内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 20回目の“返還”記念日
2016-07-01 Fri 12:02
 きょうは、1997年7月1日に香港の主権が英国から中華人民共和国へ返還・再譲渡されたことにちなむ香港“返還”記念日です。というわけで、最近の香港ネタの中から、きょうはこんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      英印字香港エラー

 これは、英国が発行した印字切手(Post & Go Stamp)のうち、昨年11月に香港で開催されたアジア国際切手展<HONG KONG 2015>に合わせて、香港の風景を取り上げたヴァージョンのシートです。

 香港展にあわせて発行された印字切手のシートは、本来、上から順に、

 1st Class up to 100g
 1st Large up to 100g
 Euro 20g/World 10g
 Europe up to 100g
 Worldwide up to 20g
 Worldwide up to 100g stamps

 という額面が印字されるはずですが、今回ご紹介のものは、上から順に

 Local Standard
 UK Letter up to 20g
 UK Letter up to 30
 EU Letter up to 20g
 Worldwide up to 20g
 Registered Fee

 となっています。この順番は、英領ジブラルタル郵政の印字切手シートと同じものですので、データの入力ミスによりエラーが発生したものと考えられています。ついでですので、正規の順番でならんだ印字切手のシートの画像を下に貼っておきましょう。

      英印字香港

 さて、1984年に調印された香港返還に関する英中連合声明(共同宣言)では、1997年7月1日の“返還”後も、“中国香港”は中華人民共和国の特別行政区として、50年間(2047年6月30日まで)、英領時代の社会・経済制度が維持される(一国二制度)ことになっています。しかし、50年の約束の半分にも到達していない2014年の時点で、中国当局は英下院外交委員会議員団による宣言の履行状況の現地調査を“内政干渉”として議員団の香港入りを拒否しているほか、同年12月には、駐英中国大使館が、連合声明について「現在は無効だ」との見解を英国側に伝えるなど、一国二制度が骨抜きにされているが実情です。

 このため、香港では20代の若者を中心とした民主派政党のうち、少なくとも3つのグループが、“返還記念日”のきょう(1日)、香港社会の現状を“一国二制度の暗黒”ととらえ、黒い服・マスクを着用して“香港独立”を訴える1000人規模のデモを行う予定だそうです。まぁ、現実の問題として“香港独立”はほぼ不可能でしょうが、少なくとも、中国共産党によるファシズムの拡大を防ぎ、香港ではあと30年以上残されているはずの一国二制度を維持するためにも、彼らには頑張って貰わねばなりますまい。


 ★★★ 講座のご案内 ★★★

 下記の通り、各地のよみうりカルチャーで公開講座を行います。ぜひ、ご参加ください。

・イスラムを知る―ISはなぜテロに走るのか
 よみうりカルチャー横浜 7/2(土) 13:00~14:30

・切手でたどる東京五輪とその時代
 よみうりカルチャー荻窪 7/9(土) 13:00~14:30

 詳細につきましては、それぞれの会場・時間をクリックしてご覧いただけると幸いです。


 ★★★ 内藤陽介の新刊  『ペニー・ブラック物語』 のご案内 ★★★ 

       ペニーブラック表紙 2350円+税

 【出版元より】
 若く美しい女王の横顔に恋しよう!
 世界最初の切手
 欲しくないですか/知りたくないですか

 世界最初の切手“ペニー・ブラック”…名前は聞いたことがあっても、詳しくは知らないという収集家も多いはず。本書はペニー・ブラックとその背景にある歴史物語を豊富なビジュアル図版でわかりやすく解説。これからペニー・ブラックを手に入れたい人向けに、入手のポイントなどを説明した収集ガイドもついた充実の内容です。

 発売元の特設サイトはこちら。ページのサンプルもご覧いただけます。


 ★★★ 内藤陽介の新刊  『アウシュヴィッツの手紙』 のご案内 ★★★ 

       アウシュヴィッツの手紙・表紙 2000円+税

 【出版元より】
 アウシュヴィッツ強制収容所の実態を、主に収容者の手紙の解析を通して明らかにする郵便学の成果! 手紙以外にも様々なポスタルメディア(郵便資料)から、意外に知られていない収容所の歴史をわかりやすく解説。

 出版元のサイトはこちら。各書店へのリンクもあります。

 インターネット放送「チャンネルくらら」にて、本書の内容をご紹介しております。よろしかったら、こちらをクリックしたご覧ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | 英国:QEII 以降 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< ダッカで人質事件 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  イスタンブルの空港で爆弾テロ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/