内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 あすから全日展(+韓国切手展)
2015-07-16 Thu 02:00
 あす(17日)から、東京・錦糸町のすみだ産業会館で全日本切手展(全日展)が開催されます。今回は併催の韓国切手展のほか、全日展としては、前島密生誕180年にちなみ、郵政博物館ならびに手嶋康さんのご協力を得て「郵便創業に関する史料一群」と題する展示を行います。その最大の目玉を展示に先立ちご紹介します。(画像はクリックで拡大されます)

      日本最古の切手貼りカバー

 これは、明治4年3月3日(西暦1871年4月22日。以下、日付は原則として旧暦)、水口郵便取扱所から大津宛に差し立てられた郵便物で、3月1日に発行されたばかりの龍文切手100文が1枚貼られています。この郵便物は、郵便創業初日の3月1日に東京を出発した逓送ルートに乗せられ、その途上で水口から継立で配送されたもので、日本の近代郵便創業後、最古の例であり、手嶋コレクションの名品として知られています。

 明治3年5月10日、租税権正であった前島密は、自ら望んで駅逓権正を兼任。就任早々、前島は、東京=京都間を往復する文書に関して、政府が莫大な逓送費を飛脚業者に支払っていることを知り、これを官業とすることで、政府の支出を抑えることを考えつき、6月2日、郵便創業に関する建議を民部・大蔵両省の会議に諮り、裁可を得ました。
 
 前島自身は、6月24日、大蔵大丞・上野影範の特別弁務官として英国への差遣を命ぜられ、横浜を出港してしまい、郵便創業の実務は留守を預かった杉浦譲によって進められることになります。

 杉浦は、9月24日、前島のプランに50文切手(実際に発行された切手の額面は九六勘定による48文)を追加して切手発行の計画をまとめ、この計画案は、11月28日の大蔵省議を経て正式に決定となり、大蔵省出納寮から京都の玄々堂松田敦朝宛に切手の製造が発注されました。

 このとき、発注された切手の枚数は、50文切手8万枚、100文切手14万枚、200文切手14万枚、500文切手7万枚の、計43万枚でしたが、さらに、年が明けて明治4年1月25日には、各額面同数ずつの追加発注が行われています。

 こうして、玄々堂は、明治4年3月1日の郵便創業に間に合わせるべく、86万枚もの切手の原版彫刻(シートの一枚一枚が全て手作業で彫刻された)と印刷を完了。これらの切手は2月中には開業予定の東海道筋65ヶ所の郵便役所・取扱所に配給され、開業1週間前の2月24日から発売が開始されました。今回ご紹介のカバーに貼られている切手も、その1枚だったわけです。

 さて、今回の全日展で展示予定の「郵便創業に関する史料一群」は、郵政博物館所蔵の文書史料を中心に、現在、重要文化財の申請を行うべく準備が進められているものの一部です。おそらく、申請は受理されることになると見られていますが、そうなると、資料の公開には種々の制約がかかるため、今回ご紹介のカバーも、国内の切手展での展示は困難になると思われます。したがって、貴重な資料の実物を間近にご覧いただけるのは、今回の全日展が最後となるかもしれません。ぜひ、この機会を逃さず、会場にお越しいただけると幸いです。
      
 
 ★★★ 全日本切手展+韓国切手展のご案内 ★★★ 

 7月17-19日(金ー日) 東京・錦糸町のすみだ産業会館で全日本切手展(全日展)ならびに日韓国交正常化50周年記念・韓国切手展が開催されます。詳細は、主催団体の一つである日本郵趣連合のサイト(左側の“公式ブログ”をクリックしてください)のほか、フェイスブックのイベントページ(全日展はこちら、韓国切手展はこちら)にて、随時、情報をアップしていきますので、よろしくお願いいたします。

      全日展チラシ  全日展チラシ(裏)

 *画像は全日展実行委員会が制作したチラシです。

 なお、内藤は、会期中の18日(土)11:00より、韓国切手展の展示解説を、16:00より「切手と郵便に見る韓国現代史と日本」と題する記念講演を行いますので、皆様、是非、遊びに来てください。
 
 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | 日本:明治 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< きょうから韓国切手展(+全日本切手展) | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  世界の国々:チリ >>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/