内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 預言者のモスク
2016-07-05 Tue 11:07
 サウジアラビア西部のイスラムの聖地メディナの預言者のモスク付近で、現地時間の4日夕(日本時間5日未明)、自爆テロが発生し、治安当局者4人が死亡、5人が負傷しました。サウジでは同日、東部カティフで自爆テロがあり、西部ジッダ(ジェッダ)の米総領事館近くでも自爆テロで2人が負傷するなど、近年では異例の連続テロとなっています。亡くなられた方々のご冥福と負傷者の方の一日も早い回復をお祈りしております。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      サウジ・預言者のモスク(1971)

 これは、1971年にサウジアラビアで発行された“預言者のモスク”を取り上げた普通切手です。

 622年、メッカからメディナへのヒジュラ(聖遷)を行ったイスラムの預言者ムハンマドと信徒たちは、メディナ到着後、まずモスクを建設し、ムハンマド本人はそこを住まいとしました。

 当初の建物は、約35×30メートルの長方形で、モスクの東側にはムハンマドの妻たちのための居室(当初は2室でしたが、最終帝に妻の数が増えたことから9室になりました)がありました。ちなみに、ムハンマドは632年に亡くなりますが、彼の遺体は、死後、このモスクにあった妻アーイシャの居室に埋葬されています。“預言者のモスク”と呼ばれるのはこのためですが、さらに、ムハンマドの遺体の傍らには、アブー・バクルとウマルの2人の遺体も埋葬されています。

 ムハンマドの存命中から、 信徒の増加に伴い、預言者のモスクは増改築されていましたが、ウマイヤ朝のワリード1世の時代にムハンマドの墓所を覆うように建物が作られ、4本の尖塔が付けられました。さらに、マムルーク朝時代の1279年にはムハンマドの墓所の上の屋根にドームが付けられています。このドームは、当初は青色でしたが、1837年に緑色に塗りかえられています。今回ご紹介の切手でも、モスクの建物部分が緑色で印刷されているのは、こうした事情を踏まえたものでしょう。

 切手が発行された後の1985年から1994年にかけて、サウジ政府はモスクの大々的な拡張工事を行い、現在のモスクの総面積は9万8326平米、屋上を含めての収容人員は26万8000人で周囲に新旧あわせて10本の尖塔を有する巨大な規模となりました。ちなみに、モスク周囲の礼拝用の広場は面積13万5000平米で、43万人が礼拝可能です。

 預言者のモスクでの礼拝は一般モスクでの礼拝の1000倍の価値があるとされていることもあって、事件発生時は1000人を超す信者が夕刻の祈りをささげていたそうです。一歩間違えたら大惨事になっていた可能性もあるわけで、犠牲者がごくわずかで済んだのは不幸中の幸いだったと言えるかもしれません。

 今回のテロ事件は、聖地メディナの最も重要な場所のすぐ近くで発生したわけで、メッカ・メディナの2大聖地の守護者を称するサウジ政府にとっては面目丸つぶれの事態です。なお、ことしは5日がラマダン明けですが、ともかくも、これ以上、大きなテロが起きずに済んでほしいものです。

 今回の自爆犯はおそらく(自称)ムスリムなのでしょうが、理由はどうあれ、聖地でのテロは一般の信徒からすれば絶対に許容はできるものではありません。犯人とその背後にいる連中は、殉教作戦の名の下に自爆テロを行っているわけですが、彼らではなく、今回の事件で殉職された治安当局の方々こそが、モスクを守って命を落とした殉教者なのだということは強調しておかねばなりますまい。

 
 ★★★ 講座のご案内 ★★★

 下記の通り、各地のよみうりカルチャーで公開講座を行います。ぜひ、ご参加ください。

 ・切手でたどる東京五輪とその時代
 よみうりカルチャー荻窪 7/9(土) 13:00~14:30

 詳細につきましては、それぞれの会場・時間をクリックしてご覧いただけると幸いです。


 ★★★ 全日本切手展のご案内 ★★★

 7月22-24日(金ー日) 東京・錦糸町のすみだ産業会館で全日本切手展(全日展)ならびにオリンピックとブラジル切手展が開催されます。詳細は、主催団体の一つである日本郵趣連合のサイト(左側の“公式ブログ”をクリックしてください)のほか、フェイスブックのイベントページにて、随時、情報をアップしていきますので、よろしくお願いいたします。

       全日展2016チラシ

 *画像は全日展実行委員会が制作したチラシです。クリックで拡大してご覧ください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『ペニー・ブラック物語』  好評発売中! ★★★ 

       ペニーブラック表紙 2350円+税

 【出版元より】
 若く美しい女王の横顔に恋しよう!
 世界最初の切手
 欲しくないですか/知りたくないですか

 世界最初の切手“ペニー・ブラック”…名前は聞いたことがあっても、詳しくは知らないという収集家も多いはず。本書はペニー・ブラックとその背景にある歴史物語を豊富なビジュアル図版でわかりやすく解説。これからペニー・ブラックを手に入れたい人向けに、入手のポイントなどを説明した収集ガイドもついた充実の内容です。

 発売元の特設サイトはこちら。ページのサンプルもご覧いただけます。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | サウジアラビア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 世界の国々:グレナダ | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  エリ・ウィーゼル、亡くなる>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/