内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 ロイヤル・ダッチ・シェルの精油所
2015-07-31 Fri 10:11
 石油元売り国内2位の出光興産と同5位の昭和シェル石油は、きのう(30日)、経営統合することで基本合意し、まず出光が昭シェル親会社の英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルから33.3%の株を取得し、2016年をめどに統合をめざすことを発表しました。というわけで、きょうはロイヤル・ダッチ・シェルに絡んでこんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      パレンバン精油所襲撃絵葉書

 これは、日本軍の落下傘部隊がスマトラ島パレンバンにあったロイヤル・ダッチ・シェルの精油所を攻撃する場面を取り上げた絵葉書です。

 第二次大戦以前のオランダ領東インド(現インドネシア。以下、蘭印)の石油生産は、ロイヤル・ダッチ・シェル(実務を担当したのは子会社のバターフセ石油会社=BPM)、米国スタンダード・オイル社系のスタンダード・ヴァキューム石油会社(スタンバック)、オランダ太平洋石油会社(NPPM、現カルテックス)の3社体制で、3社による蘭印全体での石油の総生産量は年間800万トン。そのうち、パレンバン周辺地区での産出量は300万トンでした。ちなみに、当時のわが国の石油の年所要量は約500万トンです。
 
 さて、1940年以降、日米関係が悪化する中で、米国による対日資産の凍結(1941年6月)、石油の対日禁輸措置(同8月)などで追い詰められた日本は、石油を確保するため、蘭印、特にパレンバンの石油を確保するための南方作戦を立案。日米交渉の決裂により、1941年12月、いわゆる太平洋戦争(大東亜戦争)の勃発となります。

 ところで、パレンバンの市街地はムシ川の両岸に広がっており、河口からは約100キロの地点にあります。このため、河口から遡上して市内に上陸しようとすると、その間に、オランダ側は油田設備を破壊してしまう可能性がありました。そこで、日本の帝国陸軍は空挺部隊を用いて飛行場を制圧し、あわせて油田と精油所を奇襲攻撃して電撃的に占領するというプランを立てます。

 かくして、1942年2月14日、第1挺団が、陥落直前のシンガポールからたなびく黒煙で視界不良の中、パレンバンの油田・製油所と飛行場に対して落下傘で降下。翌15日午後には、第2悌団がパレンバン市街地南側の湿地に降下し、パレンバン市全域を占領し、肝心の油田と精油所もほぼ無傷で確保することに成功しました。これが、いわゆる“空の神兵”で、戦時歌謡や渡辺義美監督の映画の題名になったほか、数多くの戦争絵画にも取り上げられ、さらにその一部は、今回ご紹介の絵葉書などにも転用されています。

 ちなみに、“神兵”たちが降り立ったロイヤル・ダッチ・シェルの製油所は、現在、インドネシアの国有石油関連企業、プルタミナのプラージュ精油所となっています。2012年、僕は“神兵”の故地を見ようと精油所を訪ねて見学させてもらいました。敷地内は撮影禁止の場所も多かったのですが、下のような写真は撮ることができました。

       パレンバン・精油所風景

 なお、この時のレポートについては、拙著『蘭印戦跡紀行』でも1章を設けておりますので、機会がありましたら、ぜひご覧いただけると幸いです。
      

 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | 日本:昭和・1926~1945 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 世界母乳の日 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  レユニオンのローラン・ギャロス飛行>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/