内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 世界の国々:旧ユーゴスラヴィア
2015-10-17 Sat 11:35
 ご報告が遅くなりましたが、アシェット・コレクションズ・ジャパンの週刊『世界の切手コレクション』2015年10月14日号が先週刊行されました。僕が担当したメイン特集「世界の国々」のコーナーは、今回は旧ユーゴスラヴィアの特集です。その記事の中から、この1点をご紹介します。(画像はクリックで拡大されます)

      ユーゴスラヴィア・イヴァン・メシュトロヴィッチ

 これは、1963年にユーゴスラヴィアで発行された“イヴァン・メシュトロヴィッチの彫刻”の切手のうち、メシュトロヴィッチの代表作の一つ「母」を取り上げた1枚です。

 イヴァン・メシュトロヴィッチは、1883年、現在はクロアチア領となっているウルボルイェの農家に生まれました。1896年、スポラトで石工の徒弟となり、1899-1904年、ウィーンのアカデミーに学びました。ロダンやゼツェッシオン(分離派)の影響を受け、1818年の新国家成立後は、“ユーゴスラヴィア”の民族的表現を意識した作品を意欲的に制作しました。

 その作風は力強く明快で、早くも大正時代には日本でも詳しく紹介されるなど、世界的にも知られています。晩年は米国インディアナ州サウス・ベンドの近郊で過ごし、1962年、同地で亡くなりました。今回ご紹介の切手は、翌1963年に彼の追悼切手として発行されたものです。

 さて、 『世界の切手コレクション』10月14日号の「世界の国々」では、ティトー時代のユーゴスラヴィアと旧ユーゴスラヴィアの崩壊過程を扱った長文コラム2本のほか、軍需産業のザスタヴァ、“東欧のグランドキャニオン”と呼ばれるタラ渓谷、サライェヴォ五輪、ダルメシアンなどの切手をご紹介しています。機会がありましたら、ぜひ、書店などで実物を手に取ってご覧ください。

 なお、次回の僕が担当する「世界の国々」は、1週お休みをいただいて、10月21日発売の10月28日号でのタイの特集になります。こちらについては、10月28日以降、このブログでもご紹介する予定です。

 * 昨日(16日)、栄中日文化センターで開催された講座「アウシュヴィッツの手紙」は、無事、盛況のうちに終了いたしました。お集まりいただいた皆様ならびにスタッフの方々には、この場をお借りして、あらためてお礼申し上げます。ありがとうございました。


 ★★★ <JAPEX> トークイベントのご案内 ★★★

   アウシュヴィッツの手紙・表紙  ペニーブラック表紙   

 東京・浅草で開催される全国切手展<JAPEX>会場内で、下記の通り、拙著『アウシュヴィッツの手紙』ならびに『英国郵便史 ペニー・ブラック物語』の刊行記念のトークイベントを予定しております。よろしかったら、ぜひ遊びに来てください。なお、詳細は主催者HPをご覧いただけると幸いです。

 ・10月30日 15:30~ アウシュヴィッツの手紙
 ・11月1日  14:00~ 英国郵便史 ペニーブラック物語


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『アウシュヴィッツの手紙』  予約受付中! ★★★ 

       アウシュヴィッツの手紙・表紙 税込2160円

 【出版元より】
 アウシュヴィッツ強制収容所の実態を、主に収容者の手紙の解析を通して明らかにする郵便学の成果! 手紙以外にも様々なポスタルメディア(郵便資料)から、意外に知られていない収容所の歴史をわかりやすく解説。

 11月上旬刊行予定ですが、現在、版元ドットコムならびにアマゾンで予約受付中ですので、よろしくお願いします。

 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | ユーゴスラビア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 韓国海軍、自衛隊観艦式に参加 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  講座「アウシュヴィッツの手紙」 本日開催!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/