内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 北朝鮮で36年ぶり党大会
2016-05-06 Fri 10:04
 北朝鮮で、きょう(6日)から、1980年以来36年ぶりに第7次朝鮮労働党大会が開催されます。というわけで、北朝鮮の党大会といえば、やはり、この切手でしょうか。(画像はクリックで拡大されます)

      北朝鮮・第5回党大会

 これは、1970年の第5次党大会に対して北朝鮮が発行した記念の小型シートです。

 北朝鮮の政権党である朝鮮労働党の党規約によれば、党大会は最高政策決定機関であり、党中央委員会により、5年に1回招集されることになっています。ただし、ともかくも規約どおりに開催されたといえるのは、第3次大会(1956年)から5年5ヵ月後に開催された第4次大会(1961年)のみで、過去、厳密に規約どおりに開催されたことはありません。

 今回ご紹介の切手の題材となっている第5次大会は、1970年11月2日から13日にかけて開催されました。

 本大会は、いわゆるパルチザングループと金日成の親族が秘書・政治委員に多数選出され、金日成独裁体制確立の総仕上げとなりました。また、この結果、金正日が後継者として確定するための基盤が整備された大会でもあります。

 イデオロギーの面では、金日成独裁体制の確立を背景に、主体思想が「党の唯一思想体系」とされ、そこから逸脱するいかなる主義・主張も排除されました。また、「社会のすべての構成員を労働者階級化し、階級のない社会を作ること」とする「社会主義の完全勝利」が究極の目標とされ、その実現のために、技術・文化・思想の三大革命路線が戦略として訴えられています。

 また、本大会では1961年以来の7ヵ年(実質10ヵ年)計画が総括され、この「計画の偉大な勝利」によって、北朝鮮が「工業・農業国」から「社会主義工業国」に変わったとされ、持続的な重工業の育成を主目標とする人民経済発展6ヵ年計画が採択されました。

 今回ご紹介の切手は、本大会の初日にあわせて発行されたものですが。その筆頭(左上)には、金日成を奉じる人々が描かれており、本大会の最優先課題が金日成独裁体制の完成を内外に示すことにあったことがうかがえます。また、左側上から2枚目の切手の下に「主体思想の完全勝利」の切手が配置されていることも、本大会の性質をよく表しています。

 なお、最下段右側には世界各国の人民が団結して「アメリカ帝国主義」を打倒することを表現した切手が配されていますが、北朝鮮当局はこの切手の存在を公式には認めておらず、北朝鮮で発行されている切手カタログではこの切手を除外した9種の切手からなる小型シートの写真が掲載されています。その理由は定かではありませんが、一説によると、打倒されている米兵のU.S.の文字がS.U.と逆になっており、“ソヴィエト・ユニオン(ソ連)”と誤解される懸念があったためともいわれています。


 ★★★ 講座のご案内 ★★★

 ・よみうりカルチャー荻窪 「宗教と国際政治」
 4月から毎月第1火曜の15:30より、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で講座「宗教と国際政治」がスタートします。ぜひ、遊びに来てください。詳細は、こちらをご覧いただけると幸いです。
 

 ★★★ 内藤陽介の新刊  『ペニー・ブラック物語』 のご案内 ★★★ 

       ペニーブラック表紙 2350円+税

 【出版元より】
 若く美しい女王の横顔に恋しよう!
 世界最初の切手
 欲しくないですか/知りたくないですか

 世界最初の切手“ペニー・ブラック”…名前は聞いたことがあっても、詳しくは知らないという収集家も多いはず。本書はペニー・ブラックとその背景にある歴史物語を豊富なビジュアル図版でわかりやすく解説。これからペニー・ブラックを手に入れたい人向けに、入手のポイントなどを説明した収集ガイドもついた充実の内容です。

 発売元の特設サイトはこちら。ページのサンプルもご覧いただけます。


 ★★★ 内藤陽介の新刊  『アウシュヴィッツの手紙』 のご案内 ★★★ 

       アウシュヴィッツの手紙・表紙 2000円+税

 【出版元より】
 アウシュヴィッツ強制収容所の実態を、主に収容者の手紙の解析を通して明らかにする郵便学の成果! 手紙以外にも様々なポスタルメディア(郵便資料)から、意外に知られていない収容所の歴史をわかりやすく解説。

 出版元のサイトはこちら。各書店へのリンクもあります。

 インターネット放送「チャンネルくらら」にて、本書の内容をご紹介しております。よろしかったら、こちらをクリックしたご覧ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | 北朝鮮:金日成時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< アジア国際切手展<CHINA 2016>のご案内 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  こどもの日>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/