内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 Merry Christmas!
2015-12-25 Fri 11:00
 きょう(25日)はクリスマスです。というわけで、こんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      英国・クリスマス消印(1906)

 これは、1906年に英国・リヴァプールで使用されたクリスマス・メール用の消印(以下、クリスマス印)のオンピースです。

 郵便でクリスマスカードを送る習慣は、英国では19世紀後半になって定着しました。しかし、いまも昔も、多くの人々はクリスマス直前にならないとカードを投函せず(投函のピークは23-24日だそうです)、短期間に大量の郵便物が集中して作業が渋滞しがちなため、クリスマスには必ず届けられるように、クリスマス・メールを早めに投函するよう、ロイヤルメールはさまざまな手段で人々に呼びかけています。まぁ、このあたりは、日本の年賀状と事情は同じというわけですな。

 その一環として、1902年9月13日、マンチェスターの測量技師だったジョン・フィリップは12月17-22日に差し出された市内便に特別の消印を押すことにして、早めの投函を呼び掛けたらどうかとロイヤル・メールに提案。これを受けて、同年末、ロッチデールで試験的に、上記の期間内に差し出された郵便物に“POSTED IN ADVANCE / FOR DELIVERY / ON / CHRISTMAS DAY / 1902”の印を押し、クリスマス当日に配達することが行われました。ちなみに、このサーヴィスでの取扱数は、1万9000通でした。

 ロッチデールでの試みが成功したことを受けて、翌年以降、同種のサーヴィスを行う局が順次拡大し、1909年まで、さまざまなタイプの消印が使われました。今回ご紹介のモノは、そのうちの“X MAS”の文字と年号を大きく表示したタイプで、1906年にリヴァプールで使用されたものです。

 しかし、このクリスマス印の使用による“効果”には地域差が大きかったことに加え、英国では、クリスマス・メールがクリスマス以降に到着しても不都合を感じないと考えている人が多数派であることが明らかになったことから、クリスマス印の使用は1910年は中止され、その後、復活することはありませんでした。


 ★★★ 内藤陽介の新刊  『ペニー・ブラック物語』 のご案内 ★★★ 

       ペニーブラック表紙 2350円+税

 【出版元より】
 若く美しい女王の横顔に恋しよう!
 世界最初の切手
 欲しくないですか/知りたくないですか

 世界最初の切手“ペニー・ブラック”…名前は聞いたことがあっても、詳しくは知らないという収集家も多いはず。本書はペニー・ブラックとその背景にある歴史物語を豊富なビジュアル図版でわかりやすく解説。これからペニー・ブラックを手に入れたい人向けに、入手のポイントなどを説明した収集ガイドもついた充実の内容です。

 発売元の特設サイトはこちら。ページのサンプルもご覧いただけます。

 ★★★ 内藤陽介の新刊  『アウシュヴィッツの手紙』 のご案内 ★★★ 

       アウシュヴィッツの手紙・表紙 2000円+税

 【出版元より】
 アウシュヴィッツ強制収容所の実態を、主に収容者の手紙の解析を通して明らかにする郵便学の成果! 手紙以外にも様々なポスタルメディア(郵便資料)から、意外に知られていない収容所の歴史をわかりやすく解説。

 出版元のサイトはこちら。各書店へのリンクもあります。

 インターネット放送「チャンネルくらら」にて、本書の内容をご紹介しております。よろしかったら、こちらをクリックしたご覧ください。

 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | 英国:KEVII 時代 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<< ボクシング・デー | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  アウシュヴィッツのクリスマス>>
この記事のコメント
#2398 リヴァプール
リヴァプールのクリスマス印をアップしていただき感謝いたします。ブログを拝見して、内藤先生の博学に尊敬いたします。
これからも、郵便史的な配信お願いいたします。ありがとうございました。
2015-12-25 Fri 12:00 | URL | 渡辺 達夫 #QSVbZ7ek[ 内容変更] | ∧top | under∨
・渡辺 達夫様
 お褒めいただき恐縮です。郵便史的な記事はできるだけ盛り込んでいきたいと思っていますので、今後ともよろしくお付き合いください。


 
2015-12-26 Sat 11:24 | URL | 内藤陽介 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/