内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 NZで国旗選択の国民投票
2016-03-03 Thu 15:49
 ニュージーランドで、きょう(3日)から、国旗変更の是非を問う国民投票が始まりました。有権者は、先住民マオリゆかりの銀羊歯(シルバー・ファーン)を描いた新国旗案と、ユニオンジャックをベースにした現国旗のどちらが国旗としてふさわしいかを選び、郵送で投票。24日の締め切り後、集計結果が公表されるそうです。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      ニュージーランド・シルバー・ファーン

 これは、2010年にニュージーランドで発行された“オール・ブラックス(ラグビーのニュージーランド代表)”の切手で、オール・ブラックスのユニフォームのアクセントとなっているシルバー・ファーンが取り上げられています。

 シルバー・ファーンは、ニュージーランドに多く自生している羊歯の一種で、葉の裏側が銀色に光るため、この名があります。

 かつて、マオリの戦士たちは、夜間の戦いに際して、シルバー・ファーンの葉裏の性質を利用して、裏面を上に、葉先の尖った方を進むべき方向に向けて、地面に置いて道しるべとしていました。そして、しんがりの戦士は、自分が通る際に、シルバー・ファーンを裏返し、光らない表面を上にすることで、敵の追跡を防ぎました。

 こうしたことから、シルバー・ファーンは、マオリの伝統では“前進”の象徴とされており、1925年以来、オール・ブラックスのユニフォームにデザインされるようになりました。

 さて、ニュージーランドの現在の国旗は、青地の左上にユニオンジャックを配し、白く縁取られた4つの赤い星からなる南十字星をあらわしたデザインで、1869年に導入され、1902年、議会で正式に制定されました。隣国オーストラリアの国旗は右側の星が5つ(とユニオンジャックの下に大きな星が1つ)あるほか、星の形も五芒星(☆)ではなく、7州を意味する7つの頂点を持つ形になっていますが、両者は酷似しており、しばしば、混同されてきました。

 そうした実際上の不便に加え、ニュージーランド国内には、現職のキー首相をはじめ、「現在の国旗は英植民地時代の名残」として国旗の変更を主張する人々も少なからず存在しています。

 ただし、国民投票に先立って行われた世論調査では6割前後が現国旗を支持しており、新デザインへの変更を主導してきたキー首相は劣勢とみられているのだとか。まぁ、どちらの結果に転んでも、個人的には、今回の投票用紙がどのような封筒で送られたのか、そしてその実物が入手可能なのかどうか、ということの方に関心が向いてしまうのですがね。

 
 ★★★ 講座のご案内 ★★★

 ・毎日文化センター 「宗教で読む国際ニュース」
 3月8日(火)から、毎月第2火曜の19時より、東京・竹橋の毎日文化センターで新講座「宗教で読む国際ニュース」がスタートします。都心で平日夜のコースですので、ぜひ、お勤め帰りに遊びに来てください。詳細は、こちらをご覧いただけると幸いです。

 ・よみうりカルチャー荻窪 「宗教と国際政治」
 4月から毎月第1火曜の15:30より、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で講座「宗教と国際政治」がスタートします。ぜひ、遊びに来てください。詳細は、こちらをご覧いただけると幸いです。
 

 ★★★ 内藤陽介の新刊  『ペニー・ブラック物語』 のご案内 ★★★ 

       ペニーブラック表紙 2350円+税

 【出版元より】
 若く美しい女王の横顔に恋しよう!
 世界最初の切手
 欲しくないですか/知りたくないですか

 世界最初の切手“ペニー・ブラック”…名前は聞いたことがあっても、詳しくは知らないという収集家も多いはず。本書はペニー・ブラックとその背景にある歴史物語を豊富なビジュアル図版でわかりやすく解説。これからペニー・ブラックを手に入れたい人向けに、入手のポイントなどを説明した収集ガイドもついた充実の内容です。

 発売元の特設サイトはこちら。ページのサンプルもご覧いただけます。


 ★★★ 内藤陽介の新刊  『アウシュヴィッツの手紙』 のご案内 ★★★ 

       アウシュヴィッツの手紙・表紙 2000円+税

 【出版元より】
 アウシュヴィッツ強制収容所の実態を、主に収容者の手紙の解析を通して明らかにする郵便学の成果! 手紙以外にも様々なポスタルメディア(郵便資料)から、意外に知られていない収容所の歴史をわかりやすく解説。

 出版元のサイトはこちら。各書店へのリンクもあります。

 インターネット放送「チャンネルくらら」にて、本書の内容をご紹介しております。よろしかったら、こちらをクリックしたご覧ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | ニュージーランド | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 世界の国々:インドネシア | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  モロッコ独立60年>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/