内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 小さな世界のお菓子たち:メーゼシュカラーチの切手
2015-12-19 Sat 09:41
 ご報告が遅くなりましたが、大手製菓メーカー(株)ロッテの季刊広報誌『Shall we Lotte(シャル ウィ ロッテ)』の第30号(2015年冬秋号)ができあがりました。僕の連載「小さな世界のお菓子たち」では、今回は、こんな切手を取り上げました。(画像はクリックで拡大されます)

      ハンガリー・メーゼシュカラーチ(140)

 これは、2013年にハンガリーが発行したクリスマス切手のうち、天使の形のメーゼシュカラーチを取り上げた140フォリント切手です。

 欧米のキリスト教文化圏でクリスマスの風物詩となっているジンジャー・クッキーは、14世紀頃、現在のベルギーとドイツの国境付近で作られるようになったレープクーヘンがルーツと考えられていますが、レープクーヘンはヨーロッパ全体へ広まっていく過程で、地域ごとにさまざまなヴァリエーションが生じました。

 中欧のハンガリーのジンジャー・クッキーはメーゼシュカラーチと呼ばれており、サクッとした食感が最大の特徴です。

 その基本的な作り方は、薄力粉と粉砂糖、シナモン、クローブ、ショウガ、重曹をベースに、湯煎したハチミツに無塩バター、そして卵を加えて作った生地を焼くというものですが、焼き立てよりも、焼いてから2-3日後が食べごろになります。

 古い時代のメーゼシュカラーチは装飾のない素朴な姿のものでしたが、現在では、今回ご紹介の切手に見られるように、アイシングで装飾を施したものが主流となっています。切手にはハンガリー語で“クリスマス”を意味する“KARÁCSONY”の文字が入っており、写真では少しわかりづらいですが、それぞれクッキーの形に合わせて型抜きされたシール式になっています。

 ところで、メーゼシュカラーチは、もちろん、食べるためのものですが、日持ちがすることから、リング状に焼いて、クリスマスを迎えるためのアドヴェント・リース(の土台)として用いられることもあります。

 アドヴェントというのは、クリスマス前の最後の日曜日からさかのぼって4週間目の日曜日(11月下旬)から始まる“待降節”のこと。日本でも一般的に見られるクリスマスのリースは玄関のドアなどに架けるだけですが、アドヴェント・リースには4つの穴があけられており、そこにキャンドルが立てられるようになっています。キャンドルには、順に、信仰、希望、愛、喜びの意味が付けられており、クリスマスまでの日曜日ごとに1本ずつ点灯していくことで、人々は、徐々にクリスマス本来の信仰心を盛り上げていくそうです。なお、キャンドルの色は、最初の3本が紫色、4本目が桃色というのが定番で、12月24日のクリスマス・イヴには4本のキャンドルの光がすべて揃い、大いに雰囲気を盛り上げます。その傍らには、ぜひ、メーゼシュカラーチの切手が貼られたクリスマス・カードも飾っておきたいですね。

 なお、ハンガリーの伝統的なクリスマスのお菓子としては、メーゼシュカラーチ以外にも、ベイグリと呼ばれるロールケーキがあります。日本ではロールケーキというとクリームをスポンジ生地で巻いたものが一般的ですが、ベイグリは、ハンガリー特産のケシの実をベースに、クルミやレーズンなどのドライフルーツやナッツを練り込んだペースト状のものを小麦粉のケーキ生地で巻いており、硬く焼いてクッキーのような食感にしたものもあります。


 ★★★ 内藤陽介の新刊  『ペニー・ブラック物語』 のご案内 ★★★ 

       ペニーブラック表紙 2350円+税

 【出版元より】
 若く美しい女王の横顔に恋しよう!
 世界最初の切手
 欲しくないですか/知りたくないですか

 世界最初の切手“ペニー・ブラック”…名前は聞いたことがあっても、詳しくは知らないという収集家も多いはず。本書はペニー・ブラックとその背景にある歴史物語を豊富なビジュアル図版でわかりやすく解説。これからペニー・ブラックを手に入れたい人向けに、入手のポイントなどを説明した収集ガイドもついた充実の内容です。

 発売元の特設サイトはこちら。ページのサンプルもご覧いただけます。

 ★★★ 内藤陽介の新刊  『アウシュヴィッツの手紙』 のご案内 ★★★ 

       アウシュヴィッツの手紙・表紙 2000円+税

 【出版元より】
 アウシュヴィッツ強制収容所の実態を、主に収容者の手紙の解析を通して明らかにする郵便学の成果! 手紙以外にも様々なポスタルメディア(郵便資料)から、意外に知られていない収容所の歴史をわかりやすく解説。

 出版元のサイトはこちら。各書店へのリンクもあります。

 インターネット放送「チャンネルくらら」にて、本書の内容をご紹介しております。よろしかったら、こちらをクリックしたご覧ください。

 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | ハンガリー | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< スピッツベルゲン | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  日韓基本条約発効50年>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/