内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 世界の国々:ベリーズ
2016-07-27 Wed 09:44
 アシェット・コレクションズ・ジャパンの週刊『世界の切手コレクション』2016年7月27日号が先週発行されました。僕が担当したメイン特集「世界の国々」のコーナーは、今回はベリーズの特集です。その記事の中から、この1点をご紹介します。(画像はクリックで拡大されます)

      セントジョージ島の戦い136年記念カバー

 これは、英領ホンジュラス時代の1929年7月19日、ベリーズ・シティから差し出された“セント・ジョージ島の戦い勝利136周年”の記念カバーです。

 現在のベリーズの国名は、1973年、英領ホンジュラスから変更されたものですが、もともと、ベリーズは英領ホンジュラスの首府の地名で、その由来はマヤ語で“泥水”を意味する言葉にあるとされています。

 さて、現在のベリーズ国家に相当する領域はマヤ文明が栄えた地域のなかでも最も古い地域で、紀元前1000年頃にはオルメカ人によってラマナイの都市建設が行われました。ラマナイには紀元前100年頃から巨大なスタッコ人頭のある神殿が建造され、マヤ文明の中心地のひとつとなっています。なお、マヤ文明は9世紀以降、徐々に衰退していきますが、ラマナイはカカオ豆の生産地であったこともあり、人口の減少が起こらず繁栄を続けました。

 1505年、コロンブス艦隊はホンジュラスの海岸まで到達しましたが、このときは現在のベリーズには至っていません。

 その後、スペイン人との争いの中でベリーズのマヤ人も衰退し、スペイン領ヌエヴァ・エスパーニャ(メキシコ)副王領への編入を経て、1531年、ベリーズはスペインのグアテマラ総督府の管轄下に置かれます。ただし、ペテン低地の密林地帯の彼方にある辺境の地であったため、グアテマラ総督の支配はベリーズには十分に及びませんでした。

 1638年、英国の武装船団がベリーズに到達。スペインを無視して、沖合のセント・ジョージ島に勝手に入植を開始します。彼らの目的は、マホガニーやアカミノキなどマメ科の樹木資源でした。

 以後、同島の支配をめぐり、英国とスペインの係争が続き、スペインは一時的に英国人を追放することもありましたが、1660年以降、英国人は本格的に樹木を伐採して英本国に輸出するようになり、ベリーズ定住の実績を積み重ねます。その結果、1763年のパリ条約、1783年のヴェルサイユ条約を通じて、イギリスはスペインにセント・ジョージ島を自由に使用させることを認めさせました。

 さらに、1784年、セント・ジョージ島の人口増大などを理由として、英国人は対岸のベリーズ・シティに移転。1798年には、セント・ジョージ島の戦いでスペイン軍を破ってこの地を確保します。これが、現在のベリーズ国家の枠組のルーツとなりました。今回ご紹介のカバーは、このエピソードにちなんで制作されたものです。

  さて、『世界の切手コレクション』7月27日号の「世界の国々」では、ベリーズの歴史をまとめた長文コラムのほか、マヤ文明の遺跡、特産品のマホガニー、サンゴ礁のグレート・ブルー・ホール、ジャガーの切手などもご紹介しております。機会がありましたら、ぜひ、書店などで実物を手に取ってご覧いただけると幸いです。

 なお、「世界の国々」の僕の担当回ですが、次回は、本日発売の8月3号でのフランス植民地帝国の特集になります。こちらについては、発行日以降、このブログでもご紹介する予定です。
 
 
 ★★ 内藤陽介の最新刊  『リオデジャネイロ歴史紀行』  8月9日発売! ★★ 

       リオデジャネイロ歴史紀行(書影) 2700円+税

 【出版元より】
 オリンピック開催地の意外な深さをじっくり紹介
 リオデジャネイロの複雑な歴史や街並みを、切手や葉書、写真等でわかりやすく解説。
 美しい景色とウンチク満載の異色の歴史紀行!

 発売元の特設サイトはこちらです。


 ★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | 英領ホンジュラス/ベリーズ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 終戦と軍国切手 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  スエズ運河国有化60年>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/