内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 世界漫郵記:リオデジャネイロ⑤
2016-07-03 Sun 10:28
  『キュリオマガジン』2016年7月号が発行されました。僕の連載「郵便学者の世界漫郵記」は前回に続き、リオデジャネイロ(以下、リオ)篇の第4回目。今回は旧中央郵便局の局舎とブラジル初期の郵便にフォーカスをあてました。その記事の中から、この1点をご紹介します。(以下、画像はクリックで拡大されます) 

      ブラジル・スタンプレス(1821)

 これは、ポルトガル植民地時代の1821年、リオからバルバセーナ宛の郵便物です。

 ブラジルで郵便事業が始まったのは、ポルトガル植民地時代の1663年1月25日のことですが、18世紀以前のポルトガルとその植民地では、郵便事業は国王のために公文書を運ぶのが主な仕事で、官営事業ではなく、ダ・マタ家が独占的に取り扱っていました。

 当時のブラジルは識字率が非常に低く、郵便の利用も少なかったうえ、そもそも、1733年まではサンパウロ=リオ間には満足な道路さえありませんでした。1773年になって、ようやく、サンパウロ=リオ間の郵便が月1回のペースで始まったものの、実際には、郵便の利用者はほとんどいないのが実情でした。

 とはいえ、18世紀末になると、経済の拡大もあって徐々に郵便の利用者も増えたため、1797年、ポルトガル王室は郵便事業をダ・マタ家から買収して国営化します。これに伴い、翌1798年4月24日、リオに郵便総局が設置され、リスボンからバイア経由でリオにいたる郵便ルートが開設されました。なお、ポルトガル=ブラジル間の海上料金は4オイタバス(1オイタバスは1/8オンス=約14グラム)まで80ヘアイス、そこからポルトガル本国内は40ヘアイスが基本料金でした。

 1808年、ナポレオン戦争の余波でポルトガル王室がリオに逃れてくると、以後、リオは1821年に国王ジョアン6世がリスボンに帰還するまで、王国の首都として急速に発展し、郵便物の取扱量も増大しました。

 今回ご紹介の郵便物は、そうしたポルトガル植民地時代の郵便物の一例で、1821年8月31日、リオから高原の都市、バルバセーナ宛に差し出されたものです。

 バルバセーナは、現在でこそ、酪農と生花栽培を主とする地味な小都市ですが、鉄道の路線が発達するまでは、ミナス・ジェライス州の鉱山地帯とリオをはじめとする海岸地帯を結ぶ交通の要衝として繁栄していました。

 ブラジル最初の切手“牛の目”が発行される以前の郵便物なので、当然のことながら、切手は貼られておらず、封筒の右上に受取人から徴収すべき料金“80(ヘアイス)”の数字を書込み、リオ発信であることを示す“RODEJAИRO”の地名印が押されています。この時代のリオの地名印にはいろいろなタイプがあるのだが、この郵便物に押されているのは、“N”の字が鏡字の“И”になっているのがちょっと面白いところです。

 さて、現在、8月の五輪開催にあわせて、『リオデジャネイロ歴史紀行(仮題)』と題する拙著を刊行すべく、制作作業を進めています。定価、刊行日などの詳細が決まりましたら、随時、このブログでもご案内いたしますので、よろしくお願いします。 


 ★★★ 講座のご案内 ★★★

 下記の通り、各地のよみうりカルチャーで公開講座を行います。ぜひ、ご参加ください。

 ・切手でたどる東京五輪とその時代
 よみうりカルチャー荻窪 7/9(土) 13:00~14:30

 詳細につきましては、それぞれの会場・時間をクリックしてご覧いただけると幸いです。


 ★★★ 内藤陽介の新刊  『ペニー・ブラック物語』 のご案内 ★★★ 

       ペニーブラック表紙 2350円+税

 【出版元より】
 若く美しい女王の横顔に恋しよう!
 世界最初の切手
 欲しくないですか/知りたくないですか

 世界最初の切手“ペニー・ブラック”…名前は聞いたことがあっても、詳しくは知らないという収集家も多いはず。本書はペニー・ブラックとその背景にある歴史物語を豊富なビジュアル図版でわかりやすく解説。これからペニー・ブラックを手に入れたい人向けに、入手のポイントなどを説明した収集ガイドもついた充実の内容です。

 発売元の特設サイトはこちら。ページのサンプルもご覧いただけます。


 ★★★ 内藤陽介の新刊  『アウシュヴィッツの手紙』 のご案内 ★★★ 

       アウシュヴィッツの手紙・表紙 2000円+税

 【出版元より】
 アウシュヴィッツ強制収容所の実態を、主に収容者の手紙の解析を通して明らかにする郵便学の成果! 手紙以外にも様々なポスタルメディア(郵便資料)から、意外に知られていない収容所の歴史をわかりやすく解説。

 出版元のサイトはこちら。各書店へのリンクもあります。

 インターネット放送「チャンネルくらら」にて、本書の内容をご紹介しております。よろしかったら、こちらをクリックしたご覧ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | ブラジル:ポルトガル領時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< エリ・ウィーゼル、亡くなる | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  ダッカで人質事件>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/