内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 デヴィッド・ボウイ、亡くなる
2016-01-12 Tue 10:05
 英国の歌手デヴィッド・ボウイさん(以下、敬称略)が、現地時間の10日(日本時間11日)、がんのため亡くなりました。享年69歳。謹んでご冥福をお祈りします。というわけで、今日はこの切手です。(画像はクリックで拡大されます) 

      英国・ジギースターダスト

 これは、2010年に英国が発行した“ロックの名盤”の切手のうち、デヴィッド・ボウイの代表作、『ジギー・スターダスト(The Rise And Fall Of Ziggy Stardust And The Spiders From Mars)』を取り上げた1枚です。“ロックの名盤”の切手は、ブリティッシュ・ロックの名盤とされる10枚を選び、それぞれのジャケットからレコードが飛び出しているスタイルの切手を型抜きしたシール式の切手で、取り上げられているアーティストとアルバムの原題、発表年は以下の通りです。

 The Rolling Stones  Let It Bleed 1969
 Led Zeppelin IV 1971
 David Bowie  The Rise And Fall Of Ziggy Stardust And The Spiders From Mars 1972
 Mike Oldfield Tubular Bells 1973
 The Clash London Calling 1979
 New Order Power, Corruption And Lies 1983
 Primal Scream Screamadelica 1991
 Pink Floyd The Division Bell 1994
 Blur Parklife 1994
 Coldplay A Rush Of Blood To The Head 2002

 さて、切手に取り上げられた『ジギー・スターダスト』は、デヴィッド・ボウイの5作目のアルバムとして1972年にリリースされました。すでに、1969年、映画『2001年宇宙の旅』をモチーフにして、アルバム『スペイス・オディティ』を制作し、アポロ11号の月面着陸に合わせてシングル「スペイス・オディティ」をリリースしてヒットさせていたボウイでしたが、『ジギー・スターダスト』では、ボウイ自らが異星からやってきた架空のスーパースター“ジギー”となり、ロック・スターとしての成功からその没落までの物語を楽曲によって描表現するというスタイルが採られています。このため、アルバムの原題にある“Ziggy Stardust” と“The Spiders From Mars”(ジギーのバックバンド)はそれぞれ固有名詞としてそのままカナ表記にすべきなのですが、発表当時は、そうしたアルバムのコンセプトがなかなか理解されなかったためか、日本で発売されたアルバムの邦題は、当初、すべてを直訳して『屈折する星屑の上昇と下降、そして火星から来た蜘蛛の群』というすさまじいものになっていました。

 アルバム『ジギー・スターダスト』では、ボウイは日本の歌舞伎を含むあらゆる大衆芸能の要素を取り込み、ステージでは山本寛斎の衣装や奇抜なメイクでパフォーマンスを行い、観客は、ボウイを虚像のスター“ジギー”として讃えるという設定となっていました。しかし、その人気が頂点に達したタイミングを見計らって、1973年7月、ボウイは“ジギー”を否定して引退を宣言し、ステージから姿を消すという演出をおこなっています。ちなみに、アルバムに収録されているラスト・ナンバーは“Rock'N'Roll Suicide (邦題:ロックン・ロールの自殺者)”です。

 切手に取り上げられているアルバム・ジャケットは、ロンドンの中心、サヴィル・ロウとリージェント・ストリートに挟まれた小道のハドン・ストリート(住居表示としてはHeddon Street 23)の風景で、近所には地下鉄のトテナム・コート・ロード駅周辺のストリート・ミュージシャンを見て、ボウイはジギー・スターダストの着想を得たそうです。なお、現在、ジャケットに描かれている場所には、その旨の銘板が掲げられてはいるものの、“K.WEST”の看板はなく、まったく別のレストランが営業しています。


 ★★★ 展示イベントのご案内 ★★★

 第7回テーマティク出品者の会切手展 1月17-20日(日ー水。ただし、18日は休館)
 於・切手の博物館(東京・目白)

 テーマティク出品者の会は、テーマティクならびにオープン・クラスでの競争展への出品を目指す収集家の集まりで、毎年、全国規模の切手展が開催される際には作品の合評会を行うほか、年に1度、切手展出品のリハーサルないしは活動成果の報告を兼ねて会としての切手展を開催しています。僕も、昨年の香港展に出品した香港の歴史のコレクションを展示します。入場は無料ですので、ぜひ、遊びに来てください。(詳細はこちらをご覧ください)

 ★★★ 内藤陽介の新刊  『ペニー・ブラック物語』 のご案内 ★★★ 

       ペニーブラック表紙 2350円+税

 【出版元より】
 若く美しい女王の横顔に恋しよう!
 世界最初の切手
 欲しくないですか/知りたくないですか

 世界最初の切手“ペニー・ブラック”…名前は聞いたことがあっても、詳しくは知らないという収集家も多いはず。本書はペニー・ブラックとその背景にある歴史物語を豊富なビジュアル図版でわかりやすく解説。これからペニー・ブラックを手に入れたい人向けに、入手のポイントなどを説明した収集ガイドもついた充実の内容です。

 発売元の特設サイトはこちら。ページのサンプルもご覧いただけます。

 ★★★ 内藤陽介の新刊  『アウシュヴィッツの手紙』 のご案内 ★★★ 

       アウシュヴィッツの手紙・表紙 2000円+税

 【出版元より】
 アウシュヴィッツ強制収容所の実態を、主に収容者の手紙の解析を通して明らかにする郵便学の成果! 手紙以外にも様々なポスタルメディア(郵便資料)から、意外に知られていない収容所の歴史をわかりやすく解説。

 出版元のサイトはこちら。各書店へのリンクもあります。

 インターネット放送「チャンネルくらら」にて、本書の内容をご紹介しております。よろしかったら、こちらをクリックしたご覧ください。

 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | 英国:QEII 以降 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 岩のドームの郵便学(37) | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  成人後まもない頃の女王>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/