内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 開催御礼
2016-07-25 Mon 08:46
      ドイツ・リジー(ありがとう)

  おかげ様で、<全日本切手展2016>(以下、全日展)および併催の<オリンピックとブラジル切手展>は昨日(24日)16:00、盛況のうちに無事終了いたしました。

  今回の展覧会は、設楽光弘さんの旧小判切手、市村正生貴さんの第1回アテネ五輪、正田幸弘さんのブラジル郵便史という、この分野での最高水準のコレクションをお招きして特別展示できたほか、競争出品でもチャンピオン・クラスの3作品をはじめ、近年まれに見るハイレベルな内容で、ご参観者の皆様にもご満足いただけたのではないかと思います。

 これもひとえに、ご後援を賜りました駐日ブラジル連邦共和国大使館、一般財団法人・切手文化博物館、日本郵便切手商協同組合、特定非営利活動法人・日本郵便文化振興機構、ご協力を賜りました公益財団法人・日本郵趣協会、御協賛スポンサーの無料世界切手カタログ・スタンペディア株式会社、えにし書房株式会社、月刊キュリオマガジン、貴重なコレクションを展示したいただきましたご出品者の皆様、ブースをご出店いただきましたディーラーの方々、そして、寄附金を拠出していただきました皆様ほか、大勢の方々のご支援・ご協力のおかげです。

 実行委員長として、この場を借りて厚くお礼申し上げます。 (下の画像は、オープニング・セレモニー終了後、ブラジル連邦共和国臨時代理大使・サルキス・J・B・サルキス閣下と展覧会の看板前で撮影したものです。)

      ブラジル大使との2ショット

 なお、来年(2017年)の全日本切手展は、海の日を含む7月15-17日の3連休に、今年と同じく、東京・錦糸町のすみだ産業会館で開催の予定で、すでに準備を始めております。開催資金の調達をはじめ、クリアしなければならない課題は山積しており、今後とも、皆様方にはいろいろとご支援・ご協力をお願いすることになるかと思われますが、なにとぞよろしくお願いいたします。

 * 冒頭の画像は、2008年、ドイツが発行したグリーティング切手のうち“ありがとう”の1枚です。皆様への感謝の気持ちを込めて、取り上げてみました。原画を制作したジェームズ・リジー(1950-2011)は、1950年、ニューヨーク生まれ。子供が描いたようなスタイル、カラフルな色使いとひょうきんなイメージが特徴の“アーバン・プリミティヴ”の作品で、日本でもさまざまな企業広告のグラフィックデザインで知られています。


 ★★ 内藤陽介の最新刊  『リオデジャネイロ歴史紀行』  8月9日発売! ★★ 

       リオデジャネイロ歴史紀行(書影) 2700円+税

 【出版元より】
 オリンピック開催地の意外な深さをじっくり紹介
 リオデジャネイロの複雑な歴史や街並みを、切手や葉書、写真等でわかりやすく解説。
 美しい景色とウンチク満載の異色の歴史紀行!

 発売元の特設サイトはこちらです。


 ★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | ドイツ:統一以後 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< スエズ運河国有化60年 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  全日展、本日最終日です!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/