内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 きょうからオリンピックとブラジル切手展(+全日展)
2016-07-22 Fri 01:52
 かねてご案内の通り、きょう(22日)から、東京・錦糸町のすみだ産業会館8階で、オリンピックとブラジル切手展(全日本切手展2016=全日展と併催)がスタートします。また、本日11:05~11:54にNHK総合テレビで放送の「ひるまえほっと」(首都圏域放送)では、11:36頃からの“1minほっと”のコーナーで、同展のことが紹介される予定です。というわけで、きょうは、オリンピック関連の展示の目玉のひとつとして、この切手をご紹介します。(画像はクリックで拡大されます)

      ギリシャ・アテネ五輪初日印

 これは、1896年にアテネで開かれた第1回近代五輪の開催に際してギリシャが発行した記念切手12種のうち、プラクシテレスの“幼いディオニューソスを抱くヘルメス”を描く2ドラクマ切手の初日使用です。切手は、大会の開催資金を捻出するために発行され、その収益はじっさいに会場建設費の一部に充てられています。ただし、売上げは期待されたほどではなく、高額切手の多くは半数以上が売れ残ったため、そのうちの5種は後に改値加刷を施して再発行されました。

 1896年アテネ五輪の記念切手は、いずれも、フランス政府印刷局によって印刷され、12種のデザインの内訳は、レスリング(1および2レプタ)、ミュロンの“円盤投げ”(5および10レプタ)、アテナイの女神を描く花瓶(20および40レプタ)、戦車競技(25および60レプタ)、アクロポリスの丘と競技場(1ドラクマ)、プラクシテレスの“幼いディオニューソスを抱くヘルメス”(2ドラクマ)、パエオニウスの“勝利の女神”(5ドラクマ)、アクロポリスとパルテノン神殿(10ドラクマ)となっています。

 プラクシテレスは紀元前4世紀の最も有名なアッティカの彫刻家で、初めて等身大の女性のヌード像を作った彫刻家として知られています。切手に取り上げられた“幼いディオニューソスを抱くヘルメス”は、1877年にオリンピアで発見されました。彫刻は、ヘルメスがニュンペーたちのところにディオニューソスを運んでいる場面を表現したもので、神話の内容から、失われた右手は、子供(ディオニューソス)に与えるための一房のブドウを掲げていたものと推測されています。

 さて、今回展示されている市村正生貴コレクションは、1896年のアテネ五輪の切手では、きわめて完成度の高いコレクションとして知られています。展示には、今回ご紹介の初日印の押された切手のみならず、プルーフなどの試作品や貴重な使用例が多数含まれています。また、郵政博物館所蔵の東京オリンピック関連の切手原画もガラスケースで展示されています。ぜひ、この機会を逃さず、会場にてご覧いただけると幸いです。


 ★★★ 全日本切手展(+内藤陽介のトーク)のご案内 ★★★

 7月22-24日(金ー日) 東京・錦糸町のすみだ産業会館で全日本切手展(全日展)ならびにオリンピックとブラジル切手展が開催されます。詳細は、主催団体の一つである日本郵趣連合のサイト(左側の“公式ブログ”をクリックしてください)のほか、フェイスブックのイベントページにて、随時、情報をアップしていきますので、よろしくお願いいたします。
      
      全日展2016チラシ

 *画像は全日展実行委員会が制作したチラシです。クリックで拡大してご覧ください。

 会期中の7月23日15:00から、すみだ産業会館9階会議室にて「リオデジャネイロ歴史紀行」と題するトークイベントを行います。ぜひ、ご参加ください。


 ★★ 内藤陽介の最新刊  『リオデジャネイロ歴史紀行』  8月9日発売! ★★ 

       リオデジャネイロ歴史紀行(書影) 2700円+税

 【出版元より】
 オリンピック開催地の意外な深さをじっくり紹介
 リオデジャネイロの複雑な歴史や街並みを、切手や葉書、写真等でわかりやすく解説。
 美しい景色とウンチク満載の異色の歴史紀行!

 発売元の特設サイトはこちらです。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | ギリシャ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 本日、トークやります。 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  あすから全日展(+オリンピックとブラジル切手展)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/