内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 ジャスミン革命5周年
2016-01-14 Thu 11:39
 2011年1月14日、23年間独裁を続けていたテュニジアのベンアリ大統領がサウジアラビアに亡命し、いわゆるジャスミン革命が達せられてから、ちょうど5年になりました。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      テュニジア・青年革命(2011)

 これは、ベンアリ政権崩壊後間もない2011年3月25日、テュニジアで発行された“1月14日革命”の記念切手です。革命の名称については、日本を含む西側メディアなどでは、テュニジアを代表する花の名から“ジャスミン革命”という呼称が定着していますが、切手発行時のテュニジア郵政の報道資料では“1月14日革命”となっていました。

 ジャスミン革命の発端は、2010年12月17日、シディ・ブ・サイドで、露天商のモハメド・ブアジジに対して、販売の許可がないことを理由に地方役人が野菜と秤を没収、さらには役所の女性職員から侮辱を受けたという事件でした。その後、ブアジジは没収された秤の返還を求めたところ、賄賂を要求されたため、同日、抗議の焼身自殺を行います。その様子が、フェイスブックに投稿されたことで、アルジャジーラによって報じられることになり、長期独裁政権に対する不満が爆発。暴動・ストライキは急速に拡大し、2011年1月14日、ベンアリは政権は崩壊しました。

 ベンアリの亡命後、いったんはモハメド・ガンヌーシ首相が暫定大統領に就任しましたが、この就任には憲法上の問題があるとの指摘が出たため、翌15日、下院議長のフアド・メバザがあらためて暫定大統領に就任しました。

 メバザ暫定大統領は、ベンアリ政権崩壊の記念日として、毎年1月14日を“青年革命記念日”とすることを決定。今回ご紹介の切手では、これを受けて“青年革命(La Revolution des Jeunes)”との表示が入っています。

 その後、2011年10月23日に制憲議会選挙(定数217)が実施され、アンナハダ(イスラム政党・90議席)、共和国のための会議(中道左派・30議席)、エタカトル(社会民主主義・21議席)の3党による連立政権が成立。12月13日、共和国のための会議のムンセフ・マルズーキーが暫定大統領に就任しましたが、イスラム系政党による暫定政権と世俗政党を含む野党側との対立が激化し、議会が機能不全に陥ってしまいます。こうした中で、2013年、対立する与野党の仲介役として、最大労組のチュニジア労働総連盟(UGTT)や経営者団体の産業商業手工業連合、人権擁護連盟、全国弁護士会の4者によりテュニジア国民対話カルテットが結成され、その仲介により、制憲議会再開の道筋が整えられました。そして、2014年1月の新憲法制定、同年末の自由選挙によるカイドセブシ大統領が選出されました。その功績により、テュニジア国民対話カルテットが昨年度のノーベル平和賞を受賞したことは記憶に新しいところです。

 その反面、民主化の副作用として、軍・警察の力が制限されたことで、治安が悪化したほか、周辺諸国からイスラム過激派も流入しており、昨年(2015年)3月にはテュニスのバルドー美術館でテロリストによる銃乱射事件が発生。こうした治安の悪化は、主要産業である観光にも大きな打撃を与えており、“革命”の前途はまだまだ多難な状況が続いています。


 ★★★ 展示イベントのご案内 ★★★

 第7回テーマティク出品者の会切手展 1月17-20日(日ー水。ただし、18日は休館)
 於・切手の博物館(東京・目白)

 テーマティク出品者の会は、テーマティクならびにオープン・クラスでの競争展への出品を目指す収集家の集まりで、毎年、全国規模の切手展が開催される際には作品の合評会を行うほか、年に1度、切手展出品のリハーサルないしは活動成果の報告を兼ねて会としての切手展を開催しています。僕も、昨年の香港展に出品した香港の歴史のコレクションを展示します。入場は無料ですので、ぜひ、遊びに来てください。(詳細はこちらをご覧ください)

 ★★★ 内藤陽介の新刊  『ペニー・ブラック物語』 のご案内 ★★★ 

       ペニーブラック表紙 2350円+税

 【出版元より】
 若く美しい女王の横顔に恋しよう!
 世界最初の切手
 欲しくないですか/知りたくないですか

 世界最初の切手“ペニー・ブラック”…名前は聞いたことがあっても、詳しくは知らないという収集家も多いはず。本書はペニー・ブラックとその背景にある歴史物語を豊富なビジュアル図版でわかりやすく解説。これからペニー・ブラックを手に入れたい人向けに、入手のポイントなどを説明した収集ガイドもついた充実の内容です。

 発売元の特設サイトはこちら。ページのサンプルもご覧いただけます。

 ★★★ 内藤陽介の新刊  『アウシュヴィッツの手紙』 のご案内 ★★★ 

       アウシュヴィッツの手紙・表紙 2000円+税

 【出版元より】
 アウシュヴィッツ強制収容所の実態を、主に収容者の手紙の解析を通して明らかにする郵便学の成果! 手紙以外にも様々なポスタルメディア(郵便資料)から、意外に知られていない収容所の歴史をわかりやすく解説。

 出版元のサイトはこちら。各書店へのリンクもあります。

 インターネット放送「チャンネルくらら」にて、本書の内容をご紹介しております。よろしかったら、こちらをクリックしたご覧ください。

 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | テュニジア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< アホウドリの産卵・孵化に成功 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  岩のドームの郵便学(37)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/