内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 太平島
2015-12-13 Sun 11:31
 台湾内政部(内政省に相当)は、きのう(12日)、南シナ海のスプラトリー(南沙)諸島の台湾が実効支配する太平島で、埠頭の拡張と灯台の完成式典を開きました。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      台湾・太平島

 これは、1996年に台湾が発行した太平島の切手です。

 太平島は南沙諸島北部に位置する同諸島最大の島で、面積は約0.49平方キロメートル。サンゴ礁で構成された東西に細長い島です。台湾の実効支配下に置かれており、行政上は高雄市旗津区中興里に属しています。また、台湾の領土としては最南端の地となります。

 記録によれば、1907年に日本漁船が付近で操業を開始。その後、1929年に日本の業者が硫黄の採掘を始めたものの、世界恐慌の影響を受けて間もなく採掘は中止されました。そこへ、1933年、当時、インドシナを支配していたフランス軍がここを占拠しましたが、その後、日本が奪還して台湾・高雄市に編入。第二次大戦中の1944年には日本海軍の潜水艦基地がおかれていました。

 こうした経緯から、日本敗戦後の1945年12月、中国国民政府(以下、国府)は広東省に“南沙管理処”を設置したのに対して、1946年10月、フランス軍は西鳥島および長島に上陸。その後、この地域の帰属をめぐり中仏協議が行われる予定でしたが、第一次インドシナ戦争が勃発したこともあり、協議は行われないままに放置されました。

 こうした状況の下で、1946年11月、国府は“太平号”など4隻の軍艦を南沙諸島に派遣。このとき、太平号が接収事務をおこなったことから、中国語での島名が“太平島”と命名され、台湾省ではなく、広東省に編入されました。

 国共内戦後、国府が台湾に撤退するなかで、1950年にはフィリピンが太平島に進出して硫黄の採掘を行いましたが、1956年に台湾が奪還。以後、台湾による実効支配が続いていますが、他の南沙諸島同様、大陸の中華人民共和国(以下、中共)、フィリピン、ヴェトナムが領有権を主張しています。

 太平島は、台湾にとってはシーレーン防衛の要衝であり、警備のため海軍陸戦隊員や海岸巡防署員が常駐しています。また、2008年2月には民進党の陳水扁総統が総統として初めて同島を訪問したこともあり、今回も馬英九総統が式典に出席する計画があると報じられていました。しかし、南シナ海問題で米中の緊張が続く中で、総統の出席は中共を刺激する可能性があると米国が難色を示したことで、総統の訪問が見送られたといわれています。

 ちなみに、今回ご紹介の切手に取り上げられているのは1980年1月12日に建立された“南疆鎖錀”の碑で、その直後の2月16日、中華民国行政院は、太平島を高雄市旗津区に帰属させることを発表しています。


 ★★★ 内藤陽介の新刊  『ペニー・ブラック物語』 のご案内 ★★★ 

       ペニーブラック表紙 2350円+税

 【出版元より】
 若く美しい女王の横顔に恋しよう!
 世界最初の切手
 欲しくないですか/知りたくないですか

 世界最初の切手“ペニー・ブラック”…名前は聞いたことがあっても、詳しくは知らないという収集家も多いはず。本書はペニー・ブラックとその背景にある歴史物語を豊富なビジュアル図版でわかりやすく解説。これからペニー・ブラックを手に入れたい人向けに、入手のポイントなどを説明した収集ガイドもついた充実の内容です。

 発売元の特設サイトはこちら。ページのサンプルもご覧いただけます。

 ★★★ 内藤陽介の新刊  『アウシュヴィッツの手紙』 のご案内 ★★★ 

       アウシュヴィッツの手紙・表紙 2000円+税

 【出版元より】
 アウシュヴィッツ強制収容所の実態を、主に収容者の手紙の解析を通して明らかにする郵便学の成果! 手紙以外にも様々なポスタルメディア(郵便資料)から、意外に知られていない収容所の歴史をわかりやすく解説。

 出版元のサイトはこちら。各書店へのリンクもあります。

 インターネット放送「チャンネルくらら」にて、本書の内容をご紹介しております。よろしかったら、こちらをクリックしたご覧ください。

 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | 台湾:李登輝時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 南極の日 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  中華帝国100年>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/