内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 ブラジル前大統領、事情聴取
2016-03-05 Sat 11:24
 ブラジル連邦警察は、きのう(4日)、収賄と資金洗浄(マネーロンダリング)をめぐる捜査で、ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ(以下、ルーラ)前大統領の身柄を一時拘束し、事情聴取しました。事情聴取は約3時間で終わり、その後、前大統領は釈放されたそうです。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      ブラジル・ルーラ大統領

 これは、2011年、ルーラ大統領の退任時に発行された大統領顕彰切手です。

 ルーラは、1945年、ペルナンブーコ州の貧しい農家に生まれました。1956年、サンパウロに移り、小学校に通ったものの、4年生で中退します。その後、靴磨き、洗濯屋の店員、製鉄所の工員として働きながら、小学校の課程を修了。19歳の時、プレス工として勤務していた自動車工場で起きた事故で、指を失ったことから労働組合に加入しました。

 1975年、サンパウロ州サン・ベルナルド・ド・カンポおよびヂアデマの鉄鋼労働者組合の委員長になり、1980年、冶金労働者のストライキを組織。当時のブラジルは軍事独裁政権下にあり、労働運動は厳しく制限されていたため、ルーラらのストライキは国家治安維持法(現在は廃止)違反に問われ、ルーラも逮捕、投獄されています。なお、地方軍事法廷の判決は懲役3年6ヶ月でしたが、高等軍事法廷はこれを棄却し、釈放されました。

 1980年2月10日、ルーラは反軍事政権を掲げる労働者党を創立し、党首に就任。1982年には、ルーラ自身もサンパウロ州知事選に出馬しましたが、落選しています。

 1984年、労働者党は、翌1985年に予定されていた次期大統領選挙で国民の直接投票を要求する運動を展開。この運動は、1985年の選挙には間に合いませんでしたが、1989年の大統領選挙では29年ぶりの直接投票による大統領選挙を実現します。

 労働党の党首としてのルーラは、1989年以来、1994年、1998年の大統領選挙にも連続出馬しましたが、いずれも決選投票で敗退。 2002年の選挙で、ブラジル民主主義史上最大の得票数5240万票を獲得して、彼岸の初当選を果たし、2003年1月1日付で大統領に就任しました。大統領就任演説で、ルーラが語った「大学の学位がないと何度も非難されてきたこの私が、生まれて初めて免状を手にします。それがわが国の大統領という称号です。」との一言は、多くのブラジル国民に感銘を与えました。

 ルーラ政権は、“飢餓ゼロ計画”を掲げて貧困層への支援に積極的に取り組み、2003年10月、学童基金・食糧補助・ガス助成金・食糧カードの4大公的扶助制度を統合した家族手当制度、“ボルサ・ファミーリア”を創設。月間所得が50レアル以下(16歳以下の通学中の子供がいる場合は100レアル以下)の貧困世帯に対し1ヶ月50レアル、通学中の子供1人につき15レアルの家族手当を支給するようにしたほか、最低賃金の引き上げや貧困層を対象にした大衆レストランの設置などの社会政策を実施しました。

 その一方で、公務員年金改革による財政支出の削減などを行い、前政権の財政健全化路線を踏襲。この結果、財政の黒字転換を達成してインフレを抑制し、任期中の2009年には、ブラジルは IMFに対する純債権国にするなどの成果をあげました。なお、大統領在任中、ルーラは2005年5月(公式実務訪問)と2008年7月(北海道洞爺湖サミットと併催のエネルギー安全保障と気候変動に関する主要経済国会合に出席)の2回、来日しています。

 ブラジル憲法では大統領の三選は禁止されているため、ルーラは2011年1月1日の任期満了をもって退任します。ルーラの後継となった現大統領のジルマ・ルセフは、ルーラ政権の官房長官でした。

 今回の警察によるルーラの事情聴取は、国営石油会社ペトロブラスの幹部らが、ルーラ政権下の2004年以降、建設会社などと金額を水増しした請負契約を結ぶ見返りに賄賂を受け取り、その一部が政界に流れたとされる疑獄事件の一環として行われたもので、すでに、ルーラ政権時代の元官房長官や有力与党議員らが逮捕されているほか、今月3日には、事件に絡んでクニャ下院議長の起訴が承認されています。また、警察当局は「前大統領は党首であっただけでなく、ペトロブラスの重役任命の最終的な責任者でもあり、汚職の恩恵を受けた主な人物だ」とする声明を発表しました。

 現在、ブラジルは数十年ぶりという経済低迷にあえいでおり、ルセフ現政権の支持率は10%台に低迷していますが、それだけに、引退後も国民の高い人気を誇り、大統領の“後ろ盾”ともなっていたルーラの事情聴取は、現政権にとって大きな打撃となることは確実です。

 それにしても、そもそも、五輪関連施設の建設が予定よりも大幅に遅れていることへの懸念が強まっている中で、蚊が媒介するジカ熱の感染も拡大、さらに、前大統領も巻き込んでの政界汚職が加わるとなっては、本当に今年夏のリオデジャネイロ五輪は予定通り開催できるのかと不安に思ってしまいますな。ちなみに、2009年にリオ五輪の開催が決まった際の記者会見で、感極まったルーラが男泣きに泣いたのは有名なエピソードですが、五輪が開催できずに再び男泣き…なんてことにはならないようにしてほしいものです。


 ★★★ 講座のご案内 ★★★

 ・よみうりカルチャー荻窪 「宗教と国際政治」
 4月から毎月第1火曜の15:30より、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で講座「宗教と国際政治」がスタートします。ぜひ、遊びに来てください。詳細は、こちらをご覧いただけると幸いです。
 

 ★★★ 内藤陽介の新刊  『ペニー・ブラック物語』 のご案内 ★★★ 

       ペニーブラック表紙 2350円+税

 【出版元より】
 若く美しい女王の横顔に恋しよう!
 世界最初の切手
 欲しくないですか/知りたくないですか

 世界最初の切手“ペニー・ブラック”…名前は聞いたことがあっても、詳しくは知らないという収集家も多いはず。本書はペニー・ブラックとその背景にある歴史物語を豊富なビジュアル図版でわかりやすく解説。これからペニー・ブラックを手に入れたい人向けに、入手のポイントなどを説明した収集ガイドもついた充実の内容です。

 発売元の特設サイトはこちら。ページのサンプルもご覧いただけます。


 ★★★ 内藤陽介の新刊  『アウシュヴィッツの手紙』 のご案内 ★★★ 

       アウシュヴィッツの手紙・表紙 2000円+税

 【出版元より】
 アウシュヴィッツ強制収容所の実態を、主に収容者の手紙の解析を通して明らかにする郵便学の成果! 手紙以外にも様々なポスタルメディア(郵便資料)から、意外に知られていない収容所の歴史をわかりやすく解説。

 出版元のサイトはこちら。各書店へのリンクもあります。

 インターネット放送「チャンネルくらら」にて、本書の内容をご紹介しております。よろしかったら、こちらをクリックしたご覧ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | ブラジル:民政移管以降 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< ハッピーヴァレーで不発弾処理 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  世界の国々:インドネシア>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/