内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 イスタンブルの空港で爆弾テロ
2016-06-30 Thu 10:58
 トルコ・イスタンブルのアタテュルク国際空港で、現地時間28日夜(日本時間29日未明)、爆弾テロが発生し、42人が死亡、239人が負傷する大惨事となりました。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      トルコ・空港(1954)

 これは、1954年にトルコで発行された航空切手で、イスタンブルのイェシルキョイ国際空港(現アタテュルク国際空港)の風景が描かれています。

 イェシルキョイはイスタンブル市街中心部から西へ約24km地点のヨーロッパ側にあり、オスマン帝国時代にはサン・ステファノ(アヤ・ステファノス)と呼ばれていました。1878年には露土戦争の講和条約として、サン・ステファノ条約が結ばれた土地でもあります。

 サン・ステファノにイスタンブル地域最初の飛行場が作られたのは1912年のことで、ここを拠点に、1914年6月25日、サン・ステファノ海軍飛行学校 を設立されます。第一次大戦を経て1923年にトルコ共和国が発足すると、1924年、軍民共用の飛行場から民間専用の空港(飛行場のうち、旅客や貨物の運送を行う航空機が離着陸する施設)となりました。

 1926年、サン・ステファノは、トルコ語で“緑の村”を意味するイェシルキョイと改称されると、空港名もイェシルキョイ空港に改称されます。さらに、第二次大戦後の1949年から1953年にかけて大幅な拡張工事が行われ、1953年、イェシルキョイ国際空港として開港しました。今回ご紹介の切手は、その翌年の1954年、イェシルキョイ国際空港のお披露目を兼ねて発行されたもので、飛行機の背後に描かれている建物には、しっかりと“イェシルキョイ(YESILKOY)”の文字が掲げられているのが確認できます。

 現在の“アタテュルク国際空港”と改称されたのは1980年代のことで、現在、同空港はトルコ最大の国際空港として、3000m滑走路2本、2300m滑走路1本の計3本の滑走路を有し、年間、5000万人以上が利用しています。

 さて、今回のテロ事件の後、アタテュルク国際空港では、血痕を洗い落とす作業が続き、乗客が行き交う通路にはガラスの破片が飛び散り、構内には煙の臭気が立ち込めるなかで、約5時間足らずで営業を再開したそうです。これは、昨年(2015年)10月のアンカラ中央駅での爆弾テロ今年(2016年)1月のアンカラ中心部での爆弾テロと、テロ事件が相次ぐ中で、テロには屈しないとの姿勢を身を以て示したということなのでしょう。

 亡くなられた方のご冥福をお祈りし、負傷された方々には心よりお見舞い申し上げるとともに、そうしたトルコ国民の姿勢には敬意を表したいと思います。


 ★★★ 講座のご案内 ★★★

 下記の通り、各地のよみうりカルチャーで公開講座を行います。ぜひ、ご参加ください。

・イスラムを知る―ISはなぜテロに走るのか
 よみうりカルチャー横浜 7/2(土) 13:00~14:30

・切手でたどる東京五輪とその時代
 よみうりカルチャー荻窪 7/9(土) 13:00~14:30

 詳細につきましては、それぞれの会場・時間をクリックしてご覧いただけると幸いです。


 ★★★ 内藤陽介の新刊  『ペニー・ブラック物語』 のご案内 ★★★ 

       ペニーブラック表紙 2350円+税

 【出版元より】
 若く美しい女王の横顔に恋しよう!
 世界最初の切手
 欲しくないですか/知りたくないですか

 世界最初の切手“ペニー・ブラック”…名前は聞いたことがあっても、詳しくは知らないという収集家も多いはず。本書はペニー・ブラックとその背景にある歴史物語を豊富なビジュアル図版でわかりやすく解説。これからペニー・ブラックを手に入れたい人向けに、入手のポイントなどを説明した収集ガイドもついた充実の内容です。

 発売元の特設サイトはこちら。ページのサンプルもご覧いただけます。


 ★★★ 内藤陽介の新刊  『アウシュヴィッツの手紙』 のご案内 ★★★ 

       アウシュヴィッツの手紙・表紙 2000円+税

 【出版元より】
 アウシュヴィッツ強制収容所の実態を、主に収容者の手紙の解析を通して明らかにする郵便学の成果! 手紙以外にも様々なポスタルメディア(郵便資料)から、意外に知られていない収容所の歴史をわかりやすく解説。

 出版元のサイトはこちら。各書店へのリンクもあります。

 インターネット放送「チャンネルくらら」にて、本書の内容をご紹介しております。よろしかったら、こちらをクリックしたご覧ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | トルコ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 20回目の“返還”記念日 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  泰国郵便学(43) >>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/