内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 世界の国々:コモロ
2015-11-12 Thu 12:02
 アシェット・コレクションズ・ジャパンの週刊『世界の切手コレクション』2015年11月11日号が先週刊行されました。僕が担当したメイン特集「世界の国々」のコーナーは、今回はコモロの特集です。その記事の中から、この1点をご紹介します。(画像はクリックで拡大されます)

      コモロ・パペット

 これは、1980年に発行されたアンジュアン島(現地語名:ンズワニ)のパペットの切手です。

 インド洋のコモロ諸島は、グランドコモロ島、アンジュアン島、モヘリ島、マヨット島で構成されていますが、このうち、国家としてのコモロ連合(以下、コモロ)は、フランスの海外領土となっているマヨット島を除く3島を領土としています。

 このうち、アンジュアン島は古くから単一の王朝が支配しており、17世紀初頭以来、英国とオランダが来航し、スエズ運河の開通まで、東方貿易の重要な中継地となっていました。ところが、1886年、コモロ諸島全域がフランスの支配下に入ると、域内最大のグランドコモロ島のプレゼンスが突出することになり、アンジュアン島は事実上、属国のような扱いとなってしまいました。

 当然のことながら、アンジュアン島の住民はグランドコモロ島に対する不満を持っていたため、独立後の1978年、コモロ政府は各島に自治権を与えて連邦制を導入するとともに、国名を“コモロ・イスラム連邦共和国”に変更するなどの懐柔策を取りましたが、実際にはグランドコモロ島に政治権力と予算が集中する状況は改善されませんでした。

 今回ご紹介の切手は、こうした状況の下で、連邦政府として、アンジュアン島を重視する姿勢を示すために発行されたものです。ちなみに、アンジュアン島では民族衣装のシロマニ(女性の身体を覆う布。多くのアラブ諸国のように黒や地味な色彩ではなく、華やかなプリントが施されているのが特徴)の生産が盛んで、その応用として、シロマニをまとった片手遣い人形(パペット)が民芸品として作られています。

 ところで、もともと産業が乏しかったことに加え、クーデターが頻発して政権が安定しなかったコモロでは、1997年、連邦の国家財政が破綻。これにより、公務員の給与未払の状態が続いたため、アンジュアン島ではグランドコモロ島への不満が爆発し、抗議行動が頻発するようになります。

 これに対して、同年3月、連邦政府はデモ隊鎮圧のため、アンジュアン島へ軍隊を派遣し、デモ隊の国民に死傷者が発生したため、アンジュアン島はコモロからの分離と仏領への復帰を要求し、モヘリ島もこれに続きました。

 これに対して、連邦政府は独立運動を武力で抑え込もうとしたものの失敗。その一方で、フランス側が2島の仏領への復帰も拒絶したため、事態は膠着化。結局、2001年、アフリカ統一機構(現アフリカ連合)の調停により、停戦合意として“フォンボニ協定”が調印され、新憲法を採択して国号は“コモロ連合”に変更され、3島にそれぞれ自治政府と大統領を置き、連合政府の大統領は4年ごとの輪番制とするとの妥協が成立しましたが、その後も、不安定な政治状況が続いています。

 さて、 『世界の切手コレクション』11月11日号の「世界の国々」では、仏領時代からのコモロの近現代史についての概論のほか、シーラカンスやモスクなどを取り上げた切手もご紹介しています。機会がありましたら、ぜひ、書店などで実物を手に取ってご覧ください。

 なお、僕が担当する「世界の国々」は、1週お休みをいただいて、次回は11月18日発売の11月25日号でのホンジュラスの特集になります。こちらについては、11月25日以降、このブログでもご紹介する予定です。


 ★★★ 内藤陽介の新刊  『ペニー・ブラック物語』 のご案内 ★★★ 

       ペニーブラック表紙 2350円+税

 【出版元より】
 若く美しい女王の横顔に恋しよう!
 世界最初の切手
 欲しくないですか/知りたくないですか

 世界最初の切手“ペニー・ブラック”…名前は聞いたことがあっても、詳しくは知らないという収集家も多いはず。本書はペニー・ブラックとその背景にある歴史物語を豊富なビジュアル図版でわかりやすく解説。これからペニー・ブラックを手に入れたい人向けに、入手のポイントなどを説明した収集ガイドもついた充実の内容です。

 発売元の特設サイトはこちら。ページのサンプルもご覧いただけます。

 ★★★ 内藤陽介の新刊  『アウシュヴィッツの手紙』 のご案内 ★★★ 

       アウシュヴィッツの手紙・表紙 2000円+税

 【出版元より】
 アウシュヴィッツ強制収容所の実態を、主に収容者の手紙の解析を通して明らかにする郵便学の成果! 手紙以外にも様々なポスタルメディア(郵便資料)から、意外に知られていない収容所の歴史をわかりやすく解説。

 出版元のサイトはこちら。各書店へのリンクもあります。

 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | コモロ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 漆の日 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  表紙の郵便物>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/