内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 「大地の知恵」募金
2016-03-18 Fri 23:31
 ルーマニア政府は、きのう(17日)、ルーマニアを代表する彫刻家コンスタンティン・ブランクーシの最高傑作の一つと考えられている「大地の知恵(Cumintenia Pamantului:La Sagesse de la Terre)」を購入すべく、国民に対して募金を求めました。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      ルーマニア・ブランクーシ「大地の知恵」

 これは、1967年にルーマニアで発行されたブランクーシの作品を紹介した7種セットのうち、「大地の知恵」を取り上げた1枚です。

 コンスタンティン・ブランクーシは、1876年2月19日、ルーマニア南西部、オルテニア地方のゴルジュ県ホビツァ生まれ。クラヨヴァの美術工芸学校、ブカレストの国立美術学校を経て、パリ美術学校で彫刻を学びました。卒業後、ロダンの工房で数ヶ月働いた後、抽象化への転機となる作品『祈る人』を制作。以後、要素を極端に切り詰めたミニマルな作風の作品を発表し、高い評価を得ました。その作品は、後の現代彫刻、絵画、デザインなどへ、多大なる影響を与えたほか、朴訥な人柄で多くのアーティストとも親交があり、若き日のイサム・ノグチはパリでブランクーシの助手を務めていたことがあります。1957年、パリで没。

 切手に取り上げられた「大地の知恵」は1908年の作品で、石灰岩の左右シンメトリカルな女性の裸婦坐像です。高さは50cmほどで、1911年、ルーマニアのコレクターが購入しました。しかし、第二次大戦後に発足したルーマニア共産政権は、1957年、この作品を“国宝”として没収していました。

 1989年のルーマニア革命で共産主義政権が崩壊すると、元の所有者は「大地の知恵」の返還を求めてルーマニア政府を提訴。長期にわたる裁判の結果、2010年に作品は元の所有者の遺族らに返還されました。現在、作品はブカレストのコトロチェニ国立博物館で展示されています。

 その後、2014年になって、現所有者は2000万ユーロで作品を売却するとの意向を表明。ルーマニアの国内法では、ルーマニア政府は“国宝”と考えられる作品を優先的に購入する権利を有しているため、所有者側と政府との交渉が行われ、その結果、政府に対する売却価格は1100万ユーロとすることで合意が成立しました。

 しかし、ルーマニア政府が購入に回せる予算は500万ユーロしかないため、その不足分の600万ユーロを補うべく、今回、ルーマニア政府はルーマニア国民や民間企業などに対する呼び掛けたというわけです。収集家としては、どうせなら、その一環として「大地の知恵」を取り上げた寄附金つき切手南下も発行してほしいですねぇ。高額なモノを買うために計画された寄附金つき切手というと、僕などは、満洲国の不発行切手や仏領カメルーンでのスピット・ファイア加刷など、戦争がらみの事例しかとっさに浮かんでこないのですが、美術品・文化遺産の買い戻しのための寄附金つき切手というのが実現すれば、なかなかユニークな試みになるのではないかと思います。


 ★★★ 講座のご案内 ★★★

 ・よみうりカルチャー荻窪 「宗教と国際政治」
 4月から毎月第1火曜の15:30より、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で講座「宗教と国際政治」がスタートします。ぜひ、遊びに来てください。詳細は、こちらをご覧いただけると幸いです。
 

 ★★★ 内藤陽介の新刊  『ペニー・ブラック物語』 のご案内 ★★★ 

       ペニーブラック表紙 2350円+税

 【出版元より】
 若く美しい女王の横顔に恋しよう!
 世界最初の切手
 欲しくないですか/知りたくないですか

 世界最初の切手“ペニー・ブラック”…名前は聞いたことがあっても、詳しくは知らないという収集家も多いはず。本書はペニー・ブラックとその背景にある歴史物語を豊富なビジュアル図版でわかりやすく解説。これからペニー・ブラックを手に入れたい人向けに、入手のポイントなどを説明した収集ガイドもついた充実の内容です。

 発売元の特設サイトはこちら。ページのサンプルもご覧いただけます。


 ★★★ 内藤陽介の新刊  『アウシュヴィッツの手紙』 のご案内 ★★★ 

       アウシュヴィッツの手紙・表紙 2000円+税

 【出版元より】
 アウシュヴィッツ強制収容所の実態を、主に収容者の手紙の解析を通して明らかにする郵便学の成果! 手紙以外にも様々なポスタルメディア(郵便資料)から、意外に知られていない収容所の歴史をわかりやすく解説。

 出版元のサイトはこちら。各書店へのリンクもあります。

 インターネット放送「チャンネルくらら」にて、本書の内容をご紹介しております。よろしかったら、こちらをクリックしたご覧ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | ルーマニア:共産時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 切手に見るソウルと韓国:韓国・華厳寺 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  アイルランドのソネット>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/