年7月、内戦下のボスニア・ヘルツェゴヴィナで起きたスレブレニツァ事件から20年になるのを機に、昨日(8日)、国連安全保障理事会は8日、事件をジェノサイド(大量虐殺)として非難する決議案を採決しましたが、常任理事国ロシアが拒否権を行使し、否決されました。というわけで、今日は、この切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      ボスニア・スレブレニツァ事件10周年

 これは、2005年、ボスニア・ヘルツェゴヴィナで発行されたスレブレニツァ事件10周年の記念切手です。

 1989年の東欧革命の余波でユーゴスラヴィアでも共産党の一党独裁体制が崩壊し、1990年には自由選挙が実施されました。その結果、連邦を構成していた各共和国にはいずれも民族色の強い政権が誕生。 1991年6月にはスロヴェニアとクロアチアが連邦からの独立を宣言。セルビアが主導する連邦軍とスロヴェニアとの間に10日間戦争、クロアチアとの間にクロアチア紛争が勃発し、ユーゴスラヴィア紛争が始まりました。

 さらに、1992年3月、ボスニア・ヘルツェゴビナが独立を宣言すると、独立に反対するセルビア人と独立賛成派のクロアチア人・ボシュニャク人(ムスリム人)の対立が軍事衝突に発展。ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争(以下、ボスニア紛争)が起こります。ボスニア・ヘルツェゴビナにはセルビア人とクロアチア人も相当数居住していたため、セルビア、クロアチア両国が介入し、ボスニア紛争は泥沼化していきました。

 こうした状況の下で、ボスニア東部の町スレブレニツァは、セルビア人勢力の支配下でムスリム住民4万人が生活する飛び地のような格好になっていたため、国連保護軍の安全地域に指定され、オランダ部隊が駐屯していました。ところが、国連保護軍の兵力は少数であったこともあり、セルビア人勢力の包囲により、この地域への物資の搬入は困難になり、市民の中には餓死者もでるようになっていました。

 こうして、スレブレニツァのムスリム住民が弱体化したのを見計らい、1995年7月11日頃から、セルビア人勢力がスレブレニツァに侵入を開始し、ムスリム住民に対する大規模な処刑や強姦、破壊が繰り返されました。犠牲になったムスリムの男子住民は約8000人ともいわれています。

 その後、ボスニア紛争は、1995年11月21日のデイトン合意によって終結しますが、これを受けて、紛争時の戦争犯罪として、同年11月、セルビア人勢力の政治指導者ラドヴァン・カラジッチ(ボスニア・ヘルツェゴヴィナの主要3民族のうち、セルビア人を主体とするスルプスカ共和国の当時の大統領)とラトコ・ムラディッチ(スルプスカ共和国軍参謀総長)が起訴されました。カラジッチの実際の逮捕は2008年、ムラディッチの逮捕は2011年のことでしたが、この間、国際戦犯法廷控訴審で真相の解明が進められ、2004年、旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷は事件をジェノサイドと認定。これを受けて、同年、スルプスカ共和国は、初めて虐殺を事実と認めるとともに謝罪しています。

 今回の国連決議案は、英国の主導により提出されたもので、事件を“ジェノサイド”として非難する内容に対して米英仏が賛成したものの、歴史的にセルビアとつながりの深いロシアが「一方だけ非難するのは地域の分断を生む」などとして拒否権を行使。中国は「議論のある決議案を採決することは和解に役立たない」などと棄権しました。ぜひとも、ロシアには、東アジアの一部の国が理不尽な日本批難を展開してきたときには、今回同様、そうした連中に対して「一方だけ非難するのは地域の分断を生む」と一喝していただきたいものですな。

 
 ★★★ 全日本切手展+韓国切手展のご案内 ★★★ 

 7月17-19日(金ー日) 東京・錦糸町のすみだ産業会館で全日本切手展(全日展)ならびに日韓国交正常化50周年記念・韓国切手展が開催されます。詳細は、主催団体の一つである日本郵趣連合のサイト(左側の“公式ブログ”をクリックしてください)のほか、フェイスブックのイベントページ(全日展はこちら、韓国切手展はこちら)にて、随時、情報をアップしていきますので、よろしくお願いいたします。

      全日展チラシ  全日展チラシ(裏)

 *画像は全日展実行委員会が制作したチラシです。

 
 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | ボスニア・ヘルツェゴヴィナ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 小さな世界のお菓子たち:アイスの切手 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  世界の国々:モンゴル>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/