内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 鬲昆・キルギス・クルグズ
2015-10-27 Tue 13:25
 中央アジア歴訪中の安倍首相は、きのう(26日)、キルギスを訪問してアタムバエフ大統領と会談し、幹線道路の整備や空港の機材充実のため、計130億円超の政府開発援助(ODA)を供与することで合意しました。日本の総理大臣がキルギスを訪問するのはこれが初めてです。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      キルギス・史記

 これは、2003年にキルギスタンが発行した“史記”の切手です。

 キルギスという名称は、ロシア語に基づく表記で、言語の発音を日本語で表示するとクルグズになります。その語源は、諸説があるが、“(伝説の王マナスに率いられた)40(クルグ)の部族(ウズ)”に由来すると説明されることが多いようです。

 旧ソ連時代の国名はキルギス・ソヴィエト社会主義共和国でしたが、独立時にキルギスタン(クルグズスタン)共和国と改称し、1993年の憲法改正により現行のキルギス(クルグズ)共和国となりました。ただし、その後も同国政府はキルギスタンとの通称を日常的に用いており、切手の表示もキルギスタンのままですので、ここでは、キルギスないしはキルギスタンの表記で話を進めたいと思います。

 さて、民族集団としてのキルギス人は、古くから中国の史書にもさまざまな表記で記録されて降り、今回ご紹介の切手にも示しているように(漢字が簡体字なのはご愛嬌ですが)、司馬遷の『史記』「匈奴列伝」には“鬲昆”として登場します。なお、『史記』に登場する“キルギス人”は南シベリアのイェニセイ川上流域で遊牧生活を行っており、天山山脈、パミール・アライ方面を拠点とする現在のキルギス人の祖先か否かは議論が分かれています。

 ロシア帝国の時代、西トルキスタンはトルキスタン総督府の支配下に置かれており、現在のキルギス国家の領域は、北部はセミレチエ州、南部はフェルガナ州の一部となりました。

 トルキスタン総督府の支配下で、セミレチエ州はロシア人農民の入植地となっていましたが、第一次大戦後中の1916年、戦時動員に対する反発から中央アジア全域で大規模な反乱が発生すると、セミレチエ州では、キルギス人とロシア人の間で大規模な衝突が発生し、流血の惨事が発生します。

 さらに、1917年のロシア革命後、旧トルキスタン総督領ではトルキスタン自治政府が成立しましたが、自治政府は赤軍の攻撃により崩壊。1918年2月、ソヴィエト共和国としてトルキスタン自治共和国が成立し、モスクワから派遣されたトルキスタン委員会の指導下に置かれました。

 1922年末にソヴィエト社会主義共和国連邦が成立すると、中央アジアでは民族別の領域区分が導入されることになり、1924年、民族・共和国境界画定が行われます。これにより、キルギス人の居住地域は、ロシア共和国に帰属するカラ・キルギス自治州とされました。カラ・キルギス自治州は、1925年にはキルギス自治州に改称され、1926年にキルギス社会主義自治共和国にとなります。その後、1936年、自治共和国は、ソ連邦の構成共和国として、キルギス・ソヴィエト社会主義共和国に昇格しました。

 ソ連末期、ペレストロイカの進展により各地で民族対立が噴出したが、キルギス南部のオシュでは、1990年6月4日、キルギス人とウズベク人の衝突により、600人以上の死者・行方不明者と4000人以上の負傷者が発生。これを機に、既存の共産党体制に対する住民の不満が高まり、同年10月に行われた共和国最高会議では、キルギスタン共産党第一書記のアブサマト・マサリエフを破って、民主派の支持を受けたキルギス科学アカデミー総裁のアスカル・アカエフが当選します。アカエフは、1991年8月のソ連保守派によるクーデターに反対し、8月31日、キルギスタン共和国のソ連からの独立を宣言。こ卯して、現在のキルギス国家が誕生しました。


 ★★★ <JAPEX> トークイベントのご案内 ★★★

   アウシュヴィッツの手紙・表紙  ペニーブラック表紙   

 東京・浅草で開催される全国切手展<JAPEX>会場内で、下記の通り、拙著『アウシュヴィッツの手紙』ならびに『英国郵便史 ペニー・ブラック物語』の刊行記念のトークイベントを予定しております。よろしかったら、ぜひ遊びに来てください。なお、詳細は主催者HPをご覧いただけると幸いです。

 ・10月30日 15:30~ アウシュヴィッツの手紙
 ・11月1日  14:00~ 英国郵便史 ペニーブラック物語


 ★★★ イベントのご案内 ★★★ 

 ・11月7日(土) 09:30- 切手市場
 於 東京・日本橋富沢町8番地 綿商会館
 詳細は主催者HPをご覧ください。新作の『アウシュヴィッツの手紙』ならびに『ペニー・ブラック物語』を中心に、拙著を担いで行商に行きます。 会場ならではの特典もご用意しております。ぜひ遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『アウシュヴィッツの手紙』  予約受付中! ★★★ 

       アウシュヴィッツの手紙・表紙 税込2160円

 【出版元より】
 アウシュヴィッツ強制収容所の実態を、主に収容者の手紙の解析を通して明らかにする郵便学の成果! 手紙以外にも様々なポスタルメディア(郵便資料)から、意外に知られていない収容所の歴史をわかりやすく解説。

 11月上旬刊行予定ですが、現在、版元ドットコムamazonhontoネットストア新刊.netの各ネット書店で予約受付中ですので、よろしくお願いします。

 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | キルギス | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 世界の国々:タイ | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  ナヴォイ劇場>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/